日本 > 九州地方 > 福岡県 > 福岡市 > 東区 > 志賀島
志賀島
Shikanoshima Island, enkei.jpg
島南西側からの全景。博多湾上のフェリーから撮影。
所在地 日本の旗 日本福岡県福岡市
所在海域 博多湾玄界灘
座標 北緯33度40分30秒
東経130度18分0秒
面積 5.78 km²
海岸線長 11 km
最高標高 168.9 m
志賀島の位置(福岡県内)
志賀島
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
志賀島の位置(赤色が東区)
海ノ中道上空からの志賀島(右)。他に能古島(左)と玄界島(右奥)も見える。

志賀島(しかのしま)は、福岡県福岡市東区に所属するである。博多湾の北部に位置し、海の中道と陸続きである。

古代日本(九州)の大陸・半島への海上交易の出発点として、歴史的に重要な位置を占めていた。また島内にある志賀海神社綿津見三神を祀り、全国の綿津見神社の総本宮であり、4月と11月の例祭において「君が代」の神楽が奉納される全国的にも珍しい神社である。

地理

砂州により本土と陸続きになった陸繋島。全国的にも非常に珍しい。規模は小さいが半島の定義を満たしている。

島の南部と西部は博多湾に接し、北部と東部は玄界灘に接する。北部から東部にかけての沿岸は岩場がある。北西部の60mほど沖合いには沖津島という小島があり陸繋島となっている。

島には3つの集落がある。海の中道から志賀島に入る道のある南東部にあるのが志賀(しか)、西部にあるのが(ひろ)、北部にあるのが勝馬(かつま)である。また、志賀と弘にはそれぞれ志賀島漁港(第2種)弘漁港(第1種)という漁港がある。勝馬に漁港はないが、田畑が広く、農業が営まれている。温暖な気候を活かした果樹やイチゴの栽培が多い[1]。住所表記は南部と東部が志賀島、北部と中央部が勝馬。西部が弘。

歴史