画像提供依頼:大屋根設置後のSL広場側から見た新橋駅(日比谷口)の画像提供をお願いします。2018年11月
新橋駅
JR新橋駅東口駅舎(2008年2月9日)
JR新橋駅東口駅舎(2008年2月9日)
しんばし
Shimbashi
所在地 東京都港区
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細
東京都交通局駅詳細
ゆりかもめ駅詳細
テンプレートを表示
日比谷口(2007年4月30日)

新橋駅(しんばしえき)は、東京都港区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局都営地下鉄)・ゆりかもめである。

所在地は、ゆりかもめの駅が東新橋一丁目、その他の駅が新橋二丁目となっている。

乗り入れ路線

当駅には以下の4社・局の路線が乗り入れている。

JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線1路線のみである(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」参照)が、運転系統としては以下の4系統が停車し、それぞれ専用の線路が割り当てられている。旅客案内でも以下の系統名で案内されている。

また、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属する。

歴史

JR東日本

1872年10月14日明治5年9月12日)、当駅 - 横浜駅(現・桜木町駅)間に日本初の鉄道が正式開業する際に起点駅として開設された(日本の鉄道開業を参照)。S字カーブのほぼ中間に位置する。なお、1872年6月12日(明治5年5月7日)に品川駅 - 横浜駅間は仮開業していた[注釈 1]

その後、1889年(明治22年)7月1日には東海道本線神戸駅まで全通し、国土の重要幹線に於ける東京側のターミナル駅として、東京駅の開業まで重要な役目を担うこととなった。1900年(明治33年)に大和田建樹が作詞した「鉄道唱歌」では、「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり 愛宕の山に入りのこる 月を旅路の友として」と歌われた。

現在の駅は2代目で、1914年の東京駅完成により東海道本線の起点が変更され、それまでの烏森駅を新橋駅に改称して現在に至るとともに元の新橋駅は汐留駅に改称され、荷物列車貨物列車の専用駅となった(その後は汐留駅を参照)。烏森駅は1909年に開業した現在の山手線に相当する電車専用駅であった。開業に遅れて竣工した初代の駅本屋は、辰野葛西建築事務所が設計した万世橋駅を参考に鉄道院が設計したルネサンス様式煉瓦造りであった。その後関東大震災で内部を焼失する被害にあったものの、構体そのものの被害は軽微であったことから屋根部分の改修で戦後まで使用されたが、東海道線と横須賀線の分離運転に伴う同線の地下ホームの建設に支障をきたすことから、1970年(昭和45年)に撤去された。

上野東京ライン開業後は東海道本線の乗降客数が増加すると見込まれるため、2013年2月22日に東海道本線のホーム拡幅工事が実施された。上り線を約400メートルに渡って最大0.78メートル西側へ移設してホームの拡幅を実施した[1]

東京メトロ

1934年(昭和9年)6月21日東京地下鉄道の駅が開業した。元々は現在の都営浅草線が走っている品川駅方向に向かって計画されていたが、建設当時には渋谷駅方面を目指して計画が変更されており、それに沿って建設された。

1939年(昭和14年)1月15日には同駅から建設していた東京高速鉄道の駅が開業した。同社は東京地下鉄道の規格に合わせて建設されており、1935年(昭和10年)には直通運転の協定を結んでいたものの東京地下鉄道側の準備が整わなかったことから、同年9月16日に相互乗り入れを開始するまでの8ヶ月間、東京高速鉄道側で独自に建設した駅ホームを使用していた。

なお、この東京高速鉄道の新橋駅ホームは同社と東京地下鉄道の不仲により、東京高速鉄道側がやむを得ず急遽建設したホームとして言及される事例があるが[2]、実際には1936年(昭和11年)5月に地下鉄道・高速鉄道双方が合意して結んだ施工協定に基づき、東京高速鉄道側が自社線の列車の一部を折り返させるホームとして、予め計画して工事を行っていたものである[3]

その後、両社は1941年(昭和16年)9月、陸上交通事業調整法に基づく戦時下の交通事業統制によって帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に統合されるが、運行体制を引き継いで現在に至る。当時の東京高速鉄道のホームは撤去されずに留置線として利用されている(駅構造」参照)。このホームは現行の銀座線電車の床面より15センチ程高くなっている。なお、東京メトロによると、東京高速鉄道時代の新橋駅の設計図などは現存していないため、東京高速鉄道新橋駅の正確な駅構造は不明とされている。そのため、駅の構造や車両の大きさなど基本的な部分は変わっていないにも拘らず、なぜ新橋駅だけ電車の床面よりホームが高くなっているのかは判明していない。

1945年1月27日連合国軍機の空襲を受け銀座駅の水道管が破裂し新橋駅-日本橋駅間のトンネルが浸水したため、新橋駅-渋谷駅間で折り返し運転を行うこととなった。翌1946年1月に全面運行が再開された[要出典]

現在使用されている東京地下鉄道のホームは、日本橋駅の銀座線ホームと同様に島式ホームであったが、利用客の増大により1980年(昭和55年)から混雑緩和のためホームを分離させ、従来のホームを渋谷方面とし、浅草方面に単式ホームを新設してこれに割り当てている。なお、虎ノ門寄りには島式ホーム時代の浅草方面の駅名標が残されている。

2002年(平成14年)には乗り心地の改善と保安度の向上のため、新橋駅浅草方の道床更新・曲線改良をし、それに伴ってホームの拡幅工事が必要となったことから、8月25日の始発から午前8時50分まで銀座 - 溜池山王間を運休させた[4]

営団地下鉄の駅は2004年(平成16年)4月1日の民営化に伴い、東京メトロの駅となって、現在に至る。

東京都交通局

1960年(昭和35年)12月4日押上駅 - 浅草橋駅間が開業した都営浅草線は、1963年(昭和38年)12月12日に当駅まで延伸開業した。当時は1号線を名乗っていたが、1978年(昭和53年)7月1日に現在の路線名に改称した。

なお、1963年(昭和38年)2月28日人形町駅 - 東銀座駅間の開業時より汐留信号所(初代)として先行使用を開始していた。これは、当駅周辺の土地確保が難航したことなどにより、当初の予定が変更されたためである。この信号所は、東銀座駅発着列車の折り返しのために使用されていた。

  • 1963年(昭和38年)12月12日 - 都営地下鉄1号線東銀座駅 - 新橋駅間延伸により開業。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 新橋駅務区傘下の大門駅を大門駅務管理所大門駅務区に、東日本橋駅を馬喰駅務管理所馬喰駅務区に移管。
  • 1995年(平成7年)11月1日の開業当時、当駅は現在の汐留シティセンターと日本テレビタワーの中間に位置した相対式ホーム・2面2線の仮設駅となっており、分岐器もカーブを曲がった先、汐留駅の手前に設置されていた。2001年(平成13年)3月22日に仮設駅より少し西へ移動し、現在の駅が開業した。仮設駅のあった場所には新たな分岐器が設置され、元の分岐器は使用停止となっているが、現在も軌道跡が残っている。

駅構造

JR東日本の改札は日比谷口・銀座口・烏森口・汐留口の4か所である。山手線・京浜東北線・東海道線のホームは高架部に、横須賀線のホームは東口地下にある。また、東京メトロ銀座線のホームは駅北側の地下に、都営地下鉄浅草線のホームは駅東側の地下に、ゆりかもめのホームは東口駅前広場の高架上にある。

JR東日本

JR 新橋駅*
山手線内回りホームから外回りホームを望む (2010年6月)
山手線内回りホームから外回りホームを望む
(2010年6月)
しんばし
Shimbashi
 SMB 
所在地 東京都港区新橋二丁目17
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 シン
駅構造 高架駅地下駅
ホーム 3面6線(高架)
1面2線(地下)
乗車人員
-統計年度-
277,404人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1909年明治42年)12月16日
乗入路線 4 路線
所属路線 東海道線**
東海道本線列車線
常磐線快速〉直通含む)
駅番号 JT 02
キロ程 1.9km(東京起点)
JT 01 東京 (1.9km)
(4.9km) 品川 JT 03
所属路線 横須賀線**
(東海道本線地下別線)
駅番号 JO 18
キロ程 1.9km(東京起点)
JO 19 東京 (1.9km)
(4.9km) 品川 JO 17
所属路線 京浜東北線**
(東海道本線電車線
駅番号 JK 24
キロ程 1.9km(東京起点)
大宮から32.2km
JK 25 有楽町 (1.1km)
(1.2km) 浜松町 JK 23
所属路線 山手線**
(東海道本線電車線)
駅番号 JY 29
キロ程 1.9km(東京起点)
JY 30 有楽町 (1.1km)
(1.2km) 浜松町 JY 28
備考 みどりの窓口
山区 東京山手線内東京都区内
* 1914年に烏森駅から改称。
** いずれも正式な線路名称は東海道本線
テンプレートを表示

高架部に東海道線・山手線・京浜東北線の島式ホーム3面6線と、地下に横須賀線の島式ホーム1面2線を有する。横須賀線のホームは、東京寄りの4両分をシールド工法で、それ以外の11両分を開削工法で建設した。横須賀線ののりば番号は、地上ホーム番線からの通し番号(7・8番線)ではなく、1番線から振り直している。ホームは曲線部に位置しているため、いずれのホームも立ち番の駅員が常駐する。カーブ上にあるため、電車とホームの間が広く開く。

改札内コンコースと各ホームを連絡するエスカレーターが設置されている。ただし、山手線内回り・京浜東北線大宮方面ホームのエスカレーターは日中帯はすべて上り(ホーム方向)運転で、下り(コンコース方向)運転は平日朝の通勤時間帯のみとなっている。また、横須賀線のホームと連絡するエレベーターも設置されているが、通常は荷物運搬用として利用されている。

烏森口改札内コンコースの一部には途中に階段が設置されている。3・4番線ホームの浜松町寄りに、「一声園」と称するミニ庭園が設置されている。

横須賀線ホームへ通じる駅改札内地下通路の、ちょうど東海道新幹線の高架下にあたる部分はJR東海の敷地であり、東海キヨスクが管理・運営するベルマートおよび飲料水自動販売機が設置されている。

2010年9月に駅施設のリニューアルが発表され[広報 1]、同年11月から工事に着手した。2016年度までの完成を予定している。その内容は次の通り。

  • 南北の改札内コンコースを一体化して拡幅、ホームとを連絡するエスカレーターの増設、乗客用エレベーターの新設
  • 日比谷口・銀座口の改札口を1か所に集約
  • 南北の改札内コンコースに各1か所設置しているトイレを北側に移設・集約
  • 高架橋の耐震補強・改築工事
  • 山手線・京浜東北線・東海道線ホームの上屋を撤去し、大屋根を設置

なお、2012年度から本格的に設置を進めている山手線ホームへのホームドア設置は、リニューアル工事の完了後に行われる予定である。

のりば

番線 路線 方向 行先
地上ホーム
1 JT 東海道線 下り 品川横浜小田原熱海方面
2 JT 東海道線
JU 宇都宮・高崎線・JJ 常磐線)
上り 東京上野大宮宇都宮高崎水戸方面
上野東京ライン
3 JK 京浜東北線 南行 品川・蒲田・横浜方面
4 JY 山手線 外回り 品川・渋谷新宿方面
5 内回り 東京・上野・池袋方面
6 JK 京浜東北線 北行 東京・上野・大宮方面
地下ホーム
1 JO 横須賀線 下り 品川・横浜・鎌倉方面
2 JO 横須賀・総武線(快速) 上り 東京・船橋千葉Pictograms-nps-airport.svg 成田空港方面

(出典:JR東日本:駅構内図

日中時間帯の京浜東北線は快速運転のみであり、当駅を通過する(千鳥停車[5]

発車メロディ

1・地下1・2・地下2番線は、日本電音製、3・6番線は五感工房製、4・5番線は東洋メディアリンクス製の発車メロディが導入されている。

1・地下1 JTJO 春風 V1
2・地下2 JTJO 陽だまり V1
3・6 JK JR-SH1-1
4・5 JY Gota del Vient「一滴の風」

なお、2010年7月19日から同年8月20日の間、発車メロディに『ウイスキーが、お好きでしょ』が使われ、話題となった[6]。これは発車メロディを使ったサントリーの広告という位置付けであり、JR東日本としては初めての試みであった[7]

東京メトロ

東京メトロ 新橋駅
しんばし
Shimbashi
G 07 虎ノ門 (0.8km)
(0.9km) 銀座 G 09
所在地 東京都港区新橋二丁目17-5
駅番号 G 08
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 銀座線
キロ程 8.0km(浅草起点)
電報略号 シン
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
252,793人/日
-2017年-
開業年月日 1934年昭和9年)6月21日
テンプレートを表示

単式ホームが2つある、変則相対式ホーム2面2線を有する地下駅。以前は島式ホームであった。このホームは、現在の銀座線を浅草側から開業・延伸していった東京地下鉄道時代に終着駅として使われていたものを改良したものである。

渋谷方面から当駅に到着する直前に2本の留置線がある。これは現在の銀座線を渋谷側から開業・延伸していった東京高速鉄道の駅で、開通1年足らずの間だけ使用された頭端式ホームの形態(有効長は2両分)であった。「高速」と「地下」の直通運転後は旅客営業では使用されなくなり、後にホームの一部が業務用の会議室や通路などに転用されたが、一部は当時のままで残存している。現在は留置線となっており、翌朝の虎ノ門始発電車が2本夜間留置される。この施設は通常東京メトロ社員や関係者のみしか立ち入ることができないが、時たま行われる各種イベントなどで一般に公開されることがあり、テレビ番組でも何度か取り上げられた(入り口は8番出口への通路の途中にある)。鉄道ファンなどの間では「幻の新橋駅」の通称で知られている。

エスカレーターは1番線の虎ノ門寄りと2番線の銀座寄りに、エレベーターは両ホームの中央にあり、それぞれ改札内コンコースと連絡している。また、4番出入口付近にエレベーター専用出入口が設置されている。
7番出口から先、公共地下通路(内幸町地下通路)につながる入口がある。また、7・8番出口に近い渋谷寄りの改札は渋谷方面行の1番線ホームへ直結している。

当駅は、「銀座駅務管区 新橋地域」として近隣の駅を管理している[8]

のりば

番線 路線 行先
1 G 銀座線 赤坂見附渋谷方面
2 銀座浅草方面

東京都交通局

東京都交通局 新橋駅
しんばし
Shimbashi
A 09 大門 (1.0km)
(0.9km) 東銀座 A 11
所在地 東京都港区新橋二丁目21-1
駅番号 A 10
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 浅草線
キロ程 10.5km(西馬込起点)
電報略号 新(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
98,317人/日
-2017年-
開業年月日 1963年昭和38年)12月12日
備考 直営駅
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。

かつては新橋駅務管理所が所在し、東日本橋駅 - 大門駅間(末期は新橋駅 - 人形町駅間)を管轄する新橋駅務区が設置されていた。現在は馬喰駅務管区馬喰駅務区となったが、末期の旧・新橋駅務区傘下の各駅については馬喰駅務区の一部管理業務を当駅が行っている。

当駅と大門駅の間には大江戸線汐留駅とを結ぶ汐留連絡線への分岐があり、大江戸線の車両をE5000形電気機関車牽引で馬込車両検修場回送する時に使用される。

大門寄りに非常用の渡り線が設置されており、大江戸線車両の回送時に使用されるが、1968年6月21日に浅草線が大門駅から泉岳寺駅まで延伸するまでは当駅 - 大門駅間が単線運転だったため、この渡り線が活用されていた。開業当時は東銀座寄りにも両渡り線が存在し、前述の汐留信号所(初代)時代から使用されていたが、泉岳寺駅延伸後に撤去されている。

エスカレーターは東銀座寄り改札口とホームを、エレベーターは大門寄り改札口とホームを連絡している。

のりば

番線 路線 行先
1 A 都営浅草線 西馬込KK 京急線Pictograms-nps-airport.svg 羽田空港方面
2 押上KS 京成線HS 北総線Pictograms-nps-airport.svg 成田空港方面


ゆりかもめ

ゆりかもめ 新橋駅
Yurikamome-Shimbashi-Sta-Platform.JPG
しんばし
Shimbashi
(0.4km) 汐留 U 02►
所在地 東京都港区東新橋一丁目5-13
駅番号 U 01
所属事業者 ゆりかもめ
所属路線 東京臨海新交通臨海線
キロ程 0.0km(新橋起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
64,992人/日
-2016年-
開業年月日 1995年(平成7年)11月1日
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を有する高架駅。駅下を国道15号(第一京浜)が横断する。改札口はエスカレーターと階段を上がった先にある。駅ごとの伝統文様新橋色の柳縞文様である。JR駅舎前の出入口に、ウィング新橋への直通エスカレーターと案内所が設置されている。

のりば

番線 路線 行先
1・2 U ゆりかもめ 台場国際展示場正門豊洲方面

(出典:ゆりかもめ:駅構内図

利用状況