Japan National Expressway map.png

日本の高速道路(にほんのこうそくどうろ)では日本高速道路について説明する。

高速道路の呼称

開通前夜の新東名高速道路

一般的には、高速道路や単に高速と呼ばれる。高速自動車国道の営業路線名では、「○○高速道路」や「○○自動車道」のように呼称される。

個別の路線名については、営業路線名(道路名)と法定路線名が異なる場合がある。具体例は以下の通り。

高規格幹線道路の路線名は「自動車道」という路線名になっているが、これは道路運送法に基づく自動車道ではなく道路法に基づく道路である。これは国土開発幹線自動車道建設法制定の際、国土開発幹線自動車道建設省所管の道路とするか運輸省所管の自動車道とするかの結論が出ず、結局後の高速自動車国道法によって「道路であること」が規定されたという経緯による。

「高速道路」の呼称が用いられるのは東名高速道路新東名高速道路名神高速道路新名神高速道路のみであるがこれは両道路の計画建設の進められる過程で広く民間において「高速道路」の通称が使用され、命名の時点で一般に最も定着しているという歴史的な背景を考慮して例外的に採用されたものである[1](ただし、中央自動車道も最初は「中央高速道路」だった。また、新東名高速道路は東名高速道路に、新名神高速道路は名神高速道路に合わせた特例)。

英称

日本での高速道路の公式な英語表記にはExpressway(略記:EXPWY・エクスプレスウェイ)が用いられるが、一般的にはHighway(ハイウェイ)が使われる[2]。元々米国で「Highway」は幹線道路という意味であり、一般国道を含めた国道英語: National Highway)や主要地方道等の主要道路全体を指す。日本の高速道路は幹線道路としての機能も有するため、Highwayというカテゴリの道路の1種であると言うこともできる。

路線番号

インターチェンジ入口に設置された方面及び方向標識に記された高速道路番号。圏央道常総IC。

2017年2月14日に、一部改正された「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」が施行され、高速道路番号の標識が新設された。高速道路番号の考え方は、2016年9月に、国土交通省道路局が設置した有識者による高速道路ナンバリング検討委員会がとりまとめた「高速道路ナンバリングの実現に向けた提言」に基づいている。[3][4]。これによれば、以下のルールに基づいて高速道路にナンバリングが行われるべきとされた。