日蓮宗(にちれんしゅう)は、

  1. 日本仏教宗旨の一つ。法華宗とも称する。鎌倉時代中期日蓮によって興され[注釈 1]、かつては(天台法華宗に対し)日蓮法華宗とも称した[1]
  2. 日本仏教の宗派の一つ。
    1. 1872年明治5年)、政策「一宗一管長」制に基づいて合同した日蓮門下の全門流の宗号。1874年(明治7年)、日蓮宗一致派日蓮宗勝劣派に分かれ解散[2]
    2. 1876年(明治9年)、日蓮宗一致派が公称を許された宗号[3][4][5][6]1941年昭和16年)、三派合同により解散[7][8][9]
    3. 1941年(昭和16年)、三派合同により成立した現行の「宗教法人・日蓮宗」[7][8][9]身延山久遠寺総本山とする。

宗旨・日蓮宗の概要

開祖である日蓮の主要著作『立正安国論』のタイトルから類推して、国家主義的(ナショナリズム)傾向の強い教えと見る者がいる[10]。 本節では鎌倉仏教の宗旨日蓮宗(法華宗)の宗祖日蓮の教えならびに分派の大要を紹介する。