日本 > 東京都 > 文京区 > 本郷

本郷(ほんごう)は、東京都文京区町名。または旧東京市本郷区の範囲を指す地域名である。

本郷(地域)

東京都文京区のおよそ東半分を範囲とし、江戸東京山手を構成している地域のひとつである。本郷は麻布赤坂四谷牛込小石川と並ぶ、東京山手の外郭をなすエリアである。概ね東京旧市内低地に比べ高台を多く占める旧区分を山手としている。そのため旧本郷区に属する本郷地域は山手にあたる。

小石川区との合併後も住居表示実施以前は「本郷○○町」と旧本郷区内大半の町が本郷を冠称していた。現在は町会、警察署消防署税務署等の管轄などで当時の区境や町境を継承している。

歴史

湯島郷の中に集落が出来た事に由来し湯島の中心地であったために湯島本郷とよばれていたのが、室町時代から戦国時代に本郷と呼ばれるようになったとされる(『御府内備考』[1][2]町屋として早い時期から開け区域内には本郷地域内に弓町、元町、真砂町、金助町、菊坂町、本富士町などがあった。明治から昭和にかけて夏目漱石坪内逍遥樋口一葉二葉亭四迷正岡子規宮沢賢治川端康成石川啄木など多くの文人が居を構えた。

地域