株式会社東京放送ホールディングス
Tokyo Broadcasting System Holdings, Inc.
TBSロゴ
TBS headquarters 2013.JPG
東京放送ホールディングス本社が所在するTBS放送センター
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9401
1960年10月上場
略称 TBSホールディングス、TBSHD
本社所在地 日本の旗 日本
107-8006[注 1]
東京都港区赤坂五丁目3番6号
TBS放送センター
設立 1951年昭和26年)5月17日
株式会社ラジオ東京
業種 情報・通信業
法人番号 5010401020855
事業内容 放送法に基づく認定放送持株会社
代表者 佐々木卓(代表取締役社長)
河合俊明(代表取締役専務取締役)
資本金 549億8,689万2,896円
(2016年3月31日現在)
発行済株式総数 1億9,043万4千株
(2016年3月31日現在)
売上高 連結:3,485億39百万円
単独:171億7百万円
(2016年3月期)
営業利益 連結:171億79百万円
単独:30億18百万円
(2016年3月期)
純利益 連結:144億97百万円
単独:131億61百万円
(2016年3月期)
純資産 連結:4,582億8百万円
単独:3,487億90百万円
(2016年3月期)
総資産 連結:6,499億70百万円
単独:5,678億16百万円
(2016年3月期)
従業員数 連結:5,641人、単独:82人
(2016年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 9.50%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.70%
毎日放送 4.64%
三井物産 4.03% など
(2016年3月31日現在)
主要子会社 TBSテレビ 100%
TBSラジオ 100%
BS-TBS 100%
関係する人物 武田信二(取締役会長)
外部リンク http://www.tbsholdings.co.jp/
特記事項:1960年11月29日に株式会社ラジオ東京から株式会社東京放送へ商号変更。2009年4月1日に株式会社東京放送から株式会社東京放送ホールディングスへ商号変更。
テンプレートを表示

株式会社東京放送ホールディングス(とうきょうほうそうホールディングス、: Tokyo Broadcasting System Holdings, Inc.略称TBSホールディングス、英字略称:TBSHD)は、日本の認定放送持株会社、また当社を中核とするTBSグループの統括会社である。

傘下に関東広域圏放送対象地域とするテレビジョン放送特定地上基幹放送事業者である株式会社TBSテレビ、関東広域圏を放送対象地域とする中波放送の特定地上基幹放送事業者である株式会社TBSラジオ(旧社名TBSラジオ&コミュニケーションズ)、BSデジタル放送衛星基幹放送事業者であるBS-TBSを収めている。

概要

  • 1951年に「株式会社ラジオ東京」として設立、設立当初は一般放送事業者(現 民間特定地上基幹放送事業者)として中波放送事業を、1955年にアナログテレビジョン放送を開始。在京民間放送唯一のラテ兼営局となり、コールサインの「JOKR」からラジオは「KRラジオ」、テレビは「KRテレビ」と称する。
  • 1960年10月10日には東証に株式を上場し、商号を「株式会社東京放送」略称を「TBS」に変更した。
  • 2000年3月21日、東京放送は経営の効率化を目的に、ラジオ放送制作部門とテレビ番組制作部門を子会社に分割、2001年10月1日、ラジオ放送制作子会社の「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ(現・TBSラジオ)」に中波放送免許を承継し、中波放送事業を完全分割した。この動きは将来の持株会社制への移行を想定したものといわれている。
  • 東京放送は、2004年から放送(送信)と経理以外のテレビ放送事業の現業全般を番組制作会社として設立された株式会社TBSテレビに業務委託しており、東京放送自身では番組制作を一切行っておらず実質的にテレビ放送事業を分社化していたが、2009年4月の放送持株会社移行の際、放送免許の承継を含めテレビ放送事業の全てをTBSテレビに分割した。同時に東京放送からTBSテレビに出向していたアナウンサーは同日を持って全員がTBSテレビへの所属となった。

    ラジオ放送事業

    • ラジオ放送事業は2001年10月1日付で既に制作会社として設立されていた株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズに放送免許承継を含め全事業を分割した。
    • 2009年4月の放送持株会社移行の際、デジタルラジオ事業の運営をTBSラジオ&コミュニケーションズから当社へ移管した[1]
    • 2016年4月1日付で、「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ」から、社名・商号を「株式会社 TBSラジオ」に変更[2]。これにより、対外呼称、呼出名称、社名が統一される。
    • ラジオ送信所の保守管理は分社化後も東京放送が引き続き行っていたが、2009年4月の放送持株会社移行後はTBSテレビに移管して委託を行っている。
    • アナウンス業務も同様に東京放送→TBSテレビ所属のアナウンサーが行っている。

    文化事業

    赤坂サカスのイベント、赤坂BLITZ赤坂ACTシアターの運営や、各種催事の開催等の文化事業は2009年4月の持株会社制移行の際に全事業をTBSテレビに分割した(赤坂サカス各施設の所有・不動産管理は当社が引き続き行う)。

沿革

TBSホール(1989年11月11日撮影)

TBSテレビに関する事項はTBSテレビ#沿革を、TBSラジオに関する事項はTBSラジオ#沿革を参照。

  • 1951年(昭和26年)
  • 1953年(昭和28年)
    • 8月、周波数を950kcに変更。
    • 12月、"KRT"を略称とする。Kabushikigaisha Radio Tokyoから由来するが、テレビ放送開始をにらんだJOKR-TVにもちなんだともいわれる。実際その通りになったが、世間一般にはほとんど浸透していなかった。
  • 1955年(昭和30年)4月1日、東京都港区赤坂一ツ木町36番地(現:赤坂5丁目)旧放送センター・テレビスタジオが完成、10時30分から地上アナログテレビジョン放送の本放送開始(呼出符号JOKR-TVチャンネル6、映像出力10kW、音声出力5kW)。送信所も同所。当時のラテ欄や雑誌の番組紹介では「ラジオ東京テレビ」や「KRテレビ」の名称が使われた。
  • 1959年(昭和34年)8月1日、皇太子ご成婚パレード中継での取材協力を機に、NHKに対抗する日本初のニュースネットワークとして「Japan News Network」(略称:JNN)を結成。
  • 1960年(昭和35年)
    • 1月17日テレビ送信所を旧放送センターから東京タワーに移転映像出力50kW、音声出力12.5kWに増力
    • 9月10日、カラーテレビ本放送を開始。カラー放送は開始当初1日平均5分のフィルムによる番組しか行っておらず、カラーVTRを同社はまだ使っていなかった。ちなみにNHK日本テレビと共に東京地区では初だった。
    • 10月10日東京証券取引所第一部に株式上場
    • 11月29日株式会社東京放送と商号変更し、略称をTBSとする。同時に、「東京テレビ」「東京ラジオ」という呼称を公式に採用した[4]ものの、定着には至らなかった。
TBS 旧筆記体ロゴ
(1961年8月[5] - 1991年9月)
旧社屋竣工当時の外観(1961年)
  • 1961年(昭和36年)
    • 8月、電波を象徴した新社名ロゴタイプ(筆記体)制定。(デザイン:今道潤三、制作:市川景)
    • 9月、コーポレートカラー「光の3原色(青・赤・緑=能力・熱意・責任)」制定。車両の塗装等に使用開始。
    • 10月、「光の3原色」による社旗、社章(バッジ)制定。
    • 10月12日、赤坂のテレビスタジオ隣に本社社屋完成。ラジオスタジオおよび本社機構を移転。
    • 12月1日、社名呼称をTBSに統一(公用文等を除き、原則「東京放送」を使用しない)[6]
    • 開局10周年を記念して、『TBSソング』が作られ、非売品のソノシートに吹き込まれた。なお、作詞・歌は中村メイコ、作曲は神津善行(中村の夫)が担当した。このTBSソングは「社史」には掲載されていない。
  • 1965年(昭和40年)5月2日、ラジオネットワーク「Japan Radio Network」(略称:JRN)を結成。
  • 1971年(昭和46年)11月、ラジオの出力を100kWに増力
  • 1973年(昭和48年)12月20日、読売新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社の3社首脳間で日本テレビとTBSの新聞資本を統一する合意が成立。翌1974年(昭和49年)2月、創立時からの新聞資本が毎日新聞社だけになる。
  • 1974年(昭和49年)11月18日近畿地方のテレビネット準キー局が、これまでの朝日放送(ABC)から毎日放送(MBS)にネットチェンジすることで基本合意。ABCはこれまでMBSとネットを組んでいた日本教育テレビ(NET。現:テレビ朝日)とネットを組むことになる。
  • 1975年(昭和50年)3月31日、テレビにおけるTBS-MBSの新ネットワークがスタート。
  • 1977年(昭和52年)、毎日新聞がTBS株を放出。以来、TBSは新聞色の薄い局となる。
  • 1978年(昭和53年)11月23日、国際電気通信連合(ITU)の取り決めで、ラジオの周波数が9kHzステップへ移行。それに伴い、午前5時をもってラジオの周波数を「954kHz」に変更。
  • 1981年(昭和56年)3月、横浜市緑区(現:青葉区)緑山に緑山スタジオ・シティ完成。
  • 1990年(平成2年)12月2日、創立40周年事業として、宇宙特派員・秋山豊寛を乗せた宇宙船(ソユーズ)をソ連カザフのバイコヌール宇宙基地から打ち上げる(「TBS宇宙プロジェクト」)。
ミクロコスモスロゴ(1991年10月 - 1994年1月)