松竹株式会社
Shochiku Co., Ltd.
Shochiku logo (text).svg
Shochiku (headquarters).jpg
東劇ビル。
本社及び関連部署、子会社と上映館東京劇場が入居している。
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9601
1949年5月16日上場
大証1部(廃止) 9601
1949年5月14日 - 2013年7月12日
福証 9601
1949年7月上場
札証 9601
1950年4月上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-8422
東京都中央区築地4丁目1-1
設立 1920年11月8日(帝国活動写真株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 6010001034809
事業内容 映画事業
演劇事業
代表者 代表取締役会長 大谷信義
代表取締役社長 迫本淳一
資本金 330億18百万円
発行済株式総数 1億3937万8578株
売上高 連結:889億円
単独:532億円
(2014年2月期)
営業利益 連結:86億円
単独:52億円
(2014年2月期)
純利益 連結:20億円
単独:15億円
(2014年2月期)
純資産 連結:695億円
単独:710億円
(2014年2月末日現在)
総資産 連結:2,037億円
単独:1,359億円
(2014年2月末日現在)
従業員数 連結:1,227人 単独:535人
決算期 2月末日
主要株主 歌舞伎座 3.44%
みずほ銀行 3.22%
(常任代理人 資産管理サービス信託銀行)
三菱東京UFJ銀行 3.11%
セコム 2.65%
清水建設 2.64%
大林組 2.58%
西松建設 2.35%
大成建設 2.22%
(平成28年2月29日現在)
主要子会社 松竹ブロードキャスティング 100%
松竹マルチプレックスシアターズ 100%
関係する人物 白井松次郎
大谷竹次郎
小山内薫
城戸四郎
大谷隆三
永山武臣
奥山融
外部リンク http://www.shochiku.co.jp/
テンプレートを表示

松竹株式会社(しょうちく)は、日本映画演劇の制作、興行、配給を手掛ける会社。歌舞伎の興行については現在ほぼ独占的に手がけている。創業は1895年で設立は1920年11月8日(帝国活動写真株式会社の設立日)である。

概要

元来は演劇興行。現在は歌舞伎を主に新派、松竹新喜劇も手掛ける。かつては、文楽(人形浄瑠璃)や歌劇(SKD - 松竹歌劇団、OSK - 大阪松竹歌劇団)、演芸浅草松竹演芸場道頓堀角座神戸松竹座等)から相撲興行やプロ野球セ・リーグ加盟の松竹ロビンス)、ボウリングアイススケートリンクの運営等幅広い活動を行い、一時は明治期からのお雇い外国人アウグスト・ユンケルを指揮者として松竹交響楽団なる本格的なオーケストラまで所有していた(戦時中は「大東亜交響楽団」と改称したが戦後に自然消滅)。

1995年には創立100年事業の一環として松竹大船撮影所の敷地内に「鎌倉シネマワールド」なるテーマパークを開業させたが、不入りでわずか3年で閉鎖に至った。

メディア対策として、東宝大映(現:角川書店)等と共にフジテレビジョン(フジテレビ)の会社設立に参加(1959年開局)。なお、現在はフジテレビ旧会社法人の後身に当たるフジ・メディア・ホールディングス株式の殆どを放出している反面、松竹大株主の10位以内に東京放送ホールディングス(TBSHD)の名が連なるなど放送局との関係に変化が見られる(両者とも認定放送持株会社である)。

一方では通信衛星を利用した自社製作の番組(映画、テレビドラマ、劇場中継等)を中心に流す「衛星劇場」「ホームドラマチャンネル」等を立ち上げ、現在に至る。

2005年、創業110年を記念した女優発掘オーディション松竹STAR GATE歌舞伎座で開催。

歴史