梅毒
Treponema pallidum.jpg
Treponema pallidumの電子顕微鏡写真
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
感染症内科学[*]
ICD-10 A50-A53
ICD-9-CM 090-097
DiseasesDB 29054
MedlinePlus 000861
eMedicine med/2224 emerg/563 derm/413
Patient UK 梅毒
MeSH D013587

梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。

梅毒は、1999年、全世界で推定1200万人で新規感染したと考えられており、その90%以上は発展途上国での感染である。1940年代ペニシリンの普及以降、発症は劇的に減少したが、2000年以降、多くの国々で感染率が増加しつつある。たびたびヒト免疫不全ウイルスと併発するケースがあり、乱交売春コンドーム不使用に起因する[1][2][3]。有効なワクチンは存在せず、抗菌薬の投与により治癒しても終生免疫は得られず、(梅毒に再び感染した場合)再感染が起こる[4][5]

in vitroでの培養は不可能のため、病原性の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA配列が決定[4]、公開されている。また、理由は不明だが、ウサギ睾丸内では培養することができる。

疫学

世界各国で梅毒によって失われた障害調整生命年数 (2004年、10万人あたり)[6]
  no data
  <35
  35-70
  70-105
  105-140
  140-175
  175-210
  210-245
  245-280
  280-315
  315-350
  350-500
  >500

日本における感染者は2010年頃より増加傾向で[7]2015年2014年を上回り、2017年には11月19日までの速報値で5,053人の感染者が国立感染症研究所により報告されたが、5,000人を超えるのは1973年以来44年ぶりであった[8][9]。かつて第二次世界大戦後の1948年以降大きく減少していたが、1967年1972年1999年2008年に小流行を起こし[10][11]、2010年までは500例から800例で(人口10万当たり発生率は0.4〜0.6程度)推移していたが[12]、2012年以降増加傾向に転じ2013年の梅毒総報告数は1,226例[13]、2014年 1275例[14]が報告され、人口10万当たり発生率は 0.96 と上昇している。また感染者の約80%は男性で男性の人口10万当たり発生率は1.6ある[13]。なお、様々な診療科で鑑別診断が行われず、梅毒患者が見逃されていることを指摘する医師もいる[15]

臨床像

1978 - 1999年の22年間に東京都多摩地区で行われた健康な人を対象とした抗原検査結果によれば、45,614例中1,017件 (2.23%) が脂質抗原検査陽性で、このうちTPHA法、FTA-ABS法によるトレポネーマ抗体の検査陽性は639例 (1.40%)。陽性率は1978 - 1999年まで概ね1 - 約2%の間で推移し、梅毒の潜在的な感染例は減少していない。また、陽性例中の493例 (約77%) は60歳以上であった[16]

病原体

細菌学

梅毒トレポネーマに侵された病理組織(銀染色)

梅毒トレポネーマ、Treponema pallidumの特徴は、らせん状形態、グラム陰性であり、活発に運動する[17][18]。自然界における唯一の宿主ヒトである[19]。宿主がいなければ数日も生きられない。これはそのゲノムサイズが小さく (1.14 MDa)、主要栄養素の合成に必要な代謝経路の遺伝子が欠落しているためである。このため、倍加時間は遅く、30時間以上掛かる[17]

梅毒トレポネーマの近縁種もまた、3つの病気の原因となる。それぞれ、イチゴ腫(フランベジア)は亜種 pertenueピンタは亜種 carateumベジェルは亜種 endemicumが原因である[20]。これら近縁種は、梅毒トレポネーマとは異なり、神経疾患を引き起こさない[21]

感染経路

主に性行為オーラルセックスにより、生殖器肛門から感染皮膚粘膜の微細な傷口から侵入し、進行によって血液内に進む。米国における新規症例の感染経路は、男性同士の性行為が半数以上を占める。

これ以外にも母子感染、輸血血液を介した感染もある[22]。母子感染の場合、子供は先天梅毒となる。血液製剤については、多くの国々で検査が行われるため、感染経路となるリスクは小さい。この病原体は体外に排出されると急速に死ぬことから、物を介した感染は難しく[23]、日常生活における、食器や衣類の共有、トイレの便座、入浴からの感染は一般に不可能である[24]。日本でも、2012年には男性同士の性交渉が原因と推測される感染例が最も多く報告されていたが、2012~2016年にかけて報告されたデータからは、男女間の性交渉による感染が急激に増加していた。この傾向は海外の先進国においては報告されておらず国際的には特殊である。男性は25~29歳、女性は20~24歳の感染者が多い。若い女性に感染が広がるのと同時に、「先天性梅毒」の赤ちゃんの出生も増加した[9]

症状

症状は4段階で観察され[20]、先天性での発症も起こる。その多様な症例から、ウイリアム・オスラーから偽装の達人 ("the great imitator") と呼ばれた。例えば皮膚症状以外の症状として、「頭痛、脳腫瘍(の疑い)」、「認知症」、「飛蚊症・霧視」、「ラムゼイ・ハント症候群(の疑い)」、「難聴」、「大動脈瘤破裂」、「左側腹部痛」、「胃潰瘍(の疑い)」、「急性肝炎」、「ネフローゼ」、「悪性リンパ腫(の疑い)」などが報告されている[15][25]

第1期と第2期が感染しやすく、感染後約1週間から13週間で発症する。現代においては先進国では、抗生物質の発達により、第3期、第4期に進行することはほとんどなく、死亡する例は稀である。第1期梅毒の最初の数週間は抗体発生前で、検査において陽性を示さない。

腸管梅毒 Toreponema pallidum (IHC)
第1期
感染後3週間 - 3か月の状態。トレポネーマが侵入した部位(陰部、口唇部、口腔内)に塊(無痛性の硬結で膿を出すようになり、これを硬性下疳と言う)を生じる。塊はすぐ消えるが、稀に潰瘍となる。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れ、これを横痃(おうげん)という。6週間を超えるとワッセルマン反応等の梅毒検査で陽性反応が出るようになる。
第2期
感染後3か月 - 3年の状態。全身のリンパ節が腫れる他に、発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでる場合がある。
バラ疹と呼ばれる特徴的な全身性発疹が現れることがある。赤い目立つ発疹が手足の裏から全身に広がり、顔面にも現れる。特に手掌、足底に小さい紅斑が多発し、皮がめくれた場合は特徴的である。治療しなくても1か月で消失するが、抗生物質で治療しない限りトレポネーマは体内に残っている。
腸管梅毒(肛門部) Traponema pallidum (IHC)
潜伏期
前期潜伏期:第2期の症状が消えるとともに始まる。潜伏期が始まってからの2年から3年間は、第2期の症状を再発する場合がある。
後期潜伏期:不顕性感染の期間で数年から数十年経過する場合もあるが、この期間は感染力を持たない。
第3期
感染後3 - 10年の状態。皮膚筋肉などにゴムのような腫瘍ゴム腫)が発生する。(医療の発達した現代では、このような症例をみることは稀である)
第4期
感染後10年以降の状態。多くの臓器に腫瘍が発生したり、脊髄神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄瘻を起こし(脳(脊髄)梅毒、脳梅)、死亡する。現在は稀である。

江戸時代に相当する遺跡からは、梅毒に罹患していた第3期以降の所見をもつ人骨が出土している。

初期梅毒の感染性

  • Schober PC(英国)らは、梅毒の感染性という論文で、初期の梅毒患者のパートナーを精査した

    先天性梅毒は、妊娠中胎盤を通じ、または出産時に産道を介して感染する症例である。感染した幼児の23は症状が現れない状態で産まれてくる。生後数年で、一般的に、肝臓脾臓の増大、発疹、発熱、神経梅毒肺炎といった症状が現れる。治療がなされない場合、鞍鼻変形ヒグメナキス徴候剣状脛クラットン関節といわれる後期先天性梅毒の症状が現れる[4]

予防

性感染症である梅毒は禁欲が「最善の予防策」だが「次善の策」として、不特定多数(その中に感染者が含まれている確率がゼロではないため)との性行為の自粛、またコンドームの着用により病原菌の人体間の移動を阻止することで防ぐことが可能である(参考:セーファーセックス)。無論100%回避できるわけではなく、また接吻による口から口への感染、オーラルセックスでの感染等は防ぐことができない。

検査