梅津 正彦(うめつ まさひこ、1968年12月13日 - 2013年7月23日)は、日本のアクションディレクター、コーディネーターボクシングコーチ。山形県酒田市出身[1]

経歴・人物

山形県立酒田東高等学校卒業。大学中退。高校でボクシングを始め、ソウルオリンピックを目指したが、怪我のため引退[1]

映画監督を志し松竹シナリオ研究所入所。松竹大船撮影所等で映画・テレビドラマ、野村芳太郎監督の戦争ドキュメンタリー作品、七人のおたくなどの助監督を務めた。その後ボクサーの経験を生かし、ボクシングコーチ、アクションディレクターとなる。映画・テレビ・CM・舞台等でボクシングやアクション指導をしながら、プライベートレッスン専門で梅津ボクシング倶楽部を主宰し、ダイエット指導等も行っていた。

男子では瀬川設男西澤ヨシノリ大曲輝斉杉田竜平柴田明雄内山高志らのチーフトレーナーを務め、高阪剛TATSUJI大渡博之らにもボクシングを指導したほか、女子では山崎静代南海キャンディーズ)の専属トレーナーとして世界レベルで戦えるまでに育てた。

2012年にメラノーマに冒されていることが判明、余命宣告も受けていたが闘病しながら可能な限り仕事を続け、ボクシングの指導も行っていた。2013年7月23日に入院先の病院で死亡[2]、44歳没。

主なボクシング指導作品

映画

テレビドラマ

バラエティ番組