森下仁丹株式会社
Morishita Jintan Co.,Ltd.
本社
種類 株式会社
市場情報
東証2部 4524
1961年10月2日上場
略称 仁丹
本社所在地 日本の旗 日本
540-8566 
大阪府大阪市中央区玉造一丁目2番40号
設立 1936年昭和11年)11月28日
業種 医薬品
法人番号 8120001077571
事業内容 保健関連商品の製造販売
保健関連のサービス提供
代表者 代表取締役社長 駒村純一
資本金 35億3,740万円
発行済株式総数 2,075万株
売上高 連結:96億86百万円
単独:94億73百万円
2013年3月期)
営業利益 連結:2億75百万円
単独:2億50百万円
(2013年3月期)
純利益 連結:3億81百万円
単独:3億76百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:80億45百万円
単独:80億27百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:128億67百万円
単独:128億76百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:280名 単独:264名
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)森下泰山 26.4%
ロート製薬(株) 8.6%
(公財)森下仁丹奨学会 5.1%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 (株)仁丹ファインケミカル 100%
(株)森下仁丹ヘルスコミュニケーションズ 100%
関係する人物 森下博森下泰
外部リンク http://www.jintan.co.jp/
テンプレートを表示
森下仁丹 旧本社工場
大阪市中央区

森下仁丹株式会社(もりしたじんたん、Morishita Jintan Co.,Ltd.)は、大阪市中央区玉造に本社を置く医薬品製造企業である。略称は仁丹みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]。コーポレート・スローガンは「百年人生を応援する」。

概要

創業者の森下博1893年(明治26年)2月11日に、大阪市東区(現・中央区)にて、薬種商「森下南陽堂」を創業したのが発祥である。1905年明治38年)から今日まで発売され続けている仁丹の製造元としてその名を知られている。上部に人物が描かれている「仁丹」の商標で知られているが、描かれている人物は軍人ではなく、大礼服姿の外交官である[2]。商標の外交官は「健康を世界に運ぶ外交官に」という創業者の思いが込められている。

現在はかつての主力商品「銀粒仁丹」のコーティング技法を発展させることで開発した最先端のシームレスカプセル(継ぎ目のないカプセル)を用いた食品会社からの受託製造と、ビフィズス菌を使用した食品・化粧品、植物エキスを主成分とするダイエット食品健康食品(栄養補助食品)の製造・販売を主な事業内容としている。銀粒仁丹の原料でもある生薬成分の研究にも力を入れており、それを生かした食品会社への原料の供給等も行い、最近では日本コカ・コーラへのローズヒップ・エキス供給のほか、デンマークホットドッグ「ホールドバケット」の販売事業等もおこなっている。

沿革

1910年当時の幹部
仁丹創業5周年記念写真
毒滅の広告。1904(明治37)年10月30日の大阪朝日新聞の広告に彩色を施したもの。