森下仁丹株式会社
Morishita Jintan Co.,Ltd.
本社
種類 株式会社
市場情報
東証2部 4524
1961年10月2日上場
略称 仁丹
本社所在地 日本の旗 日本
540-8566 
大阪府大阪市中央区玉造一丁目2番40号
設立 1936年昭和11年)11月28日
業種 医薬品
法人番号 8120001077571
事業内容 保健関連商品の製造販売
保健関連のサービス提供
代表者 代表取締役社長 駒村純一
資本金 35億3,740万円
発行済株式総数 2,075万株
売上高 連結:96億86百万円
単独:94億73百万円
2013年3月期)
営業利益 連結:2億75百万円
単独:2億50百万円
(2013年3月期)
純利益 連結:3億81百万円
単独:3億76百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:80億45百万円
単独:80億27百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:128億67百万円
単独:128億76百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:280名 単独:264名
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)森下泰山 26.4%
ロート製薬(株) 8.6%
(公財)森下仁丹奨学会 5.1%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 (株)仁丹ファインケミカル 100%
(株)森下仁丹ヘルスコミュニケーションズ 100%
関係する人物 森下博森下泰
外部リンク http://www.jintan.co.jp/
テンプレートを表示
森下仁丹 旧本社工場
大阪市中央区

森下仁丹株式会社(もりしたじんたん、Morishita Jintan Co.,Ltd.)は、大阪市中央区玉造に本社を置く医薬品製造企業である。略称は仁丹みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]。コーポレート・スローガンは「百年人生を応援する」。

概要

創業者の森下博1893年(明治26年)2月11日に、大阪市東区(現・中央区)にて、薬種商「森下南陽堂」を創業したのが発祥である。1905年明治38年)から今日まで発売され続けている仁丹の製造元としてその名を知られている。上部に人物が描かれている「仁丹」の商標で知られているが、描かれている人物は軍人ではなく、大礼服姿の外交官である[2]。商標の外交官は「健康を世界に運ぶ外交官に」という創業者の思いが込められている。

現在はかつての主力商品「銀粒仁丹」のコーティング技法を発展させることで開発した最先端のシームレスカプセル(継ぎ目のないカプセル)を用いた食品会社からの受託製造と、ビフィズス菌を使用した食品・化粧品、植物エキスを主成分とするダイエット食品健康食品(栄養補助食品)の製造・販売を主な事業内容としている。銀粒仁丹の原料でもある生薬成分の研究にも力を入れており、それを生かした食品会社への原料の供給等も行い、最近では日本コカ・コーラへのローズヒップ・エキス供給のほか、デンマークホットドッグ「ホールドバケット」の販売事業等もおこなっている。

沿革

1910年当時の幹部
仁丹創業5周年記念写真
毒滅の広告。1904(明治37)年10月30日の大阪朝日新聞の広告に彩色を施したもの。
  • 1893年明治26年)2月11日 - 森下博により薬種商「森下南陽堂」として大阪市東区(現・中央区)に創業。
  • 1900年(明治33年)2月 - プロイセン宰相ビスマルクを商標にした梅毒薬「毒滅」でその名を知られるようになる。
  • 1905年(明治38年)2月 - 森下博薬房と改称し、懐中薬仁丹の販売を開始。
  • 1921年大正10年) - 子会社の「赤線検温器株式会社(現在のテルモ)」を設立し、体温計の生産販売を開始。
  • 1936年昭和11年)11月 - 森下仁丹株式会社に改組。
  • 1961年(昭和36年)10月2日 - 東京証券取引所市場第二部および大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
  • 1964年(昭和39年)4月 - 井村屋製菓株式会社と業務提携(1964年8月に提携解消)。
  • 1980年代 - 主力製品である仁丹の売れ行きが低下したこともあり多角化を推進し、子会社の仁丹食品を設立して加工食品事業に進出したほか、アメリカ合衆国で加工工場を新設した。なお、仁丹食品はその後業績の不振から清算の対象となり、会社を解散している。
  • 1990年代 - 通販事業に進出し、ビフィズス菌を含有したビフィーナ化粧品シリーズや、上述のシームレスカプセルでビフィズス菌を包んだビフィーナシリーズ、植物エキスを主成分とするダイエット食品や健康食品(栄養補助食品)の販売を開始。
  • 2001年平成13年)10月 - シームレスカプセルの受託製造工場として滋賀県多賀町にミラセル工場を開設。
  • 2003年(平成15年)9月30日 - ロート製薬と業務・資本提携を締結[3]
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 子会社で、特需ルート・配置薬ルート向けの卸売や不動産賃貸管理業などを行っていた仁丹商事株式会社を吸収合併[4]
  • 2005年(平成17年)7月1日 - ロート製薬との共同販売会社「株式会社メディケアシステムズ(出資比率:ロート製薬70%、森下仁丹30%)を設立[5]
  • 2007年(平成19年)
    • 2月19日 - 世界初となる胃溶解性皮膜と腸溶解性皮膜を組み合わせた2層カプセルを採用した清涼食品「ORACLE(オラクル) ワンショット」を発売[6]
    • 3月28日 - 老朽化による生産産効率低下に伴い、大阪市中央区玉造にある本社工場・研究施設の土地建物を大和ハウス工業に売却(2009年の新工場竣工まで同社より賃貸)[7]
  • 2008年(平成20年)
    • 1月30日 - 創業115周年の節目に、創業記念日である2月11日を「仁丹の日」とすることを定め、日本記念日協会に申請・承認される[8]
    • 2月11日 - 一般用医薬品の通信販売事業として、「仁丹薬房」をスタート[9]
    • 5月19日 - 長野県ベンチャー企業であるキューオーエル株式会社と女性のセルフケア支援事業に関する業務提携を締結[10]し、6月10日に同社へ出資[11]
    • 10月1日 - 滋賀県にあるミラセル工場の一部を運営していた仁丹ミラセルびわ湖株式会社を吸収合併[12]
    • 12月1日 - 本社を現在地に移転[13]
  • 2009年(平成21年)
    • 1月 - 大阪府枚方市津田サイエンスヒルズ内に新工場「大阪テクノセンター」を開設。
    • 3月 - 1993年(平成5年)から行っている通信販売事業におけるコンタクトセンター業務の受託化を目指し、子会社として株式会社 森下仁丹ヘルスコミュニケーションズを設立[14]
    • 9月17日 - 田辺三菱製薬が販売していた「ビフィーナ便秘薬【指定第2類医薬品】」の販売権を取得し、自社製品としてリニューアル発売[15]
  • 2010年(平成22年)
    • 3月21日 - 「仁丹」の新たな製品として、7種の生薬を配合したリキッドを独自の「シームレスカプセル」で包み込んだ「JINTAN 116(ジンタン イチイチロク)」を発売[16]
    • 3月25日 - 婦人用体温計基礎体温表を「メディケア」ブランドで発売[17]
    • 9月21日 - 「メディケア」シリーズ初の一般用医薬品として、口腔用外用薬「デンタルクリーム【第2類医薬品】」、「クールスロート【第3類医薬品】」を発売[18]
  • 2011年(平成23年)
    • 2月28日 - 子会社で、薬湯などの温浴関連製品の販売を行っていた仁丹テック株式会社を吸収合併[19]
    • 7月1日 - 業務用薬湯「薬仁湯」シリーズの販売権をニシカワヤ株式会社へ譲渡(製造は従来通り継続)[20]
  • 2012年(平成24年)
    • 3月23日 - 当社初の【第1類医薬品】となる眉毛・体毛の発毛を促進するノック式育毛剤「メディケア ペレウス」を発売[21]
    • 6月30日 - ロート製薬株式会社との合弁会社であった株式会社メディケアシステムズを解散[22]
  • 2013年(平成25年)
    • 2月11日 -
      • 創業120周年を記念し、当社の商標である「大礼服マーク」を39年ぶりに変更し、併せて、社名ロゴフォントも変更[23]
      • 併せて、創業120周年記念商品として、2011年(平成23年)に販売を終了した「梅仁丹【医薬部外品】」を、清涼菓子として復刻した「梅仁丹120」を発売[24]
    • 4月1日 - ロングセラーであるドリンクタイプの乗り物酔い止め薬「ポード内服液」を「メディケア」シリーズの一製品として42年ぶりにパッケージリニューアルし、新たに少量サイズの1本入りを追加。同時に、7~14歳用「学童用ポード内服液」を発売[25]
  • 2014年(平成26年)
    • 1月14日 - 1978年(昭和53年)から1984年(昭和59年)にかけて発売されていた「レモン仁丹」を清涼菓子として一新し、30年ぶりに発売(ローソンで先行発売した後、同年4月から本格発売を開始)[26]
    • 8月5日 - 日本で初めてとなる0歳(生後1ヶ月)から摂取できるビタミンD単体の液状サプリメント「BabyD(ベビーディー)」を発売(通信販売で先行発売した後、同年9月より店頭販売を開始)[27]
  • 2015年(平成27年)
    • 6月19日 - 機能性表示食品と栄養機能食品で構成されたサプリメントブランド「ヘルスエイド」を立ち上げ、従来の「ビフィーナR<レギュラー>」・「ビフィーナS<スーパー>」・「ビフィーナS<スーパー> Pearl」・「ビフィーナEX<エクセレント>」は「ヘルスエイド」にブランド移行してリニューアル発売。

主な製品

  • ヘルスエイド
    • ヘルスエイド ビフィーナR<レギュラー>【機能性表示食品】 - 2015年6月に「ビフィーナR<レギュラー>(2001年9月発売)」を機能性表示食品としてリニューアルし、60包入りに加え、7包入りと20包入りを追加して3容量となった。
    • ヘルスエイド ビフィーナS<スーパー>【機能性表示食品】 - 2015年6月に「ビフィーナS<スーパー>(2001年9月発売)」を機能性表示食品としてリニューアル。
    • ヘルスエイド ビフィーナS<スーパー> Pearl(パール)【機能性表示食品】 - 2015年6月に「ビフィーナS<スーパー> Pearl(2014年3月発売)」を機能性表示食品としてリニューアル。
    • ヘルスエイド ビフィーナEX<エクセレント>【機能性表示食品】 - 2015年6月に「ビフィーナEX<エクセレント>(2001年9月発売)」を機能性表示食品としてリニューアル。
    • ヘルスエイド ローズヒップ【機能性表示食品】 - 2015年6月発売。
    • ヘルスエイド ヒアルロン酸【機能性表示食品】 - 2015年6月発売。
    • ヘルスエイド テアニン【機能性表示食品】 - 2015年7月発売。
    • ヘルスエイド サラシア【機能性表示食品】 - 2015年9月発売。
    • ヘルスエイド 還元型コエンザイムQ10【機能性表示食品】 - 2015年10月発売。
    • ヘルスエイド マルチビタミン&ミネラル - 2015年6月発売。ビタミンCナイアシンパントテン酸を補給する栄養機能食品である。
    • ヘルスエイド 仁丹のサーデンケア【特定保健用食品】 - 元々は通信販売限定で発売されていたが、2015年9月に「ヘルスエイド」のシリーズ品としてリニューアルし、店頭販売を開始した。
    • ヘルスエイド コレストールファイバー【特定保健用食品】 - 元々は通信販売限定で発売されていたが、2015年9月に「ヘルスエイド」のシリーズ品としてリニューアルし、店頭販売を開始した。
  • メディケアシリーズ
    • ペレウス【第1類医薬品】 - 2012年3月発売。ノック式の極細ペンを採用した眉用育毛剤。メチルテストステロン配合。(製造販売元:協和新薬
    • アクティL【指定第2類医薬品】 - 2014年3月発売。女性用頻尿・残尿感改善薬。(製造販売元:コーア商事
    • デンタルピルクリーム【指定第2類医薬品】 - 2014年3月発売。リップチューブタイプの口腔用外用薬。(製造販売元:万協製薬)
    • ダイアジンA軟膏【第2類医薬品】 - 2011年9月発売。クリームタイプの殺菌消毒薬。(製造販売元:中新薬業
    • オノフェF【第2類医薬品】 - 2011年4月発売。化膿性皮膚疾患用薬。2012年10月にパッケージリニューアルし、従来のブルー基調からピンク基調に変更した。(製造販売元:万協製薬
    • デンタルクリーム【第3類医薬品】 - 2010年9月発売。軟膏タイプの口腔用外用薬。(製造販売元:万協製薬)
    • デンタルクリームT【第3類医薬品】 - 2013年4月発売。前述の「デンタルクリーム」と処方は同じだが、歯痛歯槽膿漏を訴求した仕様である。(製造販売元:万協製薬)
    • パンパス軟膏【第2類医薬品】 - 2013年4月発売。外用皮膚疾患用薬。(製造販売元:万協製薬)
    • ポード内服液【第2類医薬品】 - 液体タイプの乗物酔い薬。10mlの少量サイズ。長らく発売されているロングセラー製品だが、2013年4月に「メディケア」シリーズへ編入してパッケージリニューアル。(製造販売元:大昭製薬
    • サイレンQ【第2類医薬品】 - 2013年10月発売。液体タイプの殺菌消毒薬。(製造販売元:雪の元本店
    • 腎仙散(じんせんさん)【第2類医薬品】 - 2013年11月発売。顆粒タイプの生薬エキス製剤。(製造販売元:摩耶堂製薬
    • メグリモア【第2類医薬品】 - 2014年10月発売。月経困難症のための漢方製剤。(製造販売元:OJAS PHARMA)。
    • プラセンプリマ錠【第2類医薬品】 - 2014年4月発売。錠剤タイプの滋養強壮保健薬。(製造販売元:原沢製薬工業
    • プラセンプリマ内服液【第2類医薬品】 - 2014年4月発売。ドリンクタイプの滋養強壮保健薬。(製造販売元:原沢製薬工業)
    • コーフルS【第3類医薬品】 - 2013年10月発売。皮膚疾患治療薬(製造販売元:協和新薬)
    • クールスロート【第3類医薬品】 - 2010年9月発売。スプレータイプの口腔用外用薬。2013年4月にパッケージリニューアル。(製造販売元:協和新薬)
    • ハイドロウェットα【管理医療機器】 - 大型サイズの医療パッド。2015年10月に従来の「ハイドロウェット パッドタイプ(2013年10月発売)」をリニューアルし、【一般医療機器】から【管理医療機器】へ移行した。
    • ハイドロウェットα 防水タイプ【管理医療機器】 - 大型サイズの医療パッド。2015年10月に従来の「ハイドロウェット」をリニューアルし、【一般医療機器】から【管理医療機器】へ移行した。
    • アルゲキュア【一般医療機器】 - 2012年3月発売。大型サイズの医療パッド。2015年10月にパッケージリニューアル。
    • 靴ずれ絆創膏【一般医療機器】 - 2012年4月発売。靴ずれ用の救急絆創膏。
    • かぶせてガード【一般医療機器】 - 2011年4月発売。大型サイズの救急バン。
    • 大きめ救急バン【一般医療機器】
    • 防水救急バン【一般医療機器】
    • 傷あて材【一般医療機器】
    • 防水フィルム - フリーサイズの防水フィルム。2013年10月に「ロールタイプ」を追加発売。
    • かきむしりガード
    • カンタン包帯 - ガーゼなどの傷あて材の上から押えて貼る巻かないタイプの包帯
    • 便利なテープ - 手で切れるサージカルテープ
    • 婦人用体温計(販売名:仁丹電子体温計MT1622J)【管理医療機器】
    • 基礎体温表
    • 仁丹電子体温計(販売名:仁丹電子体温計MT1821J)【管理医療機器】
  • 仁丹シリーズ
    • 仁丹【医薬部外品】
    • JINTAN116 Herbs【医薬部外品】
    • JINTAN116【医薬部外品】
    • 梅仁丹120 - タブレットタイプの清涼菓子。
    • 梅仁丹120のど飴 - 後述の「梅仁丹120」と同時に発売した梅味ののど飴。
    • レモン仁丹 - タブレットタイプの清涼菓子。

広報活動

CMキャラクター

過去のCMキャラクター一覧

※その他、宝塚歌劇団雪組メンバーを、同社が過去に発売していた「クリスタルデュウ・マイルド」のイメージキャラクターに起用していたことがある(「歌劇」「宝塚GRAPH」限定での掲載。1992年から翌年にかけて、雪組で上演された「忠臣蔵~花に散り雪に散り~」の協賛に伴うもの)。

スポンサー番組

現在
過去

※この他、関西ローカルではあるが朝日放送2000年(平成12年)頃から数年間、午後8時55分頃に放送のABCニュースのスポンサーを担当していたこともある。

関係企業