本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
Mori Ogai in the atelier of Sculptor Takeishi Kozaburo in 1916.jpg
外(1916年)
誕生 森 林太郎
1862年2月17日
石見国津和野町田村
(現・島根県津和野町町田)
死没 (1922-07-09) 1922年7月9日(60歳没)
日本の旗 日本 東京府
墓地 禅林寺
職業 小説家評論家翻訳家陸軍軍医官僚
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 博士(医学文学
最終学歴 東京大学医学部
活動期間 1889年 - 1922年
ジャンル 小説翻訳史伝
主題 近代知識人の苦悩
文学活動 ロマン主義高踏派
代表作舞姫』(1890年)
ヰタ・セクスアリス』(1909年)
青年』(1910年)
』(1911年)
阿部一族』(1913年)
山椒大夫』(1915年)
高瀬舟』(1916年)
渋江抽斎』(1916年、史伝)
主な受賞歴 勲一等旭日大綬章(1915年)
デビュー作 『於母影』(1889年)
配偶者 登志子(1889年 - 1890年)
志げ(1902年 - 1922年)
子供 於菟(長男)
茉莉(長女)
杏奴(次女)
不律(二男)
(三男)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(もり おうがい、1862年2月17日文久2年1月19日) - 1922年大正11年)7月9日)は、日本明治大正期の小説家評論家翻訳家陸軍軍医軍医総監中将相当)、官僚高等官一等)。位階勲等従二位勲一等功三級医学博士文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。

石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京大学医学部[注 1]卒業。

大学卒業後、陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツでも軍医として4年過ごした。帰国後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表する一方、同人たちと文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。その後、日清戦争出征や小倉転勤などにより、一時期創作活動から遠ざかったものの、『スバル』創刊後に「ヰタ・セクスアリス」「」などを発表。乃木希典殉死に影響されて「興津弥五右衛門の遺書」を発表後、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説や史伝「澁江抽斎」等も執筆した。

晩年、帝室博物館(現在の東京国立博物館奈良国立博物館京都国立博物館等)総長や帝国美術院(現・日本芸術院)初代院長なども歴任した。

生涯

生い立ち

1862年2月17日文久2年1月19日)、石見国鹿足郡津和野町田村(現・島根県津和野町町田)で生まれた[1]。代々津和野藩典医を務める森家では、祖父と父を婿養子[注 2]として迎えているため、久々の跡継ぎ誕生であった[注 3]

藩医家の嫡男として、幼い頃から論語孟子、オランダ語などを学び、養老館では四書五経を復読した。当時の記録から、9歳で15歳相当の学力と推測されており[2]、激動の明治維新期に家族と周囲から将来を期待されることになった。

1872年明治5年)、廃藩置県等をきっかけに10歳で父と上京。墨田区曳舟に住む。東京では、官立医学校(ドイツ人教官がドイツ語で講義)への入学に備え、ドイツ語を習得するため、同年10月に私塾の進文学社[注 4]に入った。その際に通学の便から、政府高官の親族・西周の邸宅に一時期寄食した。翌年、残る家族も住居などを売却して津和野を離れ、父が経営する医院のある千住に移り住む。

陸軍軍医として任官

1873年(明治6年)11月、入校試問を受け、第一大学区医学校(現・東京大学医学部予科に実年齢より2歳多く偽り、12歳で入学(新入生71名。後に首席で卒業する三浦守治も同時期に入学)[注 5]

定員30人の本科に進むと、ドイツ人教官たちの講義を受ける一方で、佐藤元長に就いて漢方医書を読み、また文学を乱読し、漢詩漢文に傾倒し、和歌を作っていた[3]

語学に堪能な外は、後年、執筆に当たって西洋語を用いるとともに、中国の故事などをちりばめた。さらに、自伝的小説「ヰタ・セクスアリス」で語源を西洋語の学習に役立てる逸話を記した[注 6]

1881年(明治14年)7月4日、19歳で本科を卒業。卒業席次が8番であり[注 7]、大学に残って研究者になる道は閉ざされたものの、文部省派遣留学生としてドイツに行く希望を持ちながら、父の病院を手伝っていた。その進路未定の状況を見かねた同期生の小池正直(後の陸軍省医務長)は、陸軍軍医本部次長の石黒忠悳外を採用するよう長文の熱い推薦状を出しており、また小池と同じく陸軍軍医で日本の耳鼻咽喉科学の創始者といわれる親友の賀古鶴所(かこ・つると)は、外に陸軍省入りを勧めていた。結局のところ外は、同年12月16日に陸軍軍医副(中尉相当)になり、東京陸軍病院に勤務した[注 8]

妹・小金井喜美子の回想によれば、若き日の外は、四君子を描いたり、庭を写生したり、職場から帰宅後しばしば寄席に出かけたり(喜美子と一緒に出かけた時、ある落語家長唄を聴いて中座)していたという[4]

ドイツ留学

外記念館、ドイツ・ベルリン

入省して半年後の1882年(明治15年)5月、東京大学医学部卒業の同期8名の中で最初の軍医本部付となり、プロイセン王国の陸軍衛生制度に関する文献調査に従事し、早くも翌年3月には『医政全書稿本』全12巻[注 9]を役所に納めた。1884年(明治17年)6月、衛生学を修めるとともにドイツ帝国陸軍の衛生制度を調べるため、ドイツ留学を命じられた[注 10]7月28日明治天皇に拝謁し、賢所に参拝。8月24日、陸軍省派遣留学生として横浜港から出国し、10月7日フランスマルセイユ港に到着。同月11日に首都ベルリンに入った。鷗外は横浜からマルセイユに至る航海中のことを「航西日記(こうせいにっき)」に記している。

最初の1年を過ごしたライプツィヒ(1884年11月22日–翌年10月11日)で、生活に慣れていない外を助けたのが、昼食と夜食をとっていたフォーゲル家の人達であった[注 11]

また、黒衣の女性ルチウスなど下宿人たちとも親しくつき合い、ライプツィヒ大学ではホフマンなど良き師と同僚に恵まれた。演習を観るために訪れたザクセン王国の首都ドレスデンでは、ドレスデン美術館アルテ・マイスター絵画館にも行き、ラファエロの「システィーナの聖母」を鑑賞した。

次の滞在地ドレスデン(1885年10月11日–翌年3月7日)では、主として軍医学講習会に参加するため、5か月ほど生活した。王室関係者や軍人との交際が多く、王宮の舞踏会や貴族の夜会や宮廷劇場などに出入りした。その間、2人の大切な友人を得た。1人は外の指導者でザクセン王国軍医監のウィルヘルム・ロートドイツ語版で、もう1人は外国語が堪能な同僚軍医のヴィルケ(鷗外はヰルケと表記)[注 12]である。外はドレスデンを離れる前日、ナウマンの講演に反論し、後にミュンヘンの一流紙『Allgemeine Zeitung』上で論争となった。

ミュンヘン(1886年3月8日–翌年4月15日)では、ミュンヘン大学ペッテンコーファーに師事した。研究の傍ら、邦人の少なかったドレスデンと異なり、同世代の原田直次郎近衛篤麿など名士の子息と交際し、よく観劇していた。

次のベルリン(1887年4月16日–翌年7月5日)でも早速、北里柴三郎とともにコッホに会いに行っており、細菌学の入門講座をへてコッホの衛生試験所に入った[注 13]

9月下旬、カールスルーエで開催される第4回赤十字国際会議の日本代表(首席)としてドイツを訪れていた石黒忠悳に随行し、通訳官として同会議に出席。9月26日・27日に発言し、とりわけ最終日の27日は「ブラボー」と叫ぶ人が出るなど大きな反響があった[注 14]

会議を終えた一行は、9月28日ウイーンに移動し、万国衛生会に日本政府代表として参加した。11日間の滞在中、外は恩師や知人と再会した。1888年(明治21年)1月、大和会の新年会でドイツ語の講演をして公使の西園寺公望に激賞されており、18日から田村怡与造大尉の求めに応じてクラウゼヴィッツの『戦争論』を講じた。留学が一年延長された代わりに、地味な隊付勤務(プロイセン近衛歩兵第2連隊の医務)を経験しており、そうしたベルリンでの生活は、ミュンヘンなどに比べ、より「公」的なものであった。ただし、後述するドイツ人女性と出会った都市でもあった。

同年7月5日外は石黒と共にベルリンを発ち、帰国の途についた。ロンドン保安条例によって東京からの退去処分を受けた尾崎行雄に会い、詩を4首贈った)やパリに立ち寄りながら、7月29日マルセイユ港を後にした。9月8日横浜港に着き、午後帰京。同日付けで陸軍軍医学舎の教官に補され、11月には陸軍大学校教官の兼補を命じられた。帰国直後、ドイツ人女性が来日して滞在一月(1888年9月12日 - 10月17日)ほどで離日する出来事があり、小説「舞姫」の素材の一つとなった[注 15]。後年、文通をするなど、その女性を生涯忘れることは無かったとされる[5]。鷗外はドイツ留学中のことを「獨逸日記」に記している。