横浜アリーナ
YOKOHAMA ARENA
横浜アリーナ
施設情報
愛称 横アリ
正式名称 横浜アリーナ
用途 スポーツイベント、コンサート全般、発表会、集会
収容人数 約17,000人
設計者 株式会社竹中工務店
施工 株式会社竹中工務店
管理運営 株式会社横浜アリーナ (第三セクター
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
(一部鉄骨構造
敷地面積 26,691m²
建築面積 20,373m²
延床面積 45,800m²
階数 地上5階
高さ 29.80 m
着工 1987年5月
竣工 1989年2月
所在地 222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目10番地
位置 北緯35度30分44秒 東経139度37分12秒 / 北緯35.51222度 東経139.62000度 / 35.51222; 139.62000座標: 北緯35度30分44秒 東経139度37分12秒 / 北緯35.51222度 東経139.62000度 / 35.51222; 139.62000
横浜アリーナ
情報
完成 1989年2月
開館 1989年4月1日
開館公演 松任谷由実「Delight Slight Light KISS 横浜アリーナオープニングセレブレイションコンサート」
収容人員 17,000人
客席数 11,000席
延床面積 45,800m²
用途 スポーツイベント、コンサート全般、発表会、集会
運営 株式会社横浜アリーナ
所在地 222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目10番地
外部リンク http://www.yokohama-arena.co.jp/
株式会社横浜アリーナ
種類 株式会社
本社所在地 222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目10番地
設立 1986年11月5日
業種 サービス業
法人番号 4020001021923
事業内容 各種催し物のためのイベント施設の賃貸、各種催し物の企画実施
代表者 篠澤康夫(代表取締役社長
資本金 49億9999万9610円
(2010年12月31日時点)
売上高 19億258万円(2010年12月期)
営業利益 4億5835万5000円(2010年12月期)
純利益 2億8151万7000円(2010年12月期)
純資産 68億6769万3000円
(2010年12月31日時点)
総資産 76億18万1000円
(2010年12月31日時点)
従業員数 19人
決算期 12月末日
主要株主 西武鉄道 63%
横浜市 24.4%
キリンホールディングス 8.4%
アミューズ 4.2%
外部リンク 横浜アリーナ
テンプレートを表示

横浜アリーナ(よこはまアリーナ、Yokohama Arena)は、1989年4月1日神奈川県横浜市に開業した多目的イベントホール。および、それを管理・運営する株式会社横浜アリーナ(設立:1986年、親会社:西武鉄道)。略称は「横アリ[1]

概要

麒麟麦酒(初代法人、現・キリンホールディングス)と横浜市西武鉄道からの出資の第三セクターとして開業し、アリーナ部分の最大面積8,000 m2、最大収容人数は1万7000人で、コンサートスポーツ、企業式典など、あらゆる用途に利用されている。「優良ホール100選」にも選ばれている。

アリーナ横に音楽スタジオ「Studio MUGIC」がある。

横浜アリーナにおける「アリーナ席」とは、2階部分の可動式スタンド席のことを指し、一般的に言う「アリーナ席」は本会場では「センター席」と呼ばれている。

2017年3月3日、株式会社横浜アリーナについて同年3月下旬を目処に西武鉄道がキリンホールディングスの保有する発行株式46.2%分を取得して筆頭株主になると共に、西武鉄道の子会社となることが発表された[2]

また西武鉄道の発表と同日に大手芸能事務所のアミューズが、西武鉄道と同じく2017年3月下旬にキリンホールディングスから横浜アリーナ株式4.2%を取得し、資本参加することが発表された[3]

公演・イベント実績

杮落とし公演は、松任谷由実による「Delight Slight Light KISS 横浜アリーナオープニングセレブレイションコンサート」[4]。当初は地元横浜出身で、昭和の歌謡界を代表する歌手の一人である美空ひばりの公演が予定されていたが、ひばりの病状悪化(公演予定日の2ヵ月後に逝去)に伴い中止となったため、松任谷由実が行う運びとなった[5]。これを皮切りに、これまで洋邦問わず数多くのアーティストがコンサートで利用している。公演実績については公式サイトの「過去の主なイベント」を参照のこと。

オープンした1989年以来、サザンオールスターズおよびそのメンバーである桑田佳祐のカウントダウンライブの恒例会場として使用され続けている。実施されない年[6]もあったが、毎年12月31日は所属事務所であるアミューズが常に会場を確保しているともされ、1995年にはアミューズが主催する「アクト・アゲインスト・エイズ」のイベント(桑田も出演)が行われ、1998年2003年2008年には福山雅治2010年にはポルノグラフィティ2015年にはflumpool2018年にはPerfumeと所属ミュージシャンがカウントダウンライブを行っている。また、福山雅治は横浜アリーナの男性ソロアーティスト公演回数の記録(30回・2011年5月現在)を持っている。 また、5月の3連休はジャニーズ事務所が会場を押さえており、所属グループによるコンサートも毎年恒例となっている。(2009年・2016年除く)

毎年成人の日には、横浜市の成人式が開催される。その様子は、日本最大規模の成人式として毎年テレビのワイドショーとして取り上げられている。

スポーツイベントとしては、1993年東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントの試合会場として使用された。また、1998年かながわ・ゆめ国体では体操会場として使用された。さらに、2008年バレーボール・ワールドグランプリ決勝ラウンド、2009年世界卓球選手権横浜大会、2018年バレーボール女子世界選手権プールA・ファイナルフォーの試合会場として使用された。2018年5月26日にはB.LEAGUEチャンピオンシップファイナルが開催された。

また、1996年3月3日、辰吉丈一郎指名挑戦者として、WBC世界スーパーバンタム級王座に挑んだ試合や、同年6月24日、かつて内装工事会社社員としてアリーナの建設に携わった、当時のWBA世界ミドル級王者竹原慎二の初防衛戦を皮切りに、プロボクシングの世界タイトルマッチの会場として頻繁に使われるようになる。1998年に行われた国内史上初となる「トリプル世界戦」の会場も横浜アリーナであり、ダブル世界戦も国内最多となる「7度」ここで開催された。同年、総合格闘技イベント「PRIDE.2」が開催。さいたまスーパーアリーナの使用が始まるまでPRIDEはここを何度か使用した。PRIDEの後継「RIZIN」も興行を開く予定である。

プロレスでは1989年5月6日全日本女子プロレスを皮切りにビッグマッチが多く組まれている。新日本プロレスも度々使用。2000年には初の電流爆破デスマッチが行われた。2001年12月2日には地元に本社を置く大日本プロレスが初めて興行を開いた。ファイティングオペラ「ハッスル」では「ハッスルマニア(2008年のみ有明コロシアム)」などが開催された。他の格闘技も数多く行われている。

アリーナ本体以外にも、施設のエントランス周辺を使ったフリーマーケットも開催されている。

テレビ公開番組

横浜アリーナでは以下のテレビ番組の公開も行われている(過去に行われたものも含む)。

など

ラジオ番組