気候変動に関する国際連合枠組条約
2011 logo.png
気候変動枠組条約ロゴ
通称・略称 気候変動枠組条約、国連気候変動枠組条約、地球温暖化防止条約、温暖化防止条約、UNFCCC、FCCC
起草 1992年5月9日(ニューヨーク
署名 1992年6月4日(ニューヨーク)
効力発生 1994年3月21日
寄託者 国際連合事務総長
条約番号 平成6年条約第6号
言語 アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語
主な内容 大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを目的とする。
関連条約 京都議定書
条文リンク 気候変動に関する国際連合枠組条約 - 環境省
テンプレートを表示

気候変動に関する国際連合枠組条約(きこうへんどうにかんするこくさいれんごうわくぐみじょうやく、英語:United Nations Framework Convention on Climate Change、省略名称:UNFCCC)は、1992年6月3日から6月14日まで、ブラジルの都市リオ・デ・ジャネイロにおいて開催された環境と開発に関する国際連合会議(UNCED)において、採択された地球温暖化問題に関する国際的な枠組みを設定した環境条約である。気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)は、1994年3月21日に、発効された。気候変動に関する国際連合枠組条約は、国連気候変動枠組条約地球温暖化防止条約などとも呼ばれる。

気候変動に関する国際連合枠組条約の目的は、大気中の温室効果ガス(二酸化炭素メタン一酸化二窒素[亜酸化窒素:N2O]など、HFCs、PFCs、SF6)の増加が地球を温暖化し、自然の生態系などに悪影響を及ぼすおそれがあることを、人類共通の関心事であると確認し、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ、現在および将来の気候を保護することである。気候変動がもたらすさまざまな悪影響を防止するための取り組みの原則、措置などを定めている。

経過

世界の動向