沖ノ鳥島
現地名沖ノ鳥島
(おきのとりしま)
Okinotorishima20070602.jpg
航空写真(2007年6月)
Japan in its region (Okinotori Islands special).svg
地理
場所 フィリピン海
太平洋
座標 北緯20度25分31.9768秒 東経136度4分52.1430秒 / 北緯20.425549111度 東経136.081150833度 / 20.425549111; 136.081150833座標: 北緯20度25分31.9768秒 東経136度4分52.1430秒 / 北緯20.425549111度 東経136.081150833度 / 20.425549111; 136.081150833[1][2]
島数 2小島を伴う1つの環礁(準卓礁)
最高標高 1 m (3 ft)[3]
最高峰 北小島
行政
都道府県 東京都
市町村 小笠原村
人口統計
人口 0

沖ノ鳥島(おきのとりしま)は、太平洋フィリピン海)上に位置する小笠原諸島に属する孤立島[4]サンゴ礁からなるであり、東京都小笠原村に属する[4]日本領土として最もに位置しており日本最南端の島である[4]


概要

沖ノ鳥島の位置と島の詳細

東京都心部から1,740km硫黄島から720km、フィリピン海プレートのほぼ中央、九州・パラオ海嶺上に位置する、太平洋の絶海に孤立して形成された南北約1.7km、東西約4.5km、周囲約11kmほどのコメ粒形をしたサンゴ礁の島である。北回帰線の南に位置するため熱帯に属する。

干潮時には環礁の大部分が海面上に姿を現しているが、満潮時には礁池内の東小島(旧称・東露岩)と北小島(旧称・北露岩)を除いて海面下となる。

沖ノ鳥島は過去100年あたり1cmという、地盤の沈下が極めて小さいことでも知られ、地球温暖化などに伴う海面の水位変化を調べるのに役立っている。1999年から2002年GPS調査によると、沈降こそ無いものの、N70°W5.0cm/年(1年間に進む距離が、真北から西へ70度回った方向に5cm)で西北西に移動していることが確認されている[5]

島周辺は海面と海底の海水の温度差が年間を通じて20程あり、海洋温度差発電にふさわしい条件が揃っている。

なお、「沖ノ鳥島」として公式に記載されたのは1929年昭和4年)のことであるが、沖ノ鳥島という名前自体の由来は不明である。

地理

北小島

東京都小笠原村沖ノ鳥島 1番地。旧称は北露岩[6]北緯20度25分30.6585秒 東経136度4分11.1766秒 / 北緯20.425182917度 東経136.069771278度 / 20.425182917; 136.069771278 (北小島) [7] に位置する。面積7.86m2。海抜は第二次世界大戦以前の海図では2.8mと記載されていたが、2008年3月時点で約1m[3]。高潮(満潮)時も約16cmが海面上に現れる[8]。三等三角点「北小島」が設置されている[9]

東小島

東京都小笠原村沖ノ鳥島 2番地。旧称は東露岩。北緯20度25分31.9768秒 東経136度4分52.1430秒 / 北緯20.425549111度 東経136.081150833度 / 20.425549111; 136.081150833 (東小島)[2]に位置する。面積1.58m2。海抜は第二次世界大戦以前の海図では1.4mと記載されていたが、2008年3月時点で約0.9m[3]。高潮(満潮)時も約6cmが海面上に現れる[8]。一等三角点「沖ノ鳥島」が設置されている[10]

建造物

消波ブロックとコンクリートの護岸(2010年6月撮影)
観測施設(作業架台)で、金属、塗装、コンクリートなどの耐久性を試験している様子(2010年6月撮影)

日本は1988年から北小島及び東小島に鉄製消波ブロックの設置とコンクリート護岸工事を施し、東小島にはチタン製防護ネットを被せて保護している[11](詳細は#浸食防止策を参照)。

第二次世界大戦前の1940年(昭和15年)7月中旬、大日本帝国海軍は北露岩に無人灯台建設を計画した[12]。その後、中断していた旧灯台基盤跡に、人工島の観測所基盤が、海面上に大規模な観測施設(作業架台:60m×80m)が建築されており[5]、無人の気象・海象観測が行われている(海洋研究開発機構)。

その他、船舶が沖ノ鳥島に座礁することを防止するため、海上保安庁によって領海内に「沖ノ鳥島灯台」が設置されている。この無人灯台の灯火は海面上から26mの位置にあり、発光ダイオードの光を沖合い12海里まで届けるもので太陽電池によって稼働している[13]

東小島には一等三角点「沖ノ鳥島」、北小島には三等三角点「北小島」、観測所基盤には水準標石が設けられている[14]。また、2005年には電子基準点「沖ノ鳥島」が東小島に設置されている[15][16][17]

消失した露岩

第二次世界大戦の前の1933年の調査記録では、海抜最大2.8mの北露岩、1.4mの東露岩、さらに北露岩の南側に海抜2.25mの「南露岩」があり、それ以外に0.9m-0.6mの露岩があり、合計6つの露岩が満潮時にも姿を現していたことが記されている。

これらのうち、南露岩は1938年に消失が確認された。1968年に日本へ管轄権が返還された後の1982年以前は露岩の数は4つとされていたため、1987年までに、現在の北小島、東小島を除いたものは風化海食により消えうせたと見られている。

歴史

沿革