治承(じしょう / ちしょう)は、日本元号の一つ。安元の後、養和の前。1177年から1181年までの期間を指す。この時代の天皇高倉天皇安徳天皇

治承期は、平氏政権の本格的な確立期および、それに反発して起こった全国的な内乱、すなわち治承・寿永の乱の初期に当たる。源頼朝の関東政権では、この先の養和・寿永の元号を使わず、治承を引き続き使用した。

改元

  • 安元3年8月4日ユリウス暦1177年8月29日) 改元
  • 治承5年

    河図挺作輔」の「治武明文徳治承天精」。

    治承期におきた出来事

    • 治承元年(1177年) 鹿ケ谷の陰謀発覚
    • 治承2年3月24日(1178年4月13日)治承の大火(次郎焼亡)
    • 治承3年11月(1179年) 治承三年の政変平清盛のクーデター)。後白河法皇を幽閉。
    • 治承4年4月(1180年以仁王の挙兵治承・寿永の乱の始まり)。中御門京極あたりから六条わたりまで大きなる辻風起こる[1]
    • 治承4年6月 平清盛の主導による福原京の造営。
    • 治承4年8月 源頼朝伊豆で挙兵。
    • 治承4年10月 富士川の戦い
    • 治承5年閏2月4日 

      ※は小の月を示す。

      治承元年(丁酉 一月※ 二月 三月※ 四月 五月※ 六月※ 七月 八月※ 九月 十月※ 十一月 十二月
      ユリウス暦 1177/2/1 3/2 4/1 4/30 5/30 6/28 7/27 8/26 9/24 10/24 11/22 12/22
      治承二年(戊戌 一月 二月※ 三月 四月※ 五月 六月※ 閏六月※ 七月 八月※ 九月 十月※ 十一月 十二月
      ユリウス暦 1178/1/21 2/20 3/21 4/20 5/19 6/18 7/17 8/15 9/14 10/13 11/12 12/11 1179/1/10
      治承三年(己亥 一月※ 二月 三月 四月※ 五月 六月※ 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月※ 十二月
      ユリウス暦 1179/2/9 3/10 4/9 5/9 6/7 7/7 8/5 9/3 10/3 11/1 12/1 12/30
      治承四年(庚子 一月※ 二月 三月 四月※ 五月 六月※ 七月 八月※ 九月 十月※ 十一月 十二月※
      ユリウス暦 1180/1/29 2/27 3/28 4/27 5/26 6/25 7/24 8/23 9/21 10/21 11/19 12/19
      治承五年(辛丑 一月 二月※ 閏二月 三月※ 四月 五月 六月※ 七月 八月※ 九月 十月※ 十一月 十二月※
      養和元年
      ユリウス暦 1181/1/17 2/16 3/17 4/16 5/15 6/14 7/14 8/12 9/11 10/10 11/9 12/8 1182/1/7
      治承六年(壬寅 一月 二月※ 三月 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月※ 十二月
      養和二年
      ユリウス暦 1182/2/5 3/7 4/5 5/5 6/3 7/3 8/1 8/31 9/30 10/29 11/28 12/27
      治承七年(癸卯 一月※ 二月 三月※ 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 閏十月※ 十一月 十二月
      寿永二年
      ユリウス暦 1183/1/26 2/24 3/26 4/24 5/23 6/22 7/21 8/20 9/19 10/18 11/17 12/16 1184/1/15
      治承八年(甲辰 一月※ 二月 三月※ 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
      寿永三年
      ユリウス暦 1184/2/14 3/14 4/13 5/12 6/10 7/10 8/8 9/7 10/7 11/5 12/5 1185/1/4

      脚注

      1. ^ 水野章二「中世の災害」/ 北原糸子編著『日本災害史』吉川弘文館 2006年 142ページ

      関連項目