しみずく
清水区
日本平から望む富士山と清水港
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
静岡市
団体コード 22103-1
面積 265.09km2
総人口 233,708
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 882人/km2
隣接自治体
隣接行政区
静岡市葵区駿河区
富士市富士宮市
山梨県南巨摩郡南部町
イメージカラー
広報キャラクター
清水区ブルー (DIC 69[1])
シズラ
清水区役所
所在地 424-8701
静岡県静岡市清水区旭町6番8号
北緯35度0分56.8秒東経138度29分22.6秒座標: 北緯35度0分56.8秒 東経138度29分22.6秒
清水区役所・静岡市役所清水庁舎
外部リンク 清水区ホームページ

清水区位置図

 表示 ウィキプロジェクト

清水区(しみずく)は、静岡市に3つある行政区のひとつ。2005年4月1日の政令指定都市移行と同時に発足。当初は旧清水市のほぼ全域を区域とし、その後2006年3月31日には旧蒲原町域が、2008年11月1日には旧由比町域が区の一部となった。

概要

中心となる清水は、駿河湾奥・折戸湾に臨む天然の良港、清水港を中心に古くから海運の中継地や水軍の基地として発展した港町で、近代以降はの輸出が始まり国際的な貿易港となった。その後特定重要港湾の指定を受け、清水港臨海地区には多くの企業や工場が立地し、高度経済成長期に産業都市として大きく成長した。また江尻興津由比蒲原はそれぞれ旧東海道宿場町として栄えた歴史を持つ。

漫画家さくらももこ原作の漫画「ちびまる子ちゃん」の舞台として、またJリーグ所属のサッカークラブである清水エスパルスのホームタウン(本拠地)としても知られる。

静岡市中心部から東に約10km区内のうち、旧清水市の区域は全国で唯一、特例市(2001年)、中核市(2003年)、政令指定都市(2005年)の順に全ての指定を受けたことがある区域である。

地理

清水港周辺の空中写真。1983年撮影の12枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

広袤(こうぼう)

国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、清水区の面積は265.09平方キロメートルである[2]

国土地理院によると清水区の東西南北それぞれの端は以下の位置[3][4]。東端は富士川河口右岸富士川滑走場付近、西端は真富士山の南約1.3km、南端は蛇塚の滝ヶ原川水系滝ヶ原川河口左岸、北端は青笹山の北北東約0.86kmである。また、2010年国勢調査結果に基く人口重心は辻3丁目4付近にある[5]

清水区の広袤
  北端
北緯35度12分11秒 東経138度24分27秒 / 北緯35.20306度 東経138.40750度 / 35.20306; 138.40750 (清水区最北端)
人口重心
北緯35度01分50.17秒 東経138度29分14.72秒 / 北緯35.0306028度 東経138.4874222度 / 35.0306028; 138.4874222 (清水区人口重心)
西端
北緯35度8分13秒 東経138度23分43秒 / 北緯35.13694度 東経138.39528度 / 35.13694; 138.39528 (清水区最西端)
区役所
北緯35度0分56.9秒 東経138度29分22.9秒 / 北緯35.015806度 東経138.489694度 / 35.015806; 138.489694 (清水区役所)
東端
北緯35度6分54秒 東経138度38分22秒 / 北緯35.11500度 東経138.63944度 / 35.11500; 138.63944 (清水区最東端)
 
南端
北緯34度57分42秒 東経138度28分29秒 / 北緯34.96167度 東経138.47472度 / 34.96167; 138.47472 (清水区最南端)
 


隣接する自治体・行政区