“渚の駅”たてやま

“渚の駅”たてやま(なぎさのえきたてやま)は、千葉県館山市にある、みなとオアシス“渚の駅”たてやまとしてみなとオアシスの指定を受けた交流拠点施設である。2012年3月25日開業。

解説

2009年4月に千葉県から館山市へ委譲された館山市立博物館分館「渚の博物館」(旧:千葉県立安房博物館)を中心とした施設で[1]、小規模な水族館展望台が併設されている。

所在地

千葉県館山市館山1564-1

施設

渚の博物館

2011年2月5日開館。千葉県立安房博物館から委譲された、房総半島で行われてきた漁業に関する資料を展示している[1]

内部にミュージアムショップ「KIRAたて山」を併設[2]

2015年12月25日に館山ふるさと大使であるさかなクン名誉駅長に就任し、これに伴い「さかなクンギャラリー」が開設した[2]

館山湾に生息する約70種[3]の生物を展示する水族館。貝やロープなどを使った工作教室「渚の教室」が定期的に開かれている[2]。小児限定で魚の餌やり体験も行われている[4]

海のマルシェたてやま

商業施設棟1階にある、地元の野菜魚介類などを取扱う直売店[5][注釈 1]

館山なぎさ食堂

商業施設棟2階にある、新鮮な農水産物が味わえるレストラン。1階「海のマルシェたてやま」で販売される新鮮な地元食材を使った料理が提供される[5]

展望デッキ

施設屋上に位置する、館山湾を一望するウッドデッキスペース[3]。テーブルやベンチが用意され、飲食も可能[3][6]

館山港多目的観光桟橋

2010年4月25日竣工[7]。長さ500m[8]におよぶ日本最長の道路桟橋で、大型客船などが発着する[3]。愛称は館山夕日桟橋(2012年4月決定)[9]