民主主義指数による国別の独裁傾向、モロッコから最下位北朝鮮まで52か国の独裁色が強い、エリア別では中東・北アフリカが下位ランク

独裁政治(どくさいせいじ)とは、一個人、少数者または一党派が絶対的な政治権力を独占して握る政治体制を指す。独裁制とも言う。

概要

独裁政治」という言葉は、戦争内乱などの非常事態において、法的委任の手続きに基づき独裁官に支配権を与える古代ローマの統治方法に由来する。独裁政治は、一般に、戦時や社会の混乱期に多く出現する。

絶対君主制との違いは世襲を伴わないことなどが挙げられる。専制政治では固定的または身分的な支配層が非支配層を支配するが(社会階級)、独裁では支配者と被支配者の身分は基本的には同一である。

軍事的な手続きであるクーデター内戦によって独裁者となる場合が多いが、民主主義的な手続きの結果として独裁者が生まれることもある。ナチス・ドイツアドルフ・ヒトラーは、民主主義、民主憲法であるヴァイマル憲法のもとで独裁化した例である。がそれまでの政府を打倒し直接政治を執る軍事政権も、独裁政治としてはよくみられるタイプのものである。

また、独裁政治をとる場合において政党は必ずしも不要なものではなく、むしろ統治の補助・翼賛機構として支配政党を一つ作り、それ以外の政党を認めない一党独裁制を採ることの方が多い。この場合、支配政党のほかにいくつかの衛星政党が存在を許される場合もあるが、こうした衛星政党は支配政党に異議を唱えることは許されず、形式的に存続しているだけのもので、実質的には意義を失っている。こうした形式的複数政党制はヘゲモニー政党制と呼ばれ、人民民主主義をとる社会主義国の一部ではこうした体制が存続している。マルクス・レーニン主義を掲げる社会主義国の一部では、プロレタリア独裁を根拠に共産党による一党独裁制を採用している。朝鮮民主主義人民共和国のように世襲が行われる場合もある。

短所

独裁的な政治体制の下では体制批判は許されず[注 1]、個人の自由は著しく制限される。民衆の意思表示は抑圧され、反対派は何らかの形で排除される。また、為政者の権力行使に抑制が効かずに、恣意的な国家運営に堕すこともあり、国家としての方向性を失って行く場合も多い。

中国共産党中央政治局常務委員会には「68歳定年制」という不文律があり[2]、権力の暴走を防いでいる。

長所

独裁制はトップの意思の伝達がスムーズであり、有能な独裁者がビジョンに基づき独裁をおこなった場合、国家が大幅に発展することも不可能ではない[3]。こういった体制は20世紀後半の東アジア東南アジアに多く見られ、開発独裁と称された。

このように独裁政治にもメリットがあるが、前ブータン国王のジグミ・シンゲ・ワンチュクは、「今のままの方が幸せ」と独裁体制の継続を望んだ国民を「今の国王は良き君主でも、もし悪しき君主が現れたらどうするのだ?」と諌め、自ら民主化を進めた[4]

具体例