ふくおかけん
福岡県
20100719 Dazaifu Tenmangu Shrine 3328.jpg
福岡県の旗
福岡県旗
日本の旗 日本
地方 九州地方
団体コード 40000-9
ISO 3166-2:JP JP-40
面積 4,986.52km2
(境界未定部分あり)
総人口 5,099,604
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 1,023人/km2
隣接都道府県 佐賀県熊本県大分県山口県
県の木 ツツジ
県の花 ウメ
県の鳥 ウグイス
県の歌 福岡県民の歌「希望の光
福岡県庁
知事 小川洋
法人番号 6000020400009
所在地 812-8577
福岡県福岡市博多区東公園7番7号
北緯33度36分22.4秒東経130度25分5.1秒座標: 北緯33度36分22.4秒 東経130度25分5.1秒
福岡県庁
外部リンク 福岡県
福岡県の位置

福岡県行政区画図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 県内総生産:174,447億円(2000年、全国第9位)
法人番号6000020400009
ウィキポータル 日本の都道府県/福岡県
 表示 ウィキプロジェクト

福岡県(ふくおかけん)は、日本九州地方にある県庁所在地福岡市2017年現在の人口は約511万人で、全国の都道府県中9位である。

地理・地域

九州地方北部に位置し、九州地方の県では最も人口が多い。県庁所在地の福岡市は、九州地方で最大の人口を擁する都市である。福岡市と北九州市の2つの政令指定都市を抱え、いわゆる三大都市圏以外では人口密度が1,000人/km2を超える唯一の県である。

北部は日本海響灘玄界灘)、東部は瀬戸内海周防灘)、筑後地方有明海に面している。県の中心部を筑紫山地が連なっており、筑後川矢部川遠賀川流域、宗像地域、京築地域では平野が広がっており水田地帯が多い。

玄界灘の壱岐や対馬をはさんで大韓民国があり、同国南部の主要都市である釜山までは福岡市から直線距離で200km程度[1] である。また、中国の上海市までは同様に850km程度といずれも東京より近い。これらの事例のように、近隣諸国の主要都市がおおむね1,000km圏内に存在するため、博多港、福岡空港、北九州港、北九州空港などから韓国や中国、台湾などのほか東南アジアの主要都市への航路が多く設定され、これらの地域からの観光客が増加傾向にある。

福岡県の東西南北それぞれの端と、都道府県界の未確定部分に仮の境界線を入れて求めた重心は以下の位置である[2][3]。北端は沖ノ島の割鼻、南端は三池港KMアルミニウムの工場、東端は国道10号国道212号の交差点の南東付近、西端は烏帽子島。また統計局の平成22年国勢調査によると、人口重心は飯塚市の内住にある[4]

重心
北緯33度31分33秒東経130度39分57秒
北端
北緯34度15分00秒東経130度06分43秒
人口重心
北緯33度35分51.5秒東経130度34分32.4秒
西端
北緯33度41分23秒東経129度58分54秒
福岡県庁舎所在地
北緯33度36分23秒東経130度25分05秒
東端
北緯33度33分29秒東経131度11分25秒

南端
北緯33度00分02秒東経130度23分48秒
陸地で隣接
海域を挟んで隣接

歴史

地名の由来

地名「福岡」は、かつて筑前国域を治めていた黒田氏が築城した福岡城[7](福岡城の由来は黒田氏ゆかりの備前福岡岡山県瀬戸内市)に因むという説が有名だが、ゆかりの地としては関係が希薄なため、福崎の丘陵地に築城したため福岡城としたという説もある。)と言われている。

古代

福岡県は中国大陸朝鮮半島に近いという地理的条件の影響を受け、古代より多くの交易または侵略の歴史に富んでいる。

弥生時代稲作が日本で最初に伝来した地といわれている。『魏志倭人伝』によれば現在の福岡市西区・糸島市の辺りに伊都国が存在し、現在の福岡市博多区の辺りに奴国が存在したと伝えられている。奴国については、江戸時代に志賀島の農民により金印が発見され、実在が確認されている。また同書に書かれている中国の皇帝から「親魏倭王」の金印を授かった女王卑弥呼が統治した邪馬台国も福岡県など北部九州に存在したとする説が唱えられているが、これについては近畿地方にあったとする説と真っ向から対立しており、いわゆる「邪馬台国論争」となっており現在も解明されていない(両説に含まれない他地域にあったとする研究者も少なからず存在する)。

天智朝の初め頃(660年代の初め)に、白村江の戦い(はくすきのえのたたかい)に敗れ、新羅の連合軍が来襲するやも知れないとして九州の防備を固めるためや管轄のために大宰府が置かれた[8]大伴旅人山上憶良菅原道真が有名である。

日本の文献に記述される時代になると、筑紫国豊国があったようである。7世紀末に筑紫国は筑前国と筑後国に、豊国は豊前国豊後国に分割された。現在の福岡県の県域は律令制における筑前国・筑後国の全域と、豊前国の一部である。