日本 > 九州地方 > 福岡県 > 糸島郡
福岡県糸島郡の位置

糸島郡(いとしまぐん)は、福岡県にあった

郡域

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 福岡市
    • 西区の一部(概ね今宿青木、今宿上ノ原以西[1]
  • 1.福吉村 2.深江村 3.一貴山村 4.長飯本村 5.加布里村 6.雷山村 7.怡土村 8.周船寺村 11.前原村 12.今宿村 13.今津村 14.元岡村 15.野北村 16.桜井村 17.波多江村 18.小田村 19.可也村 20.小富士村 21.芥屋村(紫:福岡市 桃:糸島市)
    • 明治29年(1896年
    • 明治34年(1901年9月15日 - 前原村が町制施行して前原町となる。(1町18村)
    • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
    • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
    • 昭和6年(1931年)4月1日 - 前原町・加布里村・波多江村が合併し、改めて前原町が発足。(1町16村)
    • 昭和16年(1941年10月15日 - 今宿村が福岡市に編入。(1町15村)
    • 昭和17年(1942年)4月1日 - 今津村が福岡市に編入。(1町14村)
    • 昭和26年(1951年)4月1日 - 桜井村・野北村が合併して桜野村が発足。(1町13村)
    • 昭和30年(1955年
      • 1月1日(1町6村)
        • 可也村・桜野村・小富士村・芥屋村が合併して志摩村が発足。
        • 深江村・一貴山村・福吉村が合併して二丈村が発足。
        • 前原町・雷山村・長糸村が合併し、改めて前原町が発足。
      • 4月1日 - 怡土村が前原町に編入。(1町5村)
    • 昭和36年(1961年)4月1日 - 北崎村・元岡村・周船寺村が福岡市に編入。(1町2村)
    • 昭和40年(1965年)4月1日(3町)
      • 二丈村が町制施行して二丈町となる。
      • 志摩村が町制施行して志摩町となる。
    • 平成4年(1992年10月1日 - 前原町が市制施行して前原市となり、郡より離脱。(2町)
    • 平成22年(

    脚注

    1. ^ 住居表示実施地域の境界は不詳。

    参考文献