.

終止符(しゅうしふ)は、横書き文書での終わりに打たれるである。約物のひとつであり、図に示すようにベースラインen:Baseline (typography))上に置かれる。

英語では、period ピリオド又は full stop フルストップen:full stop)と呼ばれる。アメリカ英語では period が普通であり、イギリス英語では full stop がやや優勢である[1][2][3]

文末を示す

日本語の縦書き文書では文の終わりにもっぱら句点(“。”、マル)が用いられる。横書き文書では句点を用いる流儀と終止符を用いる流儀があるが、普通はいずれか一方に統一され、混用されることはない。なお、横書きの公用文書には、旧文部省の「公用文作成の要領」および旧自治省の「左横書き文書の作成要領」のいずれにおいても句点の使用が正しいとされているため、終止符は用いられない。

日本語ベースで欧文交じりの横書き文書では、句点、終止符の両方が混用される場合があり、その使い分けはその直前の文字種に合わせるといった流儀もある。また、数式や欧文文字をある程度用いる理学系の文書などでは、統一性の観点から終止符に統一しているものも多い。

欧文(ラテン文字キリル文字などで記述された言語による文)ではもっぱら文の終わりに終止符が用いられる。

省略の印

英語など多くの言語で、略語の最後に終止符と同じ点を打つが、イギリスでは単に "Mr", "Dr" などとすることが多い。語の途中の音を略すとき(エリジオン)にはアポストロフィー(’)が用いられる。頭字語でもそれぞれの字の後ろに終止符を打つことがあるが、英語では終止符を打たないことも多い。

  • U.S.A. < United States of America
  • Mr. < Mister
  • rit. < ritardando

数の区切り

日本、中国、英語圏(イギリス、アメリカ)などでは、小数点に終止符を用いる。

ヨーロッパ大陸(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシア)などでは、大きな数の3桁ごとの区切り(千、百万、十億など)に終止符を用いる。例:12.345 (一万二千三百四十五)。空白を用いる場合もある。例:12 345。なお、この場合、小数点にはコンマを用いる。例:1,23 (一二三)。 13.344.556,677 889 92(1334万4千5百5十6六六七 八八九 九二:小数の桁区切りには空白を用いるのが普通)

日時の区切り

日本の道路標識の時間表示

いくつかの国では、年月日の区切りに小数点を用いることがある。日本の「公用文作成の要領」でも、「昭和24. 4. 1」のような書きかたを認めている。

時と分の区切りに:の代わりに終止符を用いることがあり、日本の道路標識ではそのように用いられる。

コンピュータ関係

ファイル名やインターネットホスト名ドメイン名)やIPアドレスなどの区切り記号として用いられ、「ドット」とも呼ばれる。

  • readme.txt
  • www.wikipedia.org
  • 192.168.0.1

縦書きにおける置き換え

日本語では、横書きに終止符を用いる場合であっても、縦書きとするときには終止符は次のように置き換えられる。

  • 文末に終止符を用いる場合でも、句点に置き換えられる。
  • 小数点中黒に置き換えられる。
  • No.などの表現は縦中横に置き換えられることがある。
  • 日本語以外の言語の場合やドメインの区切りなどの場合は、句点のように終止符を文字枠の右上に配置して使用される。

終止符に係る慣用表現

  • 終止符を打つ/ピリオドを打つ - 終わりにする、終わりになる。

終止符を含む語

終止符は前述した例(省略語を示す場合など)を除き文章中に用いられるものであり、固有名詞や単語に含まれることはほとんどないが、日本語において下記の固有名詞の例が存在する。