おだ ゆうじ
織田 裕二
本名 織田 裕二
生年月日 (1967-12-13) 1967年12月13日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
身長 177cm
血液型 A型
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1987年4月25日 -
活動内容 1987年:俳優デビュー
1991年:『東京ラブストーリー
1997年:『踊る大捜査線
1997年-:『世界陸上
2003年:『踊る大捜査線 THE MOVIE2
配偶者 野田 舞子(2010年 - )
事務所 BAC CORPORATION
公式サイト Yuji Oda Official Web Site
主な作品
映画
彼女が水着にきがえたら
踊る大捜査線 THE MOVIE』シリーズ
ホワイトアウト
テレビドラマ
東京ラブストーリー
振り返れば奴がいる
お金がない!
真昼の月
踊る大捜査線』シリーズ
CDシングル
歌えなかったラヴ・ソング
Love Somebody
備考
世界陸上』メインキャスター

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、日本俳優歌手神奈川県川崎市生まれ。BAC CORPORATION所属。身長177cm[1]体重70kg[1]。既婚。

来歴

桐蔭学園小学校・中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属していたが膝を壊して退部。高校時代はDepsという名のバンドを組み、ギターを担当していた(その後、「Deps」というバンド名は、織田自身のファンクラブの名称になっている)。高校卒業後はピッツバーグ大学日本校へ入学するも、俳優の道へ進む。

1987年4月公開の東映映画『湘南爆走族』に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。同時に主役デビューの江口洋介と共演。当時は二輪免許は持っておらず、映画撮影のために取得した。

1989年6月公開の東宝映画『彼女が水着にきがえたら』で主演の原田知世の相手役に起用され、知名度が高まった。

1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。「月9」という言葉もこの作品から生まれた。ただし、人気とは裏腹に織田自身は、ストーリーが進むにつれ、原作と脚本と自分のイメージとのギャップに悩み、結果的には途中放棄といえるくらい演技的に失敗だったと語っている。また、1992年にTBS『あの日の僕をさがして』では民放連ドラで初めて主役の古賀森男役を演じたが、視聴率が芳しくなかっため、失敗作で終わり、「駄目だ。何をしたいかを一所懸命固めなきゃ駄目だ。人から役をもらうだけじゃなくて、こっちから「何をしたい」って言わなきゃ駄目だ。無いんだったら、何か無理矢理でもテーマを作るぞ。そう思った。」と語っている[2]。そのため、以降の作品では企画・脚本作りの段階から作品に関わるという姿勢を強めることになる[3]

2018年、10月スタートのフジテレビ系月9ドラマで、織田裕二と鈴木保奈美が「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演することを報じられた。織田が月9に主演を務めるのは、2008年放送の「太陽と海の教室」以来10年ぶりの出演になる。

1993年、フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』で、石黒賢とダブル主演で出演する。織田演じる司馬、石黒演じる石川の衝突が話題となり、ヒット作となる。

1997年のフジテレビ系ドラマ『踊る大捜査線』は、ドラマ放送終了後のビデオレンタルなどで評判が良く、映画化されて人気を博した。劇場版1作目の『踊る大捜査線 THE MOVIE』は興行収入101億円、観客動員数700万人を記録し、それに続く『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』も、興行収入173.5億円、観客動員数1250万人と、前作を大きく上回るばかりか実写邦画歴代1位(2013年現在)の記録を残し、自身の代表作となった。

2016年11月公開の『映画 ボクの妻と結婚してください。』で4年ぶりに映画主演を務める[4]

歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のシングルレコード「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。1991年2月に発売された『スズキ・セルボ』CMソング「歌えなかったラヴ・ソング」が最高位2位、57.5万枚を記録、自身最大のヒット曲となった。その他ヒットした代表曲には、AGF「マキシムレギュラーコーヒー」・参天製薬「サンテFX」各CMソングの「現在、この瞬間から」(1991年6月、最高位3位、20.7万枚)、映画『お金がない!』の主題歌「OVER THE TROUBLE」(1994年7月、最高位14位、26.4万枚)、『踊る大捜査線』の主題歌「Love Somebody」(1997年1月、最高位9位、47.8万枚)などがある。2005年日本ゴールドディスク大賞・ソング・オブ・ザ・イヤー部門受賞「Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!」(Yuji Oda with Butch Walker名義として)。

しかし、2008年10月15日ベストアルバム『BEST OF BEST 〜20th Anniversary〜』及びライブDVD『YUJI ODA 20th Anniversary Special Live 3920』を同時リリースして以降、目立った音楽活動は見られず、デビュー20周年を記念して立ち上げた歌手としての新プロジェクト「UZ」もシングル「君の瞳に恋してる」をリリース後、活動は見られていない。ライブ活動も同年11月に行われた「CONCERT TOUR『2008』-U-kai3- 〜君の瞳に恋してる〜」を最後に行われていない。

私生活においては長らく独身だったが、2010年8月16日に12歳年下の一般人女性と結婚。2014年10月末には長男が誕生した[5]

人物・エピソード