美郷町ラベンダー園。手前の白いラベンダーは当地作出品種の「美郷雪華」
美郷町ラベンダー園にて(秋田県仙北郡)

美郷町ラベンダー園(みさとちょうラベンダーえん)とは、秋田県仙北郡美郷町千屋字大台野に所在する植物公園で、初夏にはラベンダーが楽しめる。毎年、6月中旬から7月上旬にかけ「ラベンダーまつり」が開催され、案内所が開設されるほか軽食や飲料を販売する店舗が出店する。

概要

 美郷町北部の丘陵地に位置し、約2ヘクタールの園内には、およそ2万株のラベンダーが植えられている。植栽されるラベンダーの種類は、美郷町固有品種である美郷雪華をはじめとして、早咲3号、サキガケ、オカムラサキ、ナナ成沢、ラベンダーについて連携協力協定を締結している、北海道中富良野町から提供を受けたラバンディンなどである。

 千畑のラベンダーは、1988年昭和63年)、千畑町(当時)がふるさと創生事業の一環として9品種3,000本のラベンダーの苗を町内7箇所で試験栽培したのが始まりであり、1991年平成3年)秋には約1ヘクタールの栽培畑を大台野の現在地に造成し、翌1992年(平成4年)春にはオカムラサキを主として1万5,000株が同地に植栽された。その割合はオカムラサキ80%、ヘディテート15%、サキガケ5%であった。

 一般公開は1993年(平成5年)より始まり、1997年(平成9年)には栽培畑を新しく30アール造成し、新たに約3,000株を植栽している。現在の規模・植栽数となったのは、2003年(平成15年)からである。

ラベンダーまつり

「ラベンダーまつり」として、毎年、6月中旬から7月上旬にかけて開園される。入場は無料で、期間中は午前9時から午後5時まで開園される。開園期間中は、ラベンダーアイスクリームや各種ラベンダー関連商品、地元特産品等の販売のほか、摘み取り体験(有料)などのイベントが催される。また、土曜日日曜日にはラベンダー園を一周するバス「こぐまちゃん号」が運行される。期間中、地元牛消費拡大キャンペーンの一環として「美郷べごっこまつり」が開催される。

 なお、ラベンダーまつりの開園時間は午前9時から午後5時までであるが、これは案内所や出店(でみせ)、摘み取り体験の開場時間であり、ラベンダー園の散策については、大台野公園内であるため時間外であっても可能である。

周辺環境

隣接してピクニック用の「芝生広場」や子供用遊具の備えられた「冒険広場」などがあり、グラウンドゴルフ場、パークマレットゴルフ場、全面サッカー場からなる大台野広場となっている。

アクセス