老中(ろうじゅう)は、江戸幕府の役職のひとつ。複数名がその職にあって月番制で政務を執った。名称は三河時代の徳川家でその家政を司った宿老年寄(としより)に由来する。年寄りを「老」一字で表し、これに「〜の仲間一同」を意味する「中」(連中、氏子中、長屋中などに同じ)がついたものである。

老中の任用要件は、当初は家禄が2万5000石以上の譜代大名であることだった。しかしこの要件は薄禄の大名を排除するためのものではなく、家禄が要件に満たなくても譜代大名であれば才能次第で老中格(ろうじゅうかく)に登用される道が開かれていた。老中格は文字どおり老中より一段格が落ちるが、その職掌や責任はほとんど老中のそれと比べても遜色がないものだった。

なお諸藩では通常藩政を統括する者のことを家老といったが、藩によってはこれを老中と呼ぶところもあった。

沿革

幕府では、寛永11年(1634年)に六人衆(後の若年寄に相当)が置かれ、慶安2年(1649年)に六人衆が廃止され、その職掌があわせられたが、寛文2年(1662年)に再び若年寄が設置され、将軍家の家政については分掌された。『徳川実紀』には、宿老とも書かれている。当初、老中は年寄衆と呼ばれていたということで、旗本の間では年寄衆という呼称で定着した。

幕府の老中は、大目付町奉行遠国奉行駿府城代などを指揮監督し、朝廷公家大名寺社に関する事柄、知行割りについてなどを統轄した。定員は4人から5人で、普段の業務は月番制で毎月1人が担当し、江戸城本丸御殿にあった御用部屋と呼ばれる部屋を詰め所・執務室とし、重大な事柄については合議した。また、外部に漏れてはいけない重要なことを話し合う時には盗聴(当時は盗聴器はないので床下や天井裏、外からの盗み聞き)をされないよう、更に文書として証拠も残らない最善策として御用部屋に置かれていた囲炉裏の灰の上に筆談をした。実際には担当ではない者も月番の者と同じように、重要な事柄を合議・処理をしたりしていた。また、諸大名の統治も職務としており将軍の命令を老中奉書で大名に下達した。担当大名と幕府の間を事前に調整・指導して取り持つ取次の老中と呼ばれる立場のものもいた。

将軍を首相に喩え、老中を閣僚と看做すような比喩があるが、上記の通り実際にはかなり異なる。老中は政務全般を担当し、月番交代ないし協議しており、現在の閣僚のような政務の分掌は行っていない。江戸幕府の制度では政務の分掌は各奉行レベルによってなされた。しかし、後に1人を老中首座とも呼ばれる勝手掛老中として財政を専任させ、老中の筆頭として政治を行った。この他、時によって西の丸老中を置いた。西の丸老中は幕政には関与せず、もっぱら西の丸に居住する大御所や将軍嗣子の家政を総括していた。慶応3年(1867年)に幕末の幕政改革で月番制を廃止し、国内事務・会計・外国事務・陸軍・海軍の5人の総裁がそれぞれ専任する体制となり、現在の閣僚のような政務の分掌が行われた。

老中になるためには、通常5万石以上の譜代大名という規定があった。しかし例外もあり、3万石以下の大名でも老中格から老中になる例もあった。また、実際に役職に就くのは不可能である外様大名でも、願い譜代(外様から譜代扱いにしてもらうこと)の大名もおり、おおむね側用人京都所司代大坂城代など将軍直属の役職からなる大名が多かった。

大坂城代に任じられた大名は、それまで官位が従五位であった者は従四位下に昇任するのが通例である。さらに、京都所司代か老中に任じられると従四位下・侍従に昇任するのが通例であった。なお、従四位下以上は天皇への謁見ができる。

老中と同じ官名(○○守、○○大輔など)は、自主的に避けられた。新たな老中が就任すると、同じ官名の大廊下詰め大広間詰め溜間詰め以外の大名や旗本は自主的に官名を変更したのである。老中が老中に話しかける時は、相手の官名に「殿」を付けて呼んだ。

執務時間は約4時間程度だったと言う。一般的には老中は午前10時ごろ江戸城に登城、午後2時ごろに退出した。また、老中に就任すると、西之丸下(現在の皇居外苑)に屋敷替えになることが多かった。

勝手掛老中

勝手掛老中が設置されたのは延宝8年(1680年)のことで、5代将軍徳川綱吉堀田正俊に農政・財政などの経済部門を専管させたのが始まりであった。しかし、堀田が貞享元年(1684年)に死んだ後、徳川吉宗が8代将軍に就任し勘定所機構の改革に着手した享保期までこの職に任命される者はいなかった。

吉宗政権下で最初に勝手掛老中に任命されたのは水野忠之で、享保7年(1722年)5月15日に就任してから老中を退任する享保15年(1730年)まで、財政再建のため年貢増徴と新田開発の2つの政策を推進した。水野の退任後、再び空席となったが、元文2年(1737年)6月14日に松平乗邑が勝手掛老中に就任。「金穀の出納を掌るべき旨仰をかうぶ」ることになった乗邑は農財政の全てを管掌することになり、関東地方御用掛の職を務めていた大岡忠相も「月番の無構(かまいなく)」(老中の月番に関わりなく)農政に関することは全て乗邑に報告するよう指示された[1]

老中支配

天保11年(1840年)の「武鑑」によれば、老中の支配は田安家一橋家清水家、家老衆、御側衆高家衆、留守居大番頭、大目付、町奉行、勘定奉行関東郡代勘定吟味役作事奉行普請奉行、小普請組支配、旗奉行槍奉行、留守居番、交代寄合衆、表高家衆、美濃郡代、遠国役人であった。

歴代の幕府の老中

徳川家康時代