肥前国
地図 令制国 肥前国.svg
-肥前国
-西海道
別称 肥州(ひしゅう)[1]
所属 西海道
相当領域 佐賀県長崎県対馬市壱岐市除く)
諸元
国力 上国
距離 遠国
11郡44郷
国内主要施設
肥前国府 佐賀県佐賀市肥前国庁跡
肥前国分寺 佐賀県佐賀市
肥前国分尼寺 佐賀県佐賀市
一宮 與止日女神社(佐賀県佐賀市)
千栗八幡宮(佐賀県三養基郡みやき町
テンプレートを表示

肥前国(ひぜんのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。

沿革

国(のくに)、後ののくに)の分割によって7世紀末までに成立した。肥後国が『続日本紀』に初めて見える持統天皇10年(696年)までのどの時点かに、肥前国と肥後国との分割があったと推定される。

肥前国風土記』は、全国で5つだけの、ほぼ完全な形で残る風土記の1つである。

室町時代末期にポルトガルスペインの宣教師が相次いで来訪してからは西洋の窓口の一つとなり、天正少年使節団を出すなどした。

近世以降の沿革