西日本新聞
Nishinippon-shinbunBLDG.jpg
西日本新聞会館
(福岡市中央区天神)
低層階は大丸福岡天神店本館
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社西日本新聞社
本社 〒810-8721福岡県福岡市中央区天神1-4-1
代表者 柴田建哉(代表取締役社長)
創刊 1877年
前身 筑紫新聞(1877年-1880年)
めさまし新聞(1877年-1880年)
福岡日日新聞(1880年-1942年)
九州日報(1887年-1942年)
言語 日本語
価格 1部 (朝刊)140円
(夕刊)50円
月極 (朝夕刊セット)4,037円
(統合版)3,093円
発行数 (朝刊)60万9645部
(夕刊)6万7274部
(2018年5月、日本ABC協会調べ[1]
テンプレートを表示

西日本新聞(にしにっぽんしんぶん)は、株式会社西日本新聞社が発行している日刊新聞である。ブロック紙北海道新聞中日新聞東京新聞)と共にブロック紙3社連合を結成している。

概要

本社のある福岡県の他、佐賀県長崎県大分県熊本県の、北部・中部九州5県で販売されているが、福岡以外の県ではそれぞれの県紙に販売シェアで圧倒されている。発行部数は、朝刊が61万913部、夕刊が6万9727部(2017年9月)[PR 1]


九州各県での朝刊発行部数
2017年4月 発行部数
福岡都市圏版 302,836
北九州版 46,571
筑後版 117,460
筑豊版 37,593
佐賀県版 43,881
長崎北版 28,328
長崎南版 29,565
熊本県版 15,635
大分県版 14,812
南九州版 発行終了


福岡県のみ朝夕刊セット、その他の地域は朝刊(統合版)のみ発行されている。又、佐賀県でも、佐賀市中心部と鳥栖市、三養基郡基山町で、夕刊が配達される地域が存在する(JR佐賀駅鳥栖駅新鳥栖駅及び唐津駅の構内コンビニファミリーマート」では夕刊も販売されている)。尚、佐賀県版、長崎県版、及び北九州版では、朝刊1面題字の日付下に「佐賀」「長崎」「北九州」と表記されている。

過去には山口県宮崎県鹿児島県沖縄県でも販売されていた。山口県内では、本紙と中国新聞とでエリアが重複し、競合していた。ブロック紙同士の競合は全国でもここだけであったが[注 1]2009年3月10日本紙の社会面で「3月31日付を以って、山口県内での西日本新聞及び西日本スポーツの発行を取りやめる」事を掲載し、同年3月31日を以て山口県内での発行を打ち切り、山口市下関市にあった支局も閉鎖した。またその後、沖縄県向けの発行も打ち切り[注 2]、同年7月末には那覇支局を閉鎖した[注 3]

一方、地元で在り乍ら、永らく大手全国紙(毎日新聞・朝日新聞読売新聞日本経済新聞)の勢力が強く、手薄に成っていた北九州地域の取材力・販売の強化を図る為、北九州支社の本社昇格と共に、北九州地域向け紙面は、1面を独自紙面化した。

一方、以下の通り、夕刊を大胆に刷新した(当初は土曜日付のみ、其の後、平日にも拡大)。

  • 全国の有力紙では初めて1面を4分割
  • 題字を横組みに変更

また、宮崎県・鹿児島県では、地元紙や他の全国紙よりも、発行部数が少なかった為、2010年から宮崎・鹿児島両県の県域地方版を統合して「南九州ワイド版」に、番組表も両県同一の内容に再編したが、2018年3月31日を以て、両県での発行を打ち切り(西日本スポーツも同様)、延岡市薩摩川内市にある支局も閉鎖された[2]

歴史

ここでは新聞そのものの歴史を述べる。社史に係る部分はこちらを参照。