西野 皓三(にしの こうぞう、1926年 - )は、西野バレエ団の創始者で西野流呼吸法・西野塾主催者。

大阪府生まれ。大阪市立医専(現 大阪市立大学医学部)在学中、宝塚歌劇団男子部に2期生として入団。本格的なバレエを習得するために東京の東勇作バレエ団に「内地特別留学生」として宝塚に籍を置きながら1年間派遣され、その後は宝塚歌劇団宝塚音楽学校バレエ教師として教えるかたわら振付を担当。1951年ニューヨークのメトロポリタン・オペラ・バレエスクールに留学。1953年西野バレエ団結成。日本各地で古典バレエからコンテンポラリー作品まで数多くの作品を上演しその構成・演出・振付を行う。同時にバレエ評論家として読売・朝日・毎日など各新聞紙上にバレエ評を執筆。

1958年から読売テレビのテレビバレエ番組『バレエ・オムニバス』、その後『エビオス・バレエ劇場』の構成・振付を担当。1964年からNHK『歌のグランド・ショー』の企画・作・構成。1967年より日本テレビ『レ・ガールズ』の企画・作・構成など数多くのテレビ番組を手がける。松竹・西野バレエ団提携作品映画も複数手掛ける。 1969年ブラジル国際音楽祭にプロデューサーとして出席。1971年よりチリ国際音楽祭に審査員として連続出場。1971年IMIC国際音楽会議出席。

1975年50歳にして合気道入門。合気道本部にて道主植芝吉祥丸に師事。合気道師範。合気会評議員となる。1981年大気拳師範澤井健一に師事。中国拳法師範となる。

大阪国際女子大学客員教授・大阪市立大学大学院医学研究科客員研究員を歴任。

西野バレエ団

1953年に結成。大阪・帝塚山に活動拠点を置いた。1954年西野バレエ団旗揚げ公演にて『ジゼル』(全曲)『若者と死』、『胡桃割り人形』を上演。

当初はその名が示すとおりバレエダンサーの育成が中心だったが、1960年代以後のテレビブームが引き金となってテレビ番組に進出、これを機に活動の場を東京へ移した。こうして金井克子岸ユキ原田糸子由美かおる奈美悦子江美早苗志麻ゆき(後の四角佳子)、麻田ルミ、などを輩出した。中でも、金井、原田、由美、奈美、江美は、バレエ団内のユニット「レ・ガールズ」として活躍した。

現在バレエ公演はほとんど行われておらず、芸能プロダクション、西野流呼吸法普及のための活動が中心となっている。

主な著書

  • 『西野流呼吸法』(講談社)
  • 『気の発見』(祥伝社)
  • 『“気”知的身体の創造』(講談社)
  • 『気の奥義』(祥伝社)
  • 『細胞で考える』(元クレスト社)
  • 『「気」の贈りもの』(求龍堂)
  • 『西野流「気」・身体知で人生に克つ』(講談社)
  • 『身体知の誕生・七つの法則』(小学館)
  • 『生命力を育てる』(元クレスト社)
  • 『人生は「呼吸」で決まる』(実業之日本社)
  • 『生きる力は呼吸で決まる』(実業之日本社)
  • 『生命エネルギーを高める 西野流呼吸法』(三笠書房)
  • 『生きるパワー 西野流呼吸法』(ちくま文庫)
  • 『西野流呼吸法 生命エネルギーの躍動』(講談社)
  • 『呼吸力を鍛える 西野流呼吸法』(PHP研究所)
  • 『西野流呼吸法 自己エネルギー昂揚』(学習研究社)
  • 『西野流呼吸法 生命エネルギー「気」の真髄』(講談社+α文庫)
  • (共著)西野流呼吸法. 有田秀穂編『呼吸の事典』(朝倉書店)pp678-697(2006)