越前国
地図 令制国 越前国.svg
-越前国
-北陸道
別称 越州(えつしゅう)[注釈 1]
所属 北陸道
相当領域 福井県嶺北地方(岐阜県北西部含む)・敦賀市[注釈 2]
諸元
国力 大国
距離 中国
6郡55郷
国内主要施設
越前国府 福井県越前市
越前国分寺 (未詳)
越前国分尼寺 (未詳)
一宮 氣比神宮(福井県敦賀市
テンプレートを表示

越前国(えちぜんのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。北陸道に属する。

沿革

7世紀末の689年-692年(持統3-6年)頃高志国こしのくに)が高志道前・高志道中・高志道後の3国に分割されたと想像されている。その後、高志前・高志中・高志後の表記を経て、大宝律令制定後の国印製作時に越前越中越後の表記に定まったと推定されている。 3国に分割された時の「越前国」の領域は、現在の石川県と、福井県の北部を含み、後の敦賀郡丹生郡足羽郡大野郡坂井郡江沼郡加賀郡羽咋郡能登郡鳳至郡珠洲郡の十一郡にわたる広大な面積であった。

養老2年(718年5月2日に、現在の石川県北部にあたる羽咋郡、能登郡、鳳至郡、珠洲郡の四郡を能登国として分立させた。

弘仁14年(823年3月1日に、現在の石川県南部にあたる加賀郡と江沼郡を割いて加賀国を建てた。これ以後領域に変更はなく、現在の福井県のうち南部 (若狭国)を除く部分を範囲とした。残った郡の編成には以後も変遷がある。7世紀末の越国からは五分割、8世紀初頭の越前国からは三分割されたことにおなるが、それでも残った越前国は延喜式による等級で北陸道唯一の大国に区分された。

京都奈良をうかがうのに近すぎず遠すぎずの大国でもあり、古来、この地に拠って天下を争い、滅んだ武将が少なくない。新田義貞朝倉義景柴田勝家が挙げられ、主将としてではないが大谷吉継、この地を再起の拠点として逃れる途上で殺された藤原仲麻呂などもこれに準じる。明智光秀も、一時期同国の住人であった。 継体天皇は、越前国から大和へ迎えられたとされ、万葉歌人としてよく知られる志貴皇子(天智天皇皇子)の母「越道君伊羅都売」もこの国の出自と考えられている。他に、直接天下取りに動いたわけではないが、徳川家康の次男であり英邁をうたわれながら弟の徳川秀忠に後継を譲らざるを得なかった結城秀康も、この地の領主として後半生を送った。米の産地として播磨国と「一播二越」(いちばんにえち)と称された[1]

近世以降の沿革