長谷川 太郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 タロウ
カタカナ ハセガワ タロウ
ラテン文字 HASEGAWA Taro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-08-17) 1979年8月17日(39歳)
出身地 東京都足立区
身長 167cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 東京ユナイテッドFC
ポジション FW
背番号 33
利き足
ユース
1992-1994 柏レイソルジュニアユース
1995-1997 柏レイソルユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2001 柏レイソル 19 (1)
2002 アルビレックス新潟 (loan) 12 (0)
2003-2007 ヴァンフォーレ甲府 84 (23)
2007 徳島ヴォルティス (loan) 23 (2)
2008 横浜FC 14 (0)
2009-2010 NW北九州/北九州 52 (9)
2011-2013 浦安JSC/SC浦安
2014 モハメダンSC英語版
2015- LB東京/東京U
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

長谷川 太郎(はせがわ たろう、1979年8月17日 - )は、東京都出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFW

来歴

柏レイソルユースから1998年にトップチームに昇格。ナビスコカップで得点を挙げるもののリーグ戦では4年間で1得点を挙げるに留まり、2002年アルビレックス新潟期限付き移籍[1]

2003年ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍[2] するも活躍できずにいた。しかし半年契約の最後のチャンスとして出場した2004年6月24日コンサドーレ札幌戦において決勝ゴールを挙げると一転契約延長となり、この年は17試合で3得点を挙げ、翌年の活躍に繋がることとなる。2005年シーズンにバレー石原克哉と3トップを築き、大ブレーク。J2でサガン鳥栖新居辰基とともに日本人ではトップとなる17得点を挙げ、昇格の立役者となった。2006年にJ1で3得点を挙げるも宇留野純茂原岳人などの加入でFW層が厚くなった甲府での出番が激減し、2007年7月に完全移籍で甲府へ加入した羽地登志晃と交換する形で徳島ヴォルティスへのレンタル移籍[3]

横浜FCを経て、2009年から2010年までギラヴァンツ北九州(2009年はニューウェーブ北九州)でプレーした。

2011年、浦安JSC/SC浦安(現:ブリオベッカ浦安)に移籍。2014年1月、海外移籍を目指し浦安を退団した[4]

2014年はインドIリーグ1部のモハメダンSC英語版に所属していた。

2014年12月31日自身のブログにて引退発表[5]

2015年にLB-BRB TOKYOでプレーイングコーチとして現役に復帰した[6]

所属クラブ