食品(しょくひん、食べ物、: Lebensmittel: alimentum)は、人間食事摂取する[1]最初の食品は母乳[1]地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカン缶詰が挙げられる。[1]

食品と同義であり明確な線引はないが、肉類野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。

人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。

生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。

主要な食品

以下は日々の食事の材料として使われる代表的な食品である。

生鮮食品

原則として何等加工が加えられていない天然の食材・食品であり、採取されたときの状態で流通している。

動物性食品