1992年(1992 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる閏年平成4年。

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。

他の紀年法

※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー

できごと

1月

2月

3月

  • 3月15日 - 国連カンボジア行政機構(UNTAC)発足。

4月

5月

6月

7月

8月

9月

  • 9月13日 - イタリア政府が自国通貨リラを7%切り下げると発表。

10月

11月

12月

芸術・文化・ファッション

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 5月2日 - 「零日(デイ・ゼロ)」。アイダホ州の民間企業において、ジョン・デルガーノ少佐による時間旅行時に事故が発生。その数時間後、ボネウィル粒子加速研究機関にて原因不明の爆発が発生し、その被害区域に実戦配置状態のMIRVミサイルが存在したことから、地球の生物圏の変化などを伴う世界的な大破壊へと発展する。(小説『故郷へ歩いた男英語版』)[3]
  • NASAの宇宙船「フレズノ」の着陸艇によって、4名の着陸隊が火星ヘラス盆地に降り立ち、20年前に無人探査機が発見した生命体の調査を行う。その後、地震や砂塵によって着陸隊のうち3名が死亡し、ブラッドリイ・レナルズのみが生還する。(小説『もし星が神ならば』)[4]

脚注

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ ブトロス・ブトロス=ガーリ”. 国連広報センター. 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ Elaine Thompson”. IAAF. 2016年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  3. ^ ジェイムズ・ディプトリー・ジュニア 『故郷から10000光年』 早川書房1991年、256・257・276・277頁。ISBN 978-4-15-010924-0
  4. ^ グレゴリイ・ベンフォードゴードン・エクランド 『もし星が神ならば』 早川書房、1988年、9 - 50・79頁。ISBN 978-4-15-010802-1

関連項目