2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦
大会種: 世界フィギュアスケート国別対抗戦
シーズン: 2012 - 2013
日程: 4月11日 - 4月14日
開催地: 日本の旗 東京
会場: 国立代々木競技場 第一体育館
賞金総額: 1,000,000米ドル[注 1]
優勝チーム
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マックス・アーロン
ジェレミー・アボット
アシュリー・ワグナー
グレイシー・ゴールド
マリッサ・キャステリ/サイモン・シュナピア
マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ
優勝者
男子シングル:
日本の旗 高橋大輔
女子シングル:
日本の旗 鈴木明子
ペア:
ロシアの旗 タチアナ・ボロソジャル
ロシアの旗 マキシム・トランコフ
アイスダンス:
アメリカ合衆国の旗 マディソン・チョック
アメリカ合衆国の旗 エヴァン・ベイツ
大会情報
前回大会:
2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦
次回大会:
2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦

2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦 (英語: ISU World Team Trophy 2013) は、2013年日本で開催されたフィギュアスケートの国際競技会。他の大会と異なり、個人ではなく参加国の総合順位を競うことを主目的とした大会である。国別の団体戦は、2014年ソチオリンピックよりオリンピックの正式種目となることが決定している。

概要

2012-2013年シーズンに開催された第3回世界フィギュアスケート国別対抗戦。2013年4月11日から14日にかけて、東京都国立代々木競技場で行われる。各国所属選手の当該シーズンの成績により6ヶ国(開催国の日本を含む)が選出され、男女シングルは2名ずつ、ペアアイスダンスは1組ずつ選手が参加する。

日本選手は男子シングルに無良崇人髙橋大輔、女子シングルに浅田真央鈴木明子、アイスダンスにキャシー・リード/クリス・リード組が出場し、髙橋大輔がチームのキャプテンを務める[1]。ペアからの出場は見送られた。

出場国選考結果

2012/2013 ISUグランプリシリーズ2012/2013 ISUグランプリファイナル2013年四大陸フィギュアスケート選手権2013年世界フィギュアスケート選手権等の主要大会で各国の選手が獲得したポイントを合計し、上位6ヶ国が代表となった。

選出順位 選出得点
1 7824 カナダの旗 カナダ
2 7156 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 6,823 日本の旗 日本
4 6,648 ロシアの旗 ロシア
5 4,826 フランスの旗 フランス
6 4,702 中華人民共和国の旗 中国
以下本大会に進めず
7 3,982 イタリアの旗 イタリア
8 3,251 ドイツの旗 ドイツ
以下略

出場選手一覧

出場選手は、各国のフィギュアスケート統括団体が2013年世界選手権の成績や世界ランキング等を考慮し、以下の通り決定した。

男子シングル 女子シングル ペア アイスダンス
カナダの旗 カナダ パトリック・チャン
ケヴィン・レイノルズ
ガブリエル・デールマン
ケイトリン・オズモンド
メーガン・デュハメル /
エリック・ラドフォード
ケイトリン・ウィーバー /
アンドリュー・ポジェ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マックス・アーロン
ジェレミー・アボット
グレイシー・ゴールド
アシュリー・ワグナー
マリッサ・キャステリ /
サイモン・シュナピア
マディソン・チョック /
エヴァン・ベイツ
日本の旗 日本 無良崇人
髙橋大輔
浅田真央
鈴木明子
- キャシー・リード /
クリス・リード
ロシアの旗 ロシア マキシム・コフトゥン
コンスタンチン・メンショフ
アデリナ・ソトニコワ
エリザベータ・トゥクタミシェワ
タチアナ・ボロソジャル /
マキシム・トランコフ
クセニヤ・モンコ /
キリル・ハリャヴィン
フランスの旗 フランス ブライアン・ジュベール
ロマン・ポンサール
レナエル・ギルロン=ゴリー
マエ=ベレニス・メイテ
ヴァネッサ・ジェームス /
モルガン・シプレ
ペルネル・キャロン /
ロイド・ジョーンズ
中華人民共和国の旗 中国 閻涵
王一
李子君
張可欣
彭程 /
張昊
于小洋 /
王晨

上記の他、エキシビションにのみ以下の選手が出演した[2]

国際スケート連盟招待枠

開催国招待枠