2013年兵庫県知事選挙
兵庫県
2009年 ←
2013年7月21日 (2013-07-21)
→ 2017年

投票率 53.47%
  Ido Toshizo 1-1.jpg Gray - replace this image male.svg
候補者 井戸敏三 田中耕太郎
政党 無所属 無所属
得票数 1,684,146 627,874
得票率 72.84% 27.16%

選挙前知事

井戸敏三
無所属

選出知事

井戸敏三
無所属

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

2013年兵庫県知事選挙(2013ねんひょうごけんちじせんきょ)は、2013年平成25年)7月21日に投開票が行われた兵庫県知事を選出するための選挙

概要

2013年兵庫県知事選挙の立候補者のポスター

現職の井戸敏三の任期満了に伴う知事選挙。現職の井戸が4期目を目指し無所属で立候補したのに対し、共産党が推薦する田中耕太郎が前回の知事選に続いて立候補し、前回と同じ顔触れによる一騎討ちとなった[1]。主な争点には、4期目を目指す井戸の多選の是非や県財政改革、災害対策など[2]。尚、同日には国政選挙である第23回参議院議員通常選挙も執行された[3]

現職の井戸には政権与党である自民党、その自民党と連立政権を組む公明党野党である民主党、更には社民党からの支援もあり、結果的に各党が井戸に相乗りする構図となった。公明党と社民党は党本部単位で推薦する一方で、自民党と民主党は4選以上を目指す首長に対して党本部単位での推薦をしないという両党の内規により県本部単位での推薦に留めた。[4][5][6][2]

その中で国政選挙での躍進により存在感を示していた日本維新の会は独自候補擁立を目指した[7]道州制実施を始めとした同党が進める主張を悉く現職の井戸が批判するなど同党と井戸の関係が拗れている中で、この状況を打破するために関西広域連合の会長でもある井戸への対立候補を擁立する意向であった[8]。しかし、伊丹・宝塚両市長選で同党公認候補が惨敗し勢いに陰りが見え始めたことや、同党共同代表の橋下徹旧日本軍の従軍慰安婦を巡る発言などで同党支持率が低下したことなどから候補選考が難航。これに加え、同党新人候補を同県選挙区に擁立する同日執行の参院選に集中した方が良いという声が同党内から挙がったこともあり、最終的に独自候補擁立を断念した[9]

共産党は同党県委員会などが加盟する「憲法が輝く兵庫県政をつくる会」代表幹事を務める田中を前回の知事選に続いて無所属で擁立し推薦した[10]。この他、民主党の支持団体である連合兵庫を始め、県医師連や県市長会などの各団体が井戸に出馬要請を行い推薦した[11][12]

選挙データ

告示日