台風第26号(Wipha、ウィパー)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
NASAによる衛星画像(10月13日)
NASAによる衛星画像(10月13日)
発生期間 2013年10月11日 3:00
- 10月16日 15:00(JST
寿命 5日12時間
最低気圧 930hPa
最大風速
(日気象庁解析)
45m/s(90kt)
最大風速
米海軍解析)
115kt
平均速度 28.9km/時
694km/日
移動距離 3,820km
死傷者数 死者40人
行方不明者3人
(2014年1月15日10時00分現在)[1]
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成25年台風第26号(へいせい25ねんたいふうだい26ごう、アジア名:ウィパー〔Wipha、命名国:タイ、意味:女性の名前〕)は、2013年10月11日3時(日本時間、以下同様)に発生し、10月16日に関東地方に接近した台風である。この台風の影響で、伊豆諸島伊豆大島で記録的な大雨となり、土石流により甚大な被害が発生した。これを指して伊豆大島土砂災害とも呼ばれる[2][3]

台風の動き

10月11日4時にマリアナ諸島付近で発生し、北西に進みながら発達。勢力を保ったまま進路を東寄りに変え、速度を速めながら北上。16日の明け方に伊豆諸島北部を通過、午前中に房総半島東岸をかすめ、15時に三陸沖温帯低気圧に変わった。温帯低気圧に変わったあとも、北海道をはじめとした地域に影響をもたらした。

気象庁は15日午後より、関東地方に接近・上陸する台風としては10年に一度の強い勢力として警戒を呼びかけた[4]

進路の経過

台風の進路