2013年広島県知事選挙
広島県
2009年 ←
2013年11月10日 (2013-11-10)
→ 2017年

 
候補者 湯崎英彦 大西理
政党 無所属 無所属

選挙前知事

湯崎英彦
無所属

選出知事

湯崎英彦
無所属

2013年広島県知事選挙(2013ねんひろしまけんちじせんきょ)は、2013年平成25年)11月10日に投開票が行われた広島県知事を選出するための選挙である。

概要

現職の湯崎英彦の任期満了に伴う知事選挙。その湯崎が再選を目指し無所属で立候補したのに対し、共産党県委員会常任委員の大西理が共産党推薦の無所属で立候補し、2氏による一騎討ちとなった[1]。主な争点は、1期4年の湯崎県政への評価など。

前回の知事選で県議会内会派のねじれから党内での内部紛争が勃発し分裂選挙となった経験がある政権与党自由民主党は、今回の知事選では湯崎への推薦という形で落ち着いた[2][3]。県議会内にある自民党系の5会派の内、前回知事選で湯崎を支援した県議会最大勢力の自民会議と第6勢力の自民党良政会、第9勢力の前進は、湯崎の再選に向けた立候補について歓迎し湯崎支援の姿勢を見せる[4]。その一方で、前回知事選で湯崎を支援せず対立候補を送り込んだ第3勢力の自民党議員会は[2]、湯崎とは相変わらず距離を置いており、この中には湯崎への支援を見送る県議もおり[5]、党としては前回の知事選からのしこりも残った。

前年の衆院選野党に転落し、党勢の失速に歯止めがかからない民主党は、前回の知事選で支援した湯崎の推薦を決めた。同党の県議会会派の民主県政会や支持母体の連合広島も同様に支援・推薦を決めている[4]

更に、自民党と連立政権を形成している公明党も湯崎の推薦を決め[6]、現職に与野党3党が相乗りする形となった[5]

一方、野党日本維新の会日本共産党は独自候補擁立に向けて動きを強めていた[2]。まず、共産党が党独自候補として同党県委員会常任委員の大西を無所属で擁立し、推薦することを決めた[7]。維新も同様に独自候補擁立を目指し人選を進めていたが、立候補を要請した3人に断られ人選が難航した上、9月に行われた堺市長選で同党傘下の政治団体大阪維新の会」の新人候補が現職に敗れるなど党勢の失速が響き、最終的に擁立を見送り、自主投票を決めた[8]

また、この他の野党、みんなの党社民党も自主投票[5]。現職の湯崎からの推薦要請があれば前向きに検討する意向であった生活の党は、当の湯崎からの推薦要請が無かった為、自主投票としている[2][5]

選挙データ

告示日