2013年静岡県知事選挙
静岡県
2009年 ←
2013年6月16日 (2013-06-16)
→ 2017年

投票率 49.49%
  Heita Kawakatsu cropped 2 Heita Kawakatsu 20140831.jpg Gray - replace this image male.svg Gray - replace this image male.svg
候補者 川勝平太 広瀬一郎 島津幸広
政党 無所属 無所属 共産党
得票数 1,080,609 345,617 61,980
得票率 72.61% 23.22% 4.16%

選挙前知事

川勝平太
無所属

選出知事

川勝平太
無所属

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

2013年静岡県知事選挙(2013ねんしずおかけんちじせんきょ)は、2013年平成25年)6月16日に投開票が行われた静岡県知事を選出するための選挙

概要

現職の川勝平太の任期満了に伴う知事選挙。その川勝が2期目を目指し無所属で立候補したのに対し、共産党が公認する共産党県副委員長の島津幸広政権与党自民党が支援する多摩大学大学院教授などを歴任した実業家広瀬一郎が立候補し、3氏による三つ巴の争いとなった。

主な争点は、福島第一原子力発電所事故などを受けた浜岡原発の再稼働の可否と現職が掲げる再稼働に関する住民投票の実施の可否、1期4年の川勝県政への実績の評価など。

各政党・団体の動向

自由民主党

先の衆院選で大勝し政権与党となった自民党は、2月中旬から県連幹部が同党からの候補擁立を模索し、現職の国会議員など十数人に出馬を打診したが、悉く固辞され人選は難航した[1]。そんな中で、ようやく3月上旬に入り感触を得たのが多摩大学大学院教授を務めていた広瀬であった[1]。その後、広瀬は親族などに出馬の自制を求められたが説得し、告示まで2か月を切った4月8日、ようやく広瀬の党からの擁立が決定した[1]

その後、自民県連は広瀬への党本部推薦を上申し返答を待った[2]。しかし、ここで党本部推薦に異議を唱えたのが静岡県内で企業経営する財界トップの有志らであった。その有志らは自ら自民党本部を訪れ、現職の川勝に失政がなく知事を交代する理由がない、県に政党間の争いを持ち込むべきではないなどとして広瀬の推薦を見送るように要請するという異例の展開となった[3]。その後、このことに危機感を抱いた自民県連は、再度党本部への広瀬推薦を求めた[4]。更に、広瀬自らも自民党本部に出向くなどした[5]が、最終的に自民党本部は広瀬の「推薦」を見送り、「支持」とすることを表明した[6]

民主党

前回の選挙戦で現職の川勝を推薦していた民主党は、川勝が今回の選挙戦で推薦などを求めない「県民党」の立場で臨むことを表明した[7]ため、県連や党本部として特に推薦や支持をしなかったが、選挙戦では県内選出の衆議院議員民主党幹事長細野豪志渡辺周などが川勝の応援演説に駆け付けるなど今回の選挙でも川勝の支援を強めている[8]。尚、川勝は県議会の民主系会派には自ら支援を要請している[9]

公明党

自民党と自公政権を組んでいる公明党は、自民党県連から広瀬の推薦を要請された[10]が党本部として意見がまとまらず、広瀬を推薦せずに自主投票とすることを表明した[10]。その後、党本部も県本部の意思を尊重する形で自主投票を決定した[11]

日本共産党

共産党は、党公認候補として党県副委員長を務めている島津を擁立した[12]

日本維新の会

第三極勢力として国政にも影響を与えている日本維新の会は、県総支部で広瀬を推す声が大勢を占め、党本部に広瀬の推薦を上申した[2]。しかし、自民党が広瀬の「推薦」を見送り「支持」としたことで、広瀬の推薦について自民党本部の推薦があることを前提としていた県総支部は一転して広瀬の推薦を取り消し、自主投票とすることを表明した[13]

みんなの党

みんなの党は、各候補者から公認や推薦の申請がなかったとして、自主投票とすることを決定した[14]

その他の政党・政治団体

党の基本方針として脱原発を掲げる政治団体緑の党は、勝手連として川勝の支援を決めた[15]

連合静岡

前回の知事選では川勝の勝利に大きく貢献していた連合静岡は、川勝が「県民党」を掲げ、各政党などに推薦を求めなかったことで、今回の知事選では川勝を支援することに留めた[16]

その他の団体

医師連と県JAグループは、広瀬の推薦を決めている[17]


この他、5月10日に行われた立候補予定者説明会には、静岡市清水区在住の自営業の男性が立候補を検討しているとして出席していたが、その後の目立った動きはなく、出馬を取り止めたと思われる[18]

選挙データ

告示日