ブラジルは2014年の中旬以降、現在まで経済危機がブラジルの経済を揺さぶる。経済危機はブラジルの政治危機と結びついて、反政府抗議運動が全土を覆い、当時の大統領だったジルマ・ルセフ大統領を2016年8月に弾劾により失脚させ、代わりに経済を回復する事を約束したミシェル・テメルが就任した[1][2]

危機の症状の一つは、大きな経済不況で、1930年以来、初めて2年連続で国内総生産(GDP)が減少した[3][4]。2015年に約3.8%縮小して[5]2016年9月には、1200万人のブラジル人が失業して失業率は11.8%に達した[6]

参照

関連項目