2014年のアジアン・ル・マン・シリーズ
前年: 2013 翌年: 2015–16

2014年のアジアン・ル・マン・シリーズは、(2014年ロレックス・スポーツカー・シリーズと統合されてユナイテッド・スポーツカー選手権とシリーズ名称が変更された)アメリカン・ル・マン・シリーズヨーロピアン・ル・マン・シリーズFIA 世界耐久選手権に続く第4のル・マン24時間レースベースのシリーズとして、フランス西部自動車クラブ(ACO)が主催するアジアン・ル・マン・シリーズの3年目のシーズンである。4戦から成る本シーズンは、2014年7月20日に韓国麟蹄郡インジェ・スピーディウムで開幕し、12月7日にマレーシアセランゴール州セパン・インターナショナル・サーキットで閉幕した[1]

メインのLMP2クラスでは、ディフェンディングチャンピオンであるオーク・レーシング・チーム・トタルがシーズン4戦を全勝し、チームとドライバーの両選手権のタイトルを獲得した。2013年シーズンのドライバーズチャンピオンであったデヴィッド・チョンとランキング3位であったホーピン・タンのコンビは、富士のラウンドでは井原慶子と組み、セパンのラウンドではユアン・ボーと組んで、本シーズンのドライバー選手権のタイトルを獲得した。チョンとタンはトータルで103ポイントを挙げ、ユーラシア・モータースポーツのジョン・ハーツホーンと蒲俊錦の二人が挙げた55ポイントに53ポイントもの大差をつけている[2]。CNクラスでも似たような展開となり、クラフト=バンブー・レーシングがライバルチームのチーム・アヴェロン・フォーミュラとATL・ウルフ・アジアを相手に4戦全てで優勝を挙げている。ケヴィン・ツェーはクラフト=バンブー・レーシングに所属して4戦に全勝して有効ポイントを78とし、チーム・アヴェロン・フォーミュラに所属して3戦で2位に入って54ポイントを挙げたデニス・リャンに24ポイント差をつけて選手権を獲得している。ツェーは全4戦に参戦した唯一のドライバーで、有効ポイント制ではなく当初の総合合計ポイント制ならば全勝で104ポイントを獲得していた[3]。ツェーは、マティアス・ベシェ (インジェと富士)、フランク・ユー (インジェとセパン)、サムソン・チャン (富士と上海)、横溝直輝 (上海)及びジョナサン・ヴェンター (セパン)とそれぞれのラウンドで組んで勝利を挙げている。

GTクラスは、4戦で3組のエントリー車が勝利を収めて、シリーズの中で最も競争が激しいカテゴリーとなった。富士ラウンドの勝者のチームAAI-Rstradaに乗るJun San Chenと谷川達也が、同チームのインジェのラウンドでの勝者のハンチェン・チェンとマルコ・ゼーフリートに7ポイント差をつけてチャンピオンに戴冠した。クリアウォーター・レーシングは、Mok Weng Sunのドライブでラスト2戦に勝利した。彼は上海で澤圭太とマット・グリフィンと組み、セパンで濱口弘とリチャード・ウィーと組んで勝利を挙げた。阪口良平(インジェ)とカルロ・ヴァン・ダム (富士)はチームAAI-Rstradaのサード・ドライバーとして乗り、優勝している。GT-Amクラスは、中国のジ・エンペラー・レーシングの2台のみのランボルギーニ車のエントリーで、富士ラウンドでその2台が走っている。82号車が決勝を欠場した為、ジョルジョ・サナとマックス・ウィセルに(エントリーしていた車が欠場したので交代して出場する11号車に乗ることになった)中谷明彦の3人で11号車を決勝レースで出場して(単独のクラス出場ではあるが)クラス優勝した。

レギュレーションの変更

前年度に引き続き、LMP2クラスがシリーズの最上位に位置付けられている。LMGTEGTCのカテゴリーがSuper GTのGT300クラスのレース車両が走行できる形で、性能調整がされてまとめられ、単独の 「GT」 というカテゴリーとなった。GTカテゴリーのアマチュア部門である「GT Am」は、運転レベルがシルバーとブロンズのランク付けられるドライバーから構成されなければならないとされた。新設のクラスとして、2013年シーズンではレース自体はなかったがクラス規定としては存在していたLMPCカテゴリーに替わって、ホンダエンジンを搭載条件とする様々なグループCNの車両によるレースを認めることとなり、プロトタイプレーシングカーの入門カテゴリーとしてCNカテゴリーが設けられた[4]。これらの車両は2017年までレースで使用できるとされた。シーズン終了時点でのLMP2の1位とGTカテゴリーの1位と2位のチームは、2015年のル・マン24時間レースの自動招待枠を受けることが出来るとされた。全チームが義務付けられている最低1人のアジア圏の国籍を持つドライバーを入れなければいけないという規定はオーストララシア圏に拡大された。チームのオプション的なコストを減らすのを促進する為に、タイヤ交換には2人のクルーしか作業に携われないとされた[1]

インジェでの開幕戦で参戦エントリー台数が8台しか集まらなかった。第2戦以降の参戦台数を増やす為に、有効ポイント制が採用されることとなった[3]。具体的には、全4戦の中ベスト3レースの結果で王座が争われることになった。

カレンダー

2014年シーズンのカレンダーは、2013年のセパン3時間レースの期間中に公開された。第2戦の富士スピードウェイの開催は2014年のSUPER GTの第5戦と併催された[5]。2013年シーズンのカレンダーに記載されていた上海3時間レースは、2014年の世界ツーリングカー選手権の第10戦と併催する形で(実際のアジアン・ル・マン・シリーズの開催としては初の開催となるが、)復活した[6]。シーズン開幕戦のインジェ・スピーディウムは、当初は7月6日に予定されていたが、後に7月20日に日程が変更された。

スケジュールは再び2014年6月4日に改訂され、8月10日にSUPER GTと併催が予定されていた第2戦の富士ラウンドを3週間後の8月31日に延期した[7]。その為、SUPER GTとの併催は行われないことになった。11月23日に予定されていた珠海国際サーキットの開催をタイブリーラム・ユナイテッド・インターナショナルサーキットに変更される旨も発表されている[7][8]。10月12日に、ブリーラム・ユナイテッド・インターナショナルサーキットの開催は中止となり、代替地による開催も行われないことが発表された。その為、当初のシーズン5戦の予定から最終的な開催が4戦へと1戦開催が減る結果になることが決定した[9]

ラウンド レース サーキット 開催地 開催日
1 インジェ3時間レース 大韓民国の旗 インジェ・スピーディウム 韓国麟蹄郡 7月20日
2 富士3時間レース 日本の旗 富士スピードウェイ 日本静岡県駿東郡小山町 8月31日
3 上海3時間レース 中華人民共和国の旗 上海インターナショナル・サーキット 中国上海 8月11日
4 セパン3時間レース マレーシアの旗 セパン・インターナショナル・サーキット マレーシアセランゴール州 12月7日

エントリー

LMP2

チーム 車両 エンジン No. ドライバー タイヤ ラウンド
フランスの旗 オーク・レーシング・チーム・トタル[10] モーガン・LMP2 ジャッド HK 3.6 L V8 1 中華人民共和国の旗 デヴィッド・チョン M 全戦
中華人民共和国の旗 ホーピン・タン 全戦
日本の旗 井原慶子[11] 2
中華人民共和国の旗 ユエン・ボー 4
フィリピンの旗 ユーラシア・モータースポーツ[12] オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5 L V8 27 イギリスの旗 ジョン・ハーツホーン M 全戦
イギリスの旗 リチャード・ブラッドリー 1–2
大韓民国の旗 Tacksung Kim 1
中華人民共和国の旗 蒲俊錦 2–4
イギリスの旗 ジェイムズ・ウィンズロー 3–4

CN

チーム 車両 エンジン No. ドライバー タイヤ ラウンド
マレーシアの旗 チーム・アヴェロン・フォーミュラ ウルフ・GB08 ホンダ 2.0 L I4 21 シンガポールの旗 デニス・リャン M 2–4
香港の旗 ウィリアム・ロク 2
オーストラリアの旗 ジェイムズ・ミッチェル 2
イタリアの旗 グリエルモ・ベロッティ 3
シンガポールの旗 ショーン・ハドスペス 4
カナダの旗 ATL・ウルフ・アジア[13] ウルフ・GB08 ホンダ 2.0 L I4 45 マレーシアの旗 ドミニク・アン M 1
マレーシアの旗 ギルバート・アン 1
香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング[14] リジェ・JS53 ホンダ 2.0 L I4 77 マカオの旗 ケヴィン・ツェー M All
スイスの旗 マティアス・ベシェ 1–2
香港の旗 フランク・ユー 1, 4
カナダの旗 サムソン・チャン 2–3
日本の旗 横溝直輝 3
オーストラリアの旗 ジョナサン・ヴェンター 4

GT

チーム 車両 エンジン No. ドライバー タイヤ ラウンド
中華人民共和国の旗 パイソン[15] フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ F142 4.5 L V8 7 中華人民共和国の旗 Zou Si Rui M 1
中華人民共和国の旗 Xu Wei 1
シンガポールの旗 クリアウォーター・レーシング[16] フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ F142 4.5 L V8 33 シンガポールの旗 Weng Sun Mok M 3–4
アイルランドの旗 マット・グリフィン 3
日本の旗 澤圭太 3
日本の旗 濱口弘 4
シンガポールの旗 リチャード・ウィー 4
台湾の旗 AAI-Rstrada[17][18] メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3 メルセデス・ベンツ 6.2 L V8 90 中華人民共和国の旗 ユー・ラム M 全戦
日本の旗 松井孝允 全戦
日本の旗 土屋武士 全戦
BMW・Z4 GT3 BMW 4.4 L V8 91 台湾の旗 Jun-San Chen 全戦
日本の旗 谷川達也 全戦
イギリスの旗 オーリー・ミルロイ 1, 3–4
オランダの旗 カルロ・ヴァン・ダム 2
92 台湾の旗 モーリス・チェン 1, 3–4
日本の旗 阪口良平 1, 4
ドイツの旗 マルコ・ゼーフリート 1, 3–4
ドイツの旗 ヨルグ・ミューラー 3
日産・GT-R GT3 ニッサン 3.8 L V6 台湾の旗 モーリス・チェン 2
日本の旗 阪口良平 2
ドイツの旗 マルコ・ゼーフリート 2

GT Am

チーム 車両 エンジン No. ドライバー タイヤ ラウンド
中華人民共和国の旗 ジ・エンペラー・レーシング ランボルギーニ・ガヤルド ランボルギーニ 5.2L V10 11 中華人民共和国の旗 Jiang Xin M 2
イタリアの旗 マックス・ウィセル 2
イタリアの旗 ジョルジョ・サナ 2
82 日本の旗 中谷明彦 2
日本の旗 松田秀士 2
日本の旗 竹内浩典 2

レース結果

ラウンド サーキット LMP2 優勝チーム CN 優勝チーム GT 優勝チーム レポート
LMP2 優勝ドライバー CN 優勝ドライバー GT 優勝ドライバー
1 インジェ フランスの旗 No. 1 オーク・レーシング・チーム・トタル 香港の旗 No. 77 クラフト=バンブー・レーシング 台湾の旗 No. 92 AAI-Rstrada 詳細
中華人民共和国の旗 デヴィッド・チョン
中華人民共和国の旗 ホーピン・タン
スイスの旗 マティアス・ベシェ
マカオの旗 ケヴィン・ツェー
香港の旗 フランク・ユー
台湾の旗 Hanchen Chen
日本の旗 阪口良平
ドイツの旗 マルコ・ゼーフリート
2 富士 フランスの旗 No. 1 オーク・レーシング・チーム・トタル 香港の旗 No. 77 クラフト=バンブー・レーシング 台湾の旗 No. 91 AAI-Rstrada 詳細
中華人民共和国の旗 デヴィッド・チョン
中華人民共和国の旗 ホーピン・タン
日本の旗 井原慶子
スイスの旗 マティアス・ベシェ
マカオの旗 ケヴィン・ツェー
カナダの旗 サムソン・チャン
台湾の旗 Jun San Chen
日本の旗 谷川達也
オランダの旗 カルロ・ヴァン・ダム
3 上海 フランスの旗 No. 1 オーク・レーシング・チーム・トタル 香港の旗 No. 77 クラフト=バンブー・レーシング シンガポールの旗 No. 33 クリアウォーター・レーシング 詳細
中華人民共和国の旗 デヴィッド・チョン
中華人民共和国の旗 ホーピン・タン
日本の旗 横溝直輝
マカオの旗 ケヴィン・ツェー
カナダの旗 サムソン・チャン
マレーシアの旗 Mok Weng Sun
日本の旗 澤圭太
アイルランドの旗 マット・グリフィン
4 セパン フランスの旗 No. 1 オーク・レーシング・チーム・トタル 香港の旗 No. 77 クラフト=バンブー・レーシング シンガポールの旗 No. 33 クリアウォーター・レーシング 詳細
中華人民共和国の旗 デヴィッド・チョン
中華人民共和国の旗 ホーピン・タン
中華人民共和国の旗 ユエン・ボー
オーストラリアの旗 ジョナサン・ヴェンター
マカオの旗 ケヴィン・ツェー
香港の旗 フランク・ユー
マレーシアの旗 Mok Weng Sun
日本の旗 濱口弘
シンガポールの旗 リチャード・ウィー

ランキング

ポイント・システム

ポイント・システム
順位 ポールポジション
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 1

チーム選手権

LMP2クラスのチーム・チャンピオンは、2015年のル・マン24時間レースのLMP2クラスの自動招待枠を獲得し、GTクラスの上位2チームはル・マン24時間レースのLMGTE Amクラスの自動招待枠を獲得した。

LMP2

順位 チーム シャシー エンジン INJ FUJ SHA SEP [2]
1 フランスの旗 オーク・レーシング・チーム・トタル モーガン・LMP2 ジャッド HK 3.6 L V8 26 25 25 26 103
2 フィリピンの旗 ユーラシア・モータースポーツ オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5 L V8 DNF 19 18 18 55

CN

順位 チーム シャシー エンジン INJ FUJ SHA SEP [2]
1 香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング リジェ・JS53 ホンダ 2.0 L I4 26 26 26 26 104
2 マレーシアの旗 チーム・アヴェロン・フォーミュラ ウルフ・GB08 ホンダ 2.0 L I4 18 18 18 54
3 カナダの旗 ATL・ウルフ・アジア ウルフ・GB08 ホンダ 2.0 L I4 DNS 0

GT

順位 チーム シャシー エンジン INJ FUJ SHA SEP [2]
1 台湾の旗 #91 チームAAI-Rstrada BMW・Z4 GT3 BMW 4.4 L V8 15 25 18 19 77
2 台湾の旗 #92 チームAAI-Rstrada BMW・Z4 GT3 BMW 4.4 L V8 25 12 15 70
日産・GT-R GT3 ニッサン 3.8 L V6 18
3 シンガポールの旗 クリアウォーター・レーシング フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ F142 4.5 L V8 25 25 50
4 台湾の旗 #90 チームAAI-Rstrada メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3 メルセデス・ベンツ 6.2 L V8 19 1 16 12 48
5 中華人民共和国の旗 パイソン フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ F142 4.5 L V8 DNS 0

GT Am

順位 チーム シャシー エンジン INJ FUJ SHA SEP [2]
1 中華人民共和国の旗 ジ・エンペラー・レーシング ランボルギーニ・ガヤルド ランボルギーニ 5.2L V10 26 26

ドライバー選手権

LMP2

順位 ドライバー チーム INJ FUJ SHA SEP [2]
1 中華人民共和国の旗 デヴィッド・チョン フランスの旗 オーク・レーシング・チーム・トタル 26 25 26 26 103
中華人民共和国の旗 ホーピン・タン フランスの旗 オーク・レーシング・チーム・トタル 26 25 26 26 103
2 イギリスの旗 ジョン・ハーツホーン フィリピンの旗 ユーラシア・モータースポーツ DNF 19 18 55
中華人民共和国の旗 蒲俊錦 フィリピンの旗 ユーラシア・モータースポーツ 19 18 55
3 イギリスの旗 ジェイムズ・ウィンズロー フィリピンの旗 ユーラシア・モータースポーツ 18 18 36
4 中華人民共和国の旗 ユエン・ボー フランスの旗 オーク・レーシング・チーム・トタル 26 26
5 日本の旗 井原慶子 フランスの旗 オーク・レーシング・チーム・トタル 25 25
6 イギリスの旗 リチャード・ブラッドリー フィリピンの旗 ユーラシア・モータースポーツ DNF 19 19
7 大韓民国の旗 Tacksung Kim フィリピンの旗 ユーラシア・モータースポーツ DNF 0

CN

順位 ドライバー チーム INJ FUJ SHA SEP [2]
1 マカオの旗 ケヴィン・ツェー 香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング 26 26 26 26 78
2 シンガポールの旗 デニス・リャン マレーシアの旗 チーム・アヴェロン・フォーミュラ 18 18 18 54
3 スイスの旗 マティアス・ベシェ 香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング 26 26 52
香港の旗 サムソン・チャン 香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング 26 26 52
香港の旗 フランク・ユー 香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング 26 26 52
4 日本の旗 横溝直輝 香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング 26 26
オーストラリアの旗 ジョナサン・ヴェンター 香港の旗 クラフト=バンブー・レーシング 26 26
5 香港の旗 ウィリアム・ロク マレーシアの旗 チーム・アヴェロン・フォーミュラ 18 18
オーストラリアの旗 ジェイムズ・ミッチェル マレーシアの旗 チーム・アヴェロン・フォーミュラ 18 18
イタリアの旗 グリエルモ・ベロッティ マレーシアの旗 チーム・アヴェロン・フォーミュラ 18 18
シンガポールの旗 ショーン・ハドスペス マレーシアの旗 チーム・アヴェロン・フォーミュラ 18 18
6 マレーシアの旗 ドミニク・アン カナダの旗 ATL・ウルフ・アジア DNS
マレーシアの旗 ギルバート・アン カナダの旗 ATL・ウルフ・アジア DNS

GT

順位 ドライバー チーム INJ FUJ SHA SEP [2]
1 チャイニーズタイペイの旗 Jun San Chen 台湾の旗 #91 チームAAI-Rstrada 15 25 18 19 77
日本の旗 谷川達也 台湾の旗 #91 チームAAI-Rstrada 15 25 18 19 77
2 チャイニーズタイペイの旗 モーリス・チェン 台湾の旗 #92 チームAAI-Rstrada 25 18 12 15 70
ドイツの旗 マルコ・ゼーフリート 台湾の旗 #92 チームAAI-Rstrada 25 18 12 15 70
3 日本の旗 阪口良平 台湾の旗 #92 チームAAI-Rstrada 25 18 15 58
4 イギリスの旗 オーリー・ミルロイ 台湾の旗 #91 チームAAI-Rstrada 15 18 19 52
5 マレーシアの旗 Mok Weng SUN シンガポールの旗 クリアウォーター・レーシング 25 25 50
6 中華人民共和国の旗 ユー・ラム 台湾の旗 #90 チームAAI-Rstrada 19 1 15 12 48
日本の旗 土屋武士 台湾の旗 #90 チームAAI-Rstrada 19 1 15 12 48
日本の旗 松井孝允 台湾の旗 #90 チームAAI-Rstrada 19 1 15 12 48
7 オランダの旗 カルロ・ヴァン・ダム 台湾の旗 #91 チームAAI-Rstrada 25 25
日本の旗 澤圭太 シンガポールの旗 クリアウォーター・レーシング 25 25
アイルランドの旗 マット・グリフィン シンガポールの旗 クリアウォーター・レーシング 25 25
8 ドイツの旗 ヨルグ・ミューラー 台湾の旗 #92 チームAAI-Rstrada 12 12
9 中華人民共和国の旗 Xu Wei 中華人民共和国の旗 パイソン DNS 0
中華人民共和国の旗 Zou Si Rui 中華人民共和国の旗 パイソン DNS 0

GT Am

順位 ドライバー チーム INJ FUJ SHA SEP [2]
1 日本の旗 中谷明彦 中華人民共和国の旗 ジ・エンペラー・レーシング 26 26
日本の旗 松田秀士 中華人民共和国の旗 ジ・エンペラー・レーシング 26 26
日本の旗 竹内浩典 中華人民共和国の旗 ジ・エンペラー・レーシング 26 26

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2014 Asian Le Mans Series”. Asian Le Mans Series (2013年12月10日). 2013年12月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 2014 Rankings”. Asian Le Mans Series (2014年12月7日). 2016年4月11日閲覧。
  3. ^ a b AsLMS、参戦台数増加を狙い有効ポイント制を採用”. オートスポーツ (2014年7月28日). 2016年4月12日閲覧。
  4. ^ 井原慶子もドライブしたOAKレーシングチームTOTALがアジアン・ル・マン日本ラウンドを制す!”. ミシュラン (2014年9月2日). 2016年4月12日閲覧。
  5. ^ Dagys, John (2013年12月7日). “2014 Schedule, New Class Structure Announced”. Sportscar365 (John Dagys Media). http://sportscar365.com/lemans/asian-lms/2014-schedule-new-class-structure-announced/ 2014年5月10日閲覧。 
  6. ^ O'Rourke, Mick (2013年12月7日). “2014 WTCC CALENDAR APPROVED BY WMSC”. BTCC Blogs. http://www.btccblogs.co.uk/2014-wtcc-calendar-approved-by-wmsc 2014年10月12日閲覧。 
  7. ^ a b AsLMSの今季カレンダーに変更。富士戦が8月末に”. オートスポーツ (2014年6月4日). 2016年4月13日閲覧。
  8. ^ Dagys, John (2014年5月9日). “Asian LMS to Race in Thailand”. Sportscar365 (John Dagys Media). http://sportscar365.com/lemans/asian-lms/asian-lms-to-race-in-thailand/ 2014年5月10日閲覧。 
  9. ^ Dagys, John (2014年10月12日). “Buriram Asian LMS Round Canceled”. Sportscar365 (John Dagys Media). http://sportscar365.com/lemans/asian-lms/buriram-asian-lms-round-canceled/ 2014年10月12日閲覧。 
  10. ^ OAK Racing will be back to defend its 5tle in the Asian Le Mans Series!”. endurance-info.com (2014年4月5日). 2014年4月9日閲覧。
  11. ^ Dagys, John (2014年8月22日). “Ihara Joins OAK Team TOTAL for Fuji”. Sportscar365 (John Dagys Media Group, LLC). http://sportscar365.com/lemans/asian-lms/ihara-joins-oak-team-total-for-fuji/ 2014年8月22日閲覧。 
  12. ^ Eurasia Planning LMP2, CN Programs”. sportscar365.com (2014年6月21日). 2014年6月25日閲覧。
  13. ^ ATLANTIC RACING AND THE WOLF GB08 IN THE ASIAN LE MANS SERIES”. Wolf Racing Cars (2014年1月28日). 2014年4月9日閲覧。
  14. ^ Craft Racing and Bamboo Engineering merge to form new global race team”. endurance-info.com (2014年4月8日). 2014年4月9日閲覧。
  15. ^ Entry List”. Asian Le Mans Series (2014年7月11日). 2014年7月11日閲覧。
  16. ^ Entry List”. Asian Le Mans Series (2014年10月8日). 2014年10月8日閲覧。
  17. ^ Ollie Millroy to spearhead AAI Motorsport’s Asian Le Mans Series challenge”. endurance-info.com (2014年3月29日). 2014年4月9日閲覧。
  18. ^ AAI Motorsports Reveals Three-Car GT Program”. sportscar365.com (2014年4月9日). 2014年4月10日閲覧。

外部リンク