2014年のABLオールスターゲーム2014 ABL All-Star Game)は、2014年12月17日ビクトリア州メルボルンメルボルン・ボール・パークで開催された4回目のABLオールスターゲームである。

経緯

2014年12月8日に選手が発表された[1]。 試合はオーストラリアが勝利した[2][3]

試合結果

13:00試合開始予定、試合時間地球の旗時間地球の旗、観衆地球の旗[4]

世界選抜 8 - 11 オーストラリアの旗 オーストラリア選抜
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
世界選抜 0 0 2 1 0 1 3 1 0 8 13 1
オーストラリアの旗 オーストラリア選抜 2 0 0 0 0 0 1 8 X 11 14 2
  1. 世 : 相内ソルバッククームスシェルジースチームブラウンブルンネマン後藤福倉 - マーフィーティッセンバウム
  2. オ : サールアサートンアンダーソンギボンズソーキーウィルキンストルスエラスムスウィリアムズクロフォードホランド - デサンミゲルパーキンス
  3. : クロフォード  :   S: ホランド  
  4. 審判:球審…Greg Howard、塁審…1B: Phil Box. 2B: Stewart Howe. 3B: Geoffrey Dunn

選出選手

以下が一覧である[5]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 IF:内野手 OF:外野手
オーストラリア選抜
守備 選手(チーム) 選出
P クレイグ・アンダーソン (SYD) 2
ティム・アサートン (CAN) 2
トリスタン・クロフォード (CAN)
ジャスティン・エラスムス (BRI) 3
サム・ギボンズ (MEL)
サミュエル・ホランド (BRI)
ライアン・サール (BRI) 3
アーロン・ソーキー (SYD)
ルーク・ウィルキンス (SUD)
マシュー・ウィリアムズ (ADE) 2
C アラン・デサンミゲル (PER) 3
マット・ケネリー (PER) 3
ロビー・パーキンス (CAN)
IF ジョシュ・デービーズ (MEL) 2
ジョシュア・ディーン (SYD)
ブラッド・ハーマン (MEL) 3
ルーク・ヒューズ (PER) 4
ジョーダン・マクドナルド (PER)
ローガン・ウェイド (BRI) 2
ステファン・ウェルチ (ADE) 4
OF ミッチ・デニング (ADE) 4
ジャスティン・ヒューバー (MEL) 4
デビッド・キャンディラス (SYD)
ティム・ケネリー (PER) 3
トレント・オルテン (SYD)
世界選抜
守備 選手(チーム) 選出
P 相内誠 (MEL)
ジェイク・ブラウン (CAN)
タイラー・ブルンネマン (ADE)
コーディ・ブッケル (MEL)
モーガン・クームス (ADE)
後藤真人 (BRI)
具臺晟 (SYD) 4
林晨樺 (BRI)
ジョージ・マーバン (PER)
マルクス・ソルバック (SYD)
クレイグ・スチーム (ADE)
C クレイグ・マドックス (ADE)
ジャック・マーフィー (CAN) 3
マックス・ティッセンバウム (BRI)
IF C.J.ビーティー (BRI)
トーマス・コイル (BRI)
ケリン・デグラン (MEL)
クリスチャン・ロペス (CAN)
中川大志 (PER)
ジョーイ・ウォン (PER) 2
OF アレックス・グレン (SYD)
ジョニー・フィールド (BRI)
アーロン・ミラー (ADE)
ティム・スミス (PER)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 2014 All-Star Rosters - Australia v World Baseball Australia (英語) (2014年12月8日) 2015年9月26日閲覧
  2. ^ Team Australia Shows Fight in Comeback Victory Baseball Australia (英語) (2014年12月17日) 2015年9月26日閲覧
  3. ^ Huge eighth propels Thunder to win ABL.com (英語) (2014年12月18日) 2015年9月26日閲覧
  4. ^ December 17, 2014 ABL.com (英語) (2014年12月17日) 2015年10月27日閲覧
  5. ^ 2014 ASG Rosters ABL.com (英語) 2015年9月26日閲覧 (PDF)

関連項目