明治安田生命J3リーグ
シーズン 2014
優勝 ツエーゲン金沢(初)
昇格 ツエーゲン金沢
試合数 198
ゴール数 495 (1試合平均2.5)
得点王 鈴木孝司(町田・19得点)
最大差勝利ホーム試合
盛岡 6-1 J-22(第3節・3月23日)
長野 5-0 J-22(第27節・10月5日)
長野 6-1 YS横浜(第33節・11月23日)
最大差勝利アウェー試合
琉球 1-7 町田(第7節・4月20日)
琉球 0-6 J-22(第15節・6月8日)
最多得点試合
琉球 1-7 町田(第7節・4月20日)
最多連勝記録
7 - 金沢 (第21節-第27節)
最多連続負け無し記録
13 - 金沢 (第21節-第33節)
最多連続勝ち無し記録
11 - 福島(第16節-第26節)
最多連敗記録
6 - YS横浜 (第9節-第14節)
秋田(第13節-第19節)
最多観客動員
8,115人 - 金沢 vs 藤枝(第14節・6月1日)
最少観客動員
504人 - 福島 vs 鳥取(第4節・3月30日)
平均観客動員 2,247人
2015

この項目では、2014年シーズンのJ3リーグ(J3)について述べる。

概要

Jリーグが3部制となって初めてのシーズンで、明治安田生命保険とタイトルパートナー契約を結び、「2014 明治安田生命 J3リーグ」として開催する。

参加するクラブは参入申請のあった19クラブのうち、「J3ライセンス」資格審査及び「J3スタジアム要件」審査に合格し、「J3入会審査」を経てJリーグ理事会から入会を承認された10クラブにJ2・JFL入れ替え戦の敗者となった1クラブの計11クラブ。そこにJ1・J2の若手選手の出場機会を確保するため22歳以下の選手を対象にして結成されるJリーグ・アンダー22選抜が加わり、リーグ戦は計12チームにより争う。

12チームのうち日本フットボールリーグ(JFL)から9クラブ(2013年11月19日発表[1])、東北リーグ1部からグルージャ盛岡(2013年12月2日発表[2])および2013年12月1日・8日に行われたJ2・JFL入れ替え戦で敗れたガイナーレ鳥取(J2からの降格)が参加する。

2014年シーズンのJ3のクラブ

チーム名 監督 所在
都道府県
ホームスタジアム 前年成績 J2
ライセンス
グルージャ盛岡 日本の旗 鳴尾直軌 岩手県 盛岡南公園球技場 東北1部 優勝 ×
ブラウブリッツ秋田 日本の旗 与那城ジョージ 秋田県 秋田市八橋運動公園球技場[注 1] JFL 08位 ×
福島ユナイテッドFC 日本の旗 栗原圭介 福島県 とうほう・みんなのスタジアム JFL 14位 ×
FC町田ゼルビア 日本の旗 相馬直樹 東京都 町田市立陸上競技場 JFL 04位
Y.S.C.C.横浜 日本の旗 有馬賢二 神奈川県 ニッパツ三ツ沢球技場
三ツ沢公園陸上競技場
JFL 12位 ×
SC相模原  日本の旗 木村哲昌 相模原ギオンスタジアム JFL 03位 ×
AC長野パルセイロ 日本の旗 美濃部直彦 長野県 佐久総合運動公園陸上競技場 JFL 優勝
ツエーゲン金沢 日本の旗 森下仁之 石川県 石川県西部緑地公園陸上競技場 JFL 07位
藤枝MYFC 日本の旗 水島武蔵 静岡県 藤枝総合運動公園サッカー場 JFL 13位 ×
ガイナーレ鳥取 日本の旗 松波正信 鳥取県 とりぎんバードスタジアム J2 022位
FC琉球 日本の旗 薩川了洋 沖縄県 沖縄市陸上競技場 JFL 11位 ×
Jリーグ・アンダー22選抜 日本の旗 高畠勉 (特定ホームタウン・ホームスタジアムなし) 特別参加枠