2014年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2014年9月4日 - 2014年12月28日
プレイオフ
開幕日 2015年1月3日
AFC優勝 ニューイングランド・ペイトリオッツ
NFC優勝 シアトル・シーホークス
第49回スーパーボウル
開催日 2015年2月1日
開催都市 アリゾナ州グレンデール
スタジアム フェニックス大学スタジアム
チャンピオン ニューイングランド・ペイトリオッツ
プロボウル
開催日 2015年1月25日
開催都市 アリゾナ州グレンデール
スタジアム フェニックス大学スタジアム
サラリーキャップ
1億3,000万ドル(約133億円)[1]
NFLシーズン
 < 2013 2015 > 

2014年のNFLは、2014年9月4日NFL95回目のレギュラーシーズンとして開幕し、アリゾナ州グレンデール第49回スーパーボウルが開催され、ニューイングランド・ペイトリオッツが10季ぶり4回目の優勝を果たした。

主なルール変更

ゴールポストを5フィート(約152cm)高くする(当初はエクストラポイントキックの開始地点を25ヤード地点まで下げる変更が検討されていた)[2]

ルーズボールのリカバーもオフィシャルレビューの対象に追加(前年のNFCチャンピオンシップゲームナバーロ・ボウマンがインターセプトした後、倒れてファンブルしたプレーがオフィシャルレビュー対象とならなかったこと、後に誤審であることをNFLが公式に認めた。ナバーロ・ボウマンルール)[2]

QBサックの際、ゲームクロックを止めない[2]

タッチダウンセレブレーションで、ゴールポストへのダンクシュートの禁止[3]

日程

各チームの16試合の対戦相手はNFLの規則に基づき、前年度の成績や地区ごとのローテーションで自動的に決定される。

  • 同地区(ホーム&アウェイ、6試合)
  • カンファレンス内他の1地区総当り(4試合)
  • カンファレンス内上記除く他地区の前年同順位(2試合)
  • 他カンファレンスの1地区総当り(4試合)

2014年シーズンの地区外との対戦ルールは以下のようである。

   カンファレンス内
AFC東地区 vs. AFC西地区
AFC南地区 vs. AFC北地区
NFC東地区 vs. NFC西地区
NFC南地区 vs. NFC北地区

   カンファレンス外
AFC東地区 vs. NFC北地区
AFC北地区 vs. NFC南地区
AFC南地区 vs. NFC東地区
AFC西地区 vs. NFC西地区

(例)2014年王者ペイトリオッツの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 ブロンコス コルツ ベンガルズ ペイトリオッツ シーホークス パンサーズ パッカーズ イーグルス
2位 チーフス タイタンズ スティーラーズ ジェッツ 49ERS セインツ ベアーズ カウボーイズ
3位 チャージャーズ ジャガーズ レイブンズ ドルフィンズ カージナルス ファルコンズ ライオンズ ジャイアンツ
4位 レイダーズ テキサンズ ブラウンズ ビルズ ラムズ バッカニアーズ バイキングス レッドスキンズ

    :1度対戦     :2度対戦

主なハイライト: