2014年のSUPER GT
前年: 2013 翌年: 2015

2014年のSUPER GTは、2014年4月5日・6日に岡山国際サーキットで開幕し、11月15日・16日にツインリンクもてぎで閉幕した全8戦のシリーズである。このシーズンよりGT500の車両規定がドイツツーリングカー選手権(DTM)と統一される。

前年からの主な変更点

レース日程

2013年7月28日に行われた記者会見の中でシリーズ戦を全9戦、エキシビション戦を1戦行う予定であることが明らかとなり[1]、同年8月12日に予定カレンダーが発表された[2]

シリーズ戦は国内のほか、タイブリーラムに新設されるチャーン・インターナショナルサーキットで10月に、2013年に開催予定だった韓国(開催地は未定)で6月に行われ、これまで長年開催されてきたマレーシアセパンでの開催が無くなることになる。しかし、2013年12月16日に発表されたプレスリリースで、韓国戦を主催するウ・ミョン・ホールディングスと協議した結果、諸般の事情から開催を中止する事が発表された[3]

国内開催もオートポリスの開催が秋から5月末に、富士スピードウェイの秋開催がスポーツランドSUGO鈴鹿サーキットの両開催に挟まる形で8月中に移動する。この富士戦は当初はアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)との併催で行われる予定だったが[4]、ピット数の問題など様々な問題があったため、最終的にAsLMSの開催が8月末に変更され、併催されない事となった[5]。特別戦は前年までのJAFグランプリに代わる物を開催するとして発表するも時期・場所共に未定となっていたが、その後ツインリンクもてぎでの最終戦以降に開催される各種モータースポーツイベントの予定を勘案した結果、開催は困難であるという結論に至り、特別戦の開催は中止と決まった。この為上述の韓国戦中止と合わせて、2014年は公式戦のみ全8戦での開催となった[6]

レギュレーション

GT500クラス

ドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規定が統一され、大幅なレギュレーションの改定(共通モノコックの採用、全車左ハンドル化 など)が行われているが[7]、搭載されるエンジンはDTMが自然吸気 4.0L V8であるのに対し、従来通りスーパーフォーミュラ(旧フォーミュラ・ニッポン)と基本設計が共通の2.0L 直4 直噴 ターボエンジンとなる。加えてそのエンジンの搭載位置も、DTMがフロントのみであるのに対し、ミッドシップも認められてホンダはNSX CONCEPT-GTを投入する[8]

エンジン以外に、前述のモノコックの他プロペラシャフトなどが共通部品化されており、プロペラシャフトは三菱レイヨン製のカーボンシャフトが採用されている[9]

なお従来、SUPER GTではエアリストリクターによる出力制限が行われていたが、本年からGT500クラスはスーパーフォーミュラ同様の燃料リストリクターによる出力制限に移行、ウエイトハンデが50kgを超えた場合には50kg相当分を燃料リストリクター径で調整を行う[10]。トヨタによれば、従来エンジンの仕様は実際にはスーパーフォーミュラと異なっていたが、本年からは全く同一のものになるという[11]

GT300クラス

マザーシャシーを用いたトヨタ・86のGT300車両

前年までの日本自動車連盟(JAF)の「JAF-GT」規定、国際自動車連盟(FIA)の「FIA-GT3」規定に加え、新たに国産の技術を使った汎用シャシー(マザーシャシー)として童夢前社長の林みのるが進める『ISAKU PROJECT』用に開発されたCFRPモノコックをGTアソシエイション(GTA)が販売、車両規定も従来のJAF-GTから分離する形で新たに「JAF-GT300 MC(仮称)」を追加し、GTAの内規として運用する事となったが[12]、実際にマザーシャシーが使用できるようになるのは2015年からと1年先になった[13]。その後、第6戦にてトヨタ・86をベース車両にしたマザーシャシーマシンのプロトタイプが公開され[14]、このプロトタイプを元にした車両がタイでの第7戦にスポット参戦という形でデビューすることになった[15][16]

JAF-GT規定については、新たにアンチロックブレーキシステム(ABS)が搭載できるようになったほか、車両後部のレインライトの装着が義務化された。

FIA-GT3規定については、性能調整(BoP)の基準を2012年から使われているFIA GT選手権のものだけでなく、ブランパン耐久シリーズで使用されているBoPの採用も検討するとされていた[17]。その後GTAからエントラントに対して告知された内容では、2013年もしくは2014年のFIAおよびブランパン耐久シリーズのBoPが設定されている車両が参加でき、BoPについてはブランパン耐久シリーズのものを元にGTAが設定している[18][19]

その他