2014年–15年のフォーミュラEのシーズン
前年: 無し 翌年: 2015年-16

2014年-15年のフォーミュラEは、フォーミュラEの初年度のシーズン。

参戦チーム・ドライバー

FIAにより10チームのエントリーが認証された[1]。しかし、そのうちの1チームであるイギリスのドレイソン・レーシング[2]は参戦権を売却し、トゥルーリGPが参戦することになった。 またF1に参戦したスーパーアグリF1チームのチーム名を使用し、チーム国籍日本で参戦することが発表されていたスーパーアグリ・フォーミュラEチームは、メインスポンサーであるイギリスの保険大手アムリン英語版とのスポンサー契約上、チーム名をアムリン・アグリ・フォーミュラEチーム、国籍もイギリスに変更して参戦することになっていたが、第1戦北京大会の直前に、チーム国籍は日本に戻された[3]

エントラント 運営チーム No. ドライバー 参戦Rd. リザーブドライバー
日本の旗 アムリン・アグリ・フォーミュラEチーム[4][5] チーム・アグリ 55 ポルトガルの旗 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ[6] 2-9 スイスの旗 ファビオ・ライマー[7]
日本の旗 佐藤琢磨[8] 1
日本の旗 山本左近[9] 10-11
77 イギリスの旗 キャサリン・レッグ[10] 1-2
メキシコの旗 サルバドール・デュラン[11] 3-11
アメリカ合衆国の旗 アンドレッティ・フォーミュラEチーム[12] アンドレッティ・オートスポーツ 27 フランスの旗 フランク・モンタニー[13] 1-2 オーストラリアの旗マシュー・ブラバム[14]
フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ[15] 3-11
28 フランスの旗 シャルル・ピック[14] 1
オーストラリアの旗 マシュー・ブラバム 2-3
アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ[16] 4
アメリカ合衆国の旗 スコット・スピード[17] 5-8
イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン[18] 9
スイスの旗 シモーナ・デ・シルベストロ [19] 10-11
ドイツの旗 アウディ・スポーツ・アプト・フォーミュラEチーム[20] アプト・スポーツライン 11 ブラジルの旗 ルーカス・ディ・グラッシ[21] All
66 ドイツの旗 ダニエル・アプト[21] All
中華人民共和国の旗 チャイナ・レーシング・フォーミュラEチーム[22]
↓(変更)
中華人民共和国の旗NEXTEV TCR・フォーミュラEチーム
カンポス・レーシング[23] 99 ブラジルの旗 ネルソン・ピケJr.[24] All スペインの旗 アントニオ・ガルシア[25]
88 中華人民共和国の旗 董荷斌[24] 1-2,4
スペインの旗 アントニオ・ガルシア 3,9
フランスの旗 シャルル・ピック[26] 5-8
イギリスの旗 オリバー・ターベイ[27] 10-11
アメリカ合衆国の旗 ドラゴン・レーシング・フォーミュラEチーム[28] ドラゴン・レーシング 07 ベルギーの旗 ジェローム・ダンブロシオ[29] All
06 スペインの旗 オリオール・セルビア[30] 1-4
フランスの旗 ロイック・デュバル[31] 5-11
フランスの旗 e.dams・ルノー・フォーミュラEチーム[32][33] DAMS 08 フランスの旗 ニコラ・プロスト[33] All
09 スイスの旗 セバスチャン・ブエミ[33] All
インドの旗 マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチーム[34] カーリン・モータースポーツ[35] 05 インドの旗 カルン・チャンドック[36] All
21 ブラジルの旗 ブルーノ・セナ[36] All
スイスの旗 トゥルーリ・フォーミュラEチーム[37] スーパーノヴァ・レーシング[38] 10 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ[37] All
18 イタリアの旗 ミケーラ・セルッティ[39] 1-4
イタリアの旗 ビタントニオ・リウッツィ[40] 5-9
スイスの旗 アレックス・フォンタナ[41] 10-11
モナコの旗 ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム[42] ヴェンチュリー・グランプリ 23 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド[43] All
30 フランスの旗 ステファン・サラザン[43] All
イギリスの旗 ヴァージン・レーシング・フォーミュラEチーム[44] ヴァージン・レーシング 03 スペインの旗 ハイメ・アルグエルスアリ[45] 1-9
スイスの旗 ファビオ・ライマー[46] 10-11
02 イギリスの旗 サム・バード[45] All

開催スケジュール

2013年12月4日に正式カレンダーがFIAから発表された[47]が、その後再度スケジュールが変更され[1]てカレンダーが決定しないまま開幕を迎えた。最終的に全11レースが2014年9月から2015年6月にかけて開催された。

全レースは開催都市の一般道を使用した市街地サーキットで行われる。

Rd. レース名称 都市 開催日 周回数
1 Evergrande Spring Beijing ePrix 中華人民共和国の旗 中国 北京 2014年9月13日 26周†
2 Y Capital Management Putrajaya ePrix マレーシアの旗 マレーシア プトラジャヤ 2014年11月22日[48] 31周
3 Julius Baer Punta del Este ePrix ウルグアイの旗 ウルグアイ プンタ・デル・エステ 2014年12月13日 31周
4 Buenos Aires ePrix アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス 2015年1月10日 35周
5 Miami ePrix アメリカ合衆国の旗 アメリカ マイアミ 2015年3月14日 39周
6 Long Beach ePrix アメリカ合衆国の旗 アメリカ ロングビーチ[49] 2015年4月4日 39周
7 Monaco ePrix モナコの旗 モナコ モンテカルロ
モンテカルロ市街地コース
2015年5月9日 47周
8 DHL Berlin ePrix ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ベルリン・テンペルホーフ空港
2015年5月23日 33周
9 Moscow ePrix ロシアの旗 ロシア モスクワ[50] 2015年6月6日 35周
10 Visa London ePrix イギリスの旗 イギリス ロンドン 2015年6月27日 29周
11 2015年6月28日[51] 29周
  • †印はフォーメーションラップを含む

過去に予定されたイベント