2014 FIFAワールドカップ日本代表 (2014 フィーファ ワールドカップにほんだいひょう)は、2014年ブラジルで開催されたFIFAワールドカップサッカー日本代表である。

概要

2014年5月12日、アルベルト・ザッケローニ監督が本大会に臨むメンバーを発表した[1]国際サッカー連盟 (FIFA) のレギュレーションでは、出場国は2014年5月13日までに30名による予備登録リストをFIFAに提出し、2014年6月2日に23名の最終登録リストをFIFAに提出するというスケジュールになっていたが、日本サッカー協会 (JFA) は暫定登録メンバー提出時点で最終登録メンバー23名をあらかじめ確定させ、残りの7名についてはFIFAへの予備登録リストには掲載するものの、23名との交替とならない限りは直前合宿や壮行試合にも帯同させない方針とした。これは前回のワールドカップ南アフリカ大会日本代表の先行方針と同じであるが、この方針については朝日新聞[2]などが、途中で落選者が出る際の影響[注 1]などを考慮したもの、と報じている。なお、7名を含めた予備登録メンバー30名と、練習パートナーとして直前合宿に参加する2名については、本大会メンバー発表の翌日(2014年5月13日)に発表された[4][2]

23名中、海外組は12名[5]。平均年齢は26.8歳[6]。ワールドカップ初選出は14名で、2012年のロンドン五輪世代からは6名[注 2]が選ばれた。ベテラン遠藤保仁は3大会連続選出となった[5]。ザッケローニ体制でAFCアジアカップ2011を制覇し、ワールドカップアジア予選を勝ち抜いてきたメンバーが顔を揃え、本田圭佑ACミラン)、香川真司マンチェスター・ユナイテッド)、長友佑都インテルミラノ)など、ヨーロッパの有名クラブに所属する選手が増えた。また、国内組中心で優勝した東アジアカップ2013のチームから新戦力[注 3]が加えられた。2012年以来招集されていなかった大久保嘉人(2013年Jリーグ得点王)がサプライズ選出された一方、有力候補と言われていた細貝萌中村憲剛豊田陽平らは落選して明暗を分けた[注 4]。 1998年の初出場以降初めてブラジルからの帰化選手が1人もいない初めての大会となった[注 5]

大会経過

日本はグループCに入り、アフリカのコートジボワール、ヨーロッパのギリシャ、南米のコロンビアと対戦した。

6月14日 グループC コートジボワール戦(レシフェ
日本は序盤からプレスが連動せず引き気味になり、攻撃の生命線である香川・長友の左サイドを押し込まれてしまう[7]。しかし前半16分、スローインから繋いだボールを本田が素早くシュートし、目の覚めるような一撃で先制点を奪った。後半17分、コートジボワールのエース、ディディエ・ドログバが途中出場すると空気が一変し、2分後に同点、その2分後に逆転ゴールを許した(いずれもフリーになった右SBセルジュ・オーリエからのクロスをヘディングで決められた)。その後FWを投入するも追いつけず、ボール支配率(39%対61%)、シュート数(7本対21本)でも劣勢なまま初戦を落とした[8]
6月19日 グループC ギリシャ戦(ナタール
日本は香川に変えて大久保を先発起用し、序盤から積極的に攻めていった。前半38分、コンスタンティノス・カツラニスが2枚目のイエローカードで退場になると、ギリシャは引き分け(勝ち点1)狙いでゴール前を固め、後半は日本が敵陣でボールを支配する展開が続いた。後半23分、内田が絶好のクロスを送るも大久保のシュートはゴールマウスを捉えられず[9]、攻めあぐねた日本は痛恨のスコアレスドローに終わった。
6月24日 グループC コロンビア戦(クイアバ
グループ最終戦はすでに2連勝で決勝トーナメント進出を決め、主力を温存しているコロンビアと対戦。日本がトーナメントに進出するためには、この試合に勝利した上で別会場でのギリシャと対戦するコートジボワールが引き分け以下とならなければならなかった

コンディション調整の失敗

大会後、日本サッカー協会原博実専務理事はグループリーグ敗退に終わった日本代表の敗因について、「いいコンディションで入れなかったのは事実かなと思う」との認識を示した[12]。同協会は大会中の代表チームのキャンプ地として、サンパウロ州イトゥー市を選んだが、ジャーナリストの笹井宏次朗も大会開幕5カ月前の2014年1月の時点でこの決定を問題視し、「2014年W杯・日本は必ず調整不良で全敗する」と題されたコラムをブラジルで発行されているニッケイ新聞にて掲載し、キャンプ地を変更しない限り代表チームは苦戦すると予想した[13][14]。原専務理事は「(対戦相手や試合会場を決める昨年12月の)組み合わせ抽選会の前にキャンプ地を決めなければならなかった」と釈明したが[12]、ドイツ代表は抽選会後にキャンプ地を変更しており、笹井は前述のコラム上で「ドイツの対応を見習え」と述べている[14]。なお、ドイツ代表はこの大会で優勝を果たした。

本大会登録メンバー

  • 「出場状況」欄の「〇」はフル出場、「途中退場」は途中交代アウト、「途中出場」は途中交代イン、「ゴール」は獲得得点をそれぞれ示す。
  • 「年齢」「所属クラブ」は、大会開幕時点(2014年6月12日)。
背番号 選手名 Pos. 生年月日(年齢) 所属クラブ 出場状況 備考
コートジボワール
6月14日
ギリシャ
6月19日
コロンビア
6月24日
1 川島永嗣 GK (1983-03-20)1983年3月20日(31歳) ベルギーの旗 スタンダール
2 内田篤人 DF (1988-03-27)1988年3月27日(26歳) ドイツの旗 シャルケ
3 酒井高徳 DF (1991-03-14)1991年3月14日(23歳) ドイツの旗 シュツットガルト
4 本田圭佑 FW (1986-06-13)1986年6月13日(27歳) イタリアの旗 ACミラン ゴール
5 長友佑都 DF (1986-09-12)1986年9月12日(27歳) イタリアの旗 インテル
6 森重真人 DF (1987-05-21)1987年5月21日(27歳) 日本の旗 FC東京
7 遠藤保仁 MF (1980-01-28)1980年1月28日(34歳) 日本の旗 ガンバ大阪 54分に交代出場 54分 46分に交代出場 46分
8 清武弘嗣 FW (1989-11-12)1989年11月12日(24歳) ドイツの旗 ニュルンベルク 85分に交代出場 85分
9 岡崎慎司 FW (1986-04-16)1986年4月16日(28歳) ドイツの旗 マインツ 69分に交代退場 69分ゴール
10 香川真司 FW (1989-03-17)1989年3月17日(25歳) イングランドの旗 マンチェスターU 86分に交代退場 86分 57分に交代出場 57分 85分に交代退場 85分
11 柿谷曜一朗 FW (1990-01-03)1990年1月3日(24歳) 日本の旗 セレッソ大阪 86分に交代出場 86分 69分に交代出場 69分
12 西川周作 GK (1986-06-18)1986年6月18日(27歳) 日本の旗 浦和レッズ
13 大久保嘉人 FW (1982-06-09)1982年6月9日(32歳) 日本の旗 川崎フロンターレ 67分に交代出場 67分
14 青山敏弘 MF (1986-02-22)1986年2月22日(28歳) 日本の旗 サンフレッチェ広島 62分に交代退場 62分
15 今野泰幸 DF (1983-01-25)1983年1月25日(31歳) 日本の旗 ガンバ大阪
16 山口蛍 MF (1990-10-06)1990年10月6日(23歳) 日本の旗 セレッソ大阪 62分に交代出場 62分
17 長谷部誠 MF (1984-01-18)1984年1月18日(30歳) ドイツの旗 ニュルンベルク 54分に交代退場 54分 46分に交代退場 46分 主将
18 大迫勇也 FW (1990-05-18)1990年5月18日(24歳) ドイツの旗 ミュンヘン 67分に交代退場 67分 57分に交代退場 57分
19 伊野波雅彦 DF (1985-08-28)1985年8月28日(28歳) 日本の旗 ジュビロ磐田
20 齋藤学 FW (1990-04-04)1990年4月4日(24歳) 日本の旗 横浜F・マリノス
21 酒井宏樹 DF (1990-04-12)1990年4月12日(24歳) ドイツの旗 ハノーファー
22 吉田麻也 DF (1988-08-24)1988年8月24日(25歳) イングランドの旗 サウサンプトン
23 権田修一 GK (1989-03-03)1989年3月3日(25歳) 日本の旗 FC東京

予備登録メンバー

選手名 Pos. 所属クラブ 備考
林卓人 GK 日本の旗 サンフレッチェ広島
駒野友一 DF 日本の旗 ジュビロ磐田
水本裕貴 DF 日本の旗 サンフレッチェ広島
中村憲剛 MF 日本の旗 川崎フロンターレ
細貝萌 MF ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
豊田陽平 FW 日本の旗 サガン鳥栖
南野拓実 FW 日本の旗 セレッソ大阪

トレーニングパートナー

選手名 所属クラブ 備考
坂井大将 日本の旗 大分トリニータU-18
杉森考起 日本の旗 名古屋グランパスエイト

スタッフ

監督

    • ステファノ・アグレスティ (コーチ)
    • 和田一郎 (アシスタントコーチ)
    • エウジェニオ・アルバレッラ (フィジカルコーチ)
    • 早川直樹 (コンディショニングコーチ)

    GKコーチ

    • マウリツィオ・グイード

試合結果

日時はすべて現地時間(クイアバはUTC-4、その他はUTC-3)。

グループ C


チーム







1 コロンビアの旗 コロンビア 9 3 3 0 0 9 2 +7
2 ギリシャの旗 ギリシャ 4 3 1 1 1 2 4 −2
3 コートジボワールの旗 コートジボワール 3 3 1 0 2 4 5 −1
4 日本の旗 日本 1 3 0 1 2 2 6 −4



脚注

[
  1. ^ 日本が初出場した1998年のフランス大会では、日本代表の予備登録メンバー25名を直前合宿に帯同させ、最終的に本戦登録メンバーを22人に絞り込んだが、そのときの除外メンバーに予選突破時の中心選手であった三浦知良が含まれていたことから、外れた選手にも残った選手にも少なからず動揺があったといわれている[3]
  2. ^ 清武弘嗣山口蛍権田修一酒井高徳酒井宏樹齋藤学
  3. ^ 森重真人青山敏弘山口蛍柿谷曜一朗大迫勇也、斎藤学。
  4. ^ この3名は予備登録メンバーに回った。
  5. ^ 1998年に呂比須ワグナー、2002年と2006年に三都主、2010年に闘莉王

出典

  1. ^ ザッケローニ監督、ワールドカップメンバーを発表 〜主導権を握るサッカーで成長の証明を〜”. 日本サッカー協会 (2014年5月12日). 2014年7月5日閲覧。
  2. ^ a b “予備登録メンバーに中村・南野ら W杯日本代表”. 朝日新聞. (2014年5月13日). http://www.asahi.com/articles/ASG5F55S4G5FUTQP01Y.html 2014年7月5日閲覧。 
  3. ^ 【W杯ドキュメント】メンバー発表のドラマ|カズと北澤の緊急帰国に揺れた98年”. 週刊サッカーダイジェスト. 日本スポーツ企画出版社 (2014年5月7日). 2014年7月5日閲覧。
  4. ^ 2014FIFAワールドカップブラジル SAMURAI BLUE(日本代表)FIFA登録30名およびトレーニングパートナー”. 日本サッカー協会 (2014年5月13日). 2014年7月5日閲覧。
  5. ^ a b “W杯代表に本田・香川ら海外組12人…大久保も”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2014年5月12日). http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2014/japan/20140512-OYT1T50080.html 2018年6月6日閲覧。 
  6. ^ “ロシアW杯は「歴代最年長ジャパン」 リオ世代3人落選、平均年齢「28.2歳」に上昇”. FOOTBALL ZONE WEB. (2018年5月31日). https://www.football-zone.net/archives/107686/2 2018年6月6日閲覧。 
  7. ^ 【W杯日本戦 戦術解析】明らかに狙われていた“長友・香川の左サイド” - サッカーキング(2014年6月16日)
  8. ^ ワールドカップ日本代表、本田のゴールで先制もコートジボワールに逆転負け - HUFFPOST(2014年6月14日)
  9. ^ ギリシャ戦最大の決定機を外し、悔しさをにじませた切り札・大久保嘉人 - サッカーキング(2014年6月20日)
  10. ^ 3チームが残り1枠を争う…日本の決勝T進出の条件は? - ゲキサカ(2014年6月20日)
  11. ^ コロンビアに敗れ、ワールドカップ敗退 - 日本サッカー協会(2014年6月25日)
  12. ^ a b W杯敗退、調整失敗を認める サッカー協会・原専務理事”. 日本経済新聞 (2014年7月24日). 2017年8月16日閲覧。
  13. ^ 笹井宏次朗 (2014年1月12日). “2014年W杯・日本は必ず調整不良で全敗する(上)”. 移民百年祭. 2017年8月16日閲覧。
  14. ^ a b 笹井宏次朗 (2014年1月12日). “2014年W杯・日本は必ず調整不良で全敗する(下)”. 移民百年祭. 2017年8月16日閲覧。

関連項目