2014 RC
仮符号・別名 2014 RC
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アポロ群
発見
発見日 2014年9月1日-2日[1][2]
発見者 カタリナ・スカイサーベイ (703)
パンスターズ (F51)[1][2]
軌道要素と性質
元期:2014年12月9日
軌道長半径 (a) 1.31238 AU
近日点距離 (q) 0.820649 AU
遠日点距離 (Q) 1.80410 AU
近地球点距離 (q) 0.000034 AU
離心率 (e) 0.37468
軌道周期 1.504年
(549日)[3]
軌道傾斜角 (i) 4.5738°
近日点引数 (ω) 71.1898°
昇交点黄経 (Ω) 345.00655°
平均近点角 (M) 25.6434°
物理的性質
三軸径 12 m (39 ft)[4]
11–25m (36–82ft)[5]
自転周期 15.8秒[4]
スペクトル分類 Sq型[4]
絶対等級 (H) 26.8[3]
アルベド(反射能) 幾何学上アルベド)0.24 (推定)[4]
Template (ノート 解説) ■Project

2014 RCは、協定世界時2014年9月7日18時2分に地球から約0.000267天文単位までの距離の0.1倍)まで接近した地球近傍天体である[3][6][7]。最接近した時は視等級が11.5まで明るくなったが[8]裸眼双眼鏡での観測は出来なかった。ピーク時の明るさの時の小惑星の赤緯は-47で[8]ニュージーランド上空で観測された。2014 RCは、チェリャビンスク隕石の約半分の大きさで[4]、2013年に接近した2012 DA14とほぼ同じ距離を通過した。同年に接近した、2014 AA2014 LY21は、より地球に近づいた。2014 RCは、2014年9月5日にJPL Sentry Risk Tableから除去され、今後100年間は地球に衝突しないとされた[9]。しかし、2115年9月8日に2014 RCは月から0.004天文単位のところを通過する[3]。1973年9月6日には、地球から0.00076~0.018天文単位の距離を通り過ぎた[3]

2014年9月3日の2014 RCの位置。
2014年9月7日の2014 RCの位置。地球のすぐそばを通過している事が分かる。

軌道の変化

2014年の地球への接近の間、2014 RCの公転周期は600日から549日に減少した[10]軌道離心率は減少し、軌道傾斜角は増加した。

パラメータ 元期 近点
(Q)
遠点
(q)
軌道長半径
(a)
軌道離心率
(e)
軌道周期
(p)
軌道傾斜角
(i)
昇交点黄経
(Ω)
平均近点角
(M)
近点引数
(ω)
単位 AU (日) (°)
接近前 2014年9月1日 1.95 0.834 1.39 0.400 600 1.44° 345° 326° 65.9°
接近後 2014年10月1日 1.80 0.821 1.31 0.375 549 4.57° 345° 340° 71.2°

物理的性質

絶対等級は26.8で[3]アルベドから推測すると、直径は11から25mになる[5]。NASA Infrared Telescope Facilityによる観測で、この小惑星はSq型のかなり明るい小惑星で、アルベドは約0.24であると結論付けられた[4]。そのアルベド値より、2014 RCの直径は約12mと推定されている[4]

出典

  1. ^ a b MPEC 2014-R23 : 2014 RC”. IAU Minor Planet Center (2014年9月3日). 2014年9月5日閲覧。 (K14R00C)
  2. ^ a b MPEC 2014-R26 : 2014 RC”. IAU Minor Planet Center (2014年9月3日). 2014年9月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f JPL Small-Body Database Browser: (2014 RC)” (7 September 2014 last obs). 2014年9月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Reports of Meteorite Strike in Nicaragua and Update on Asteroid 2014 RC”. NASA/JPL Near-Earth Object Program Office. 2014年9月9日閲覧。
  5. ^ a b JPL - Absolute Magnitude”. NASA. 2014年9月4日閲覧。
  6. ^ NASA reports asteroid to pass close, but safely past Earth.”. clarksvilleonline.com. Clarksville Online. 2014年9月4日閲覧。
  7. ^ Agle, DC (2014年9月3日). “Small Asteroid to Safely Pass Close to Earth Sunday”. NASA. 2014年9月7日閲覧。
  8. ^ a b 2014RC Ephemerides for 7 September 2014”. NEODyS (Near Earth Objects – Dynamic Site). 2014年9月5日閲覧。
  9. ^ Date/Time Removed”. NASA/JPL Near-Earth Object Program Office. 2014年9月5日閲覧。
  10. ^ JPL Horizons On-Line Ephemeris System output. “Horizon Online Ephemeris System”. 2014年9月7日閲覧。 ("Ephemeris Type: Elements" PR value)

外部リンク