2015 FIFA女子ワールドカップ カナダ大会
FIFA Women's World Cup Canada 2015
Coupe du Monde Féminine de la FIFA, Canada 2015
大会概要
開催国 カナダの旗 カナダ
日程 2015年6月6日 - 7月5日
チーム数 24 (予選参加国数134) (6連盟)
開催地数(6都市)
大会結果
優勝  アメリカ合衆国 (3回目)
準優勝  日本
3位  イングランド
4位  ドイツ
大会統計
試合数 52試合
ゴール数 146点
(1試合平均 2.81点)
総入場者数 1,353,506人
(1試合平均 26,029人)
得点王 ドイツの旗 セリア・シャシッチ
アメリカ合衆国の旗 カーリー・ロイド(6点)
最優秀選手 アメリカ合衆国の旗 カーリー・ロイド
 < 20112019

2015 FIFA女子ワールドカップ: 2015 FIFA Women's World Cup: Coupe du Monde Féminine FIFA 2015)は、2015年6月6日から7月5日にかけて、カナダで開催された[1]第7回目のFIFA女子ワールドカップである。

概要

今大会は出場国数が前回までの16から24に増加され、試合数も32試合から52試合に増えた[2]

開催国の立候補受付は2010年12月に締め切られ、2011年3月1日ジンバブエが開催候補を取り下げた[3]。これにより、カナダが開催国となった[4]

2014年にはリハーサル大会であるFIFA U-20女子ワールドカップ・カナダ大会が開催された。

ヨーロッパUEFA)のチームについては、当大会の成績によってリオデジャネイロオリンピック(2016年)の出場チーム(UEFAの出場枠3)を決定するものとした[5](これまでと同様)。結果、ベスト8以上に進出したドイツフランスがオリンピック出場権を獲得、ベスト16となったオランダノルウェースウェーデンスイスがプレーオフを行うこととなった[6]

出場国

2012年6月に大陸連盟別の出場枠が発表された[7]

出場選手は2015 FIFA女子ワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選大会
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
CONCACAF 1+3.5 開催国  カナダ 6大会連続6回目
CONCACAF選手権 優勝  アメリカ合衆国 7大会連続7回目
準優勝  コスタリカ 初出場
3位  メキシコ 2大会連続3回目
AFC 5 アジアカップ[注 1] 優勝  日本 7大会連続7回目
準優勝  オーストラリア 6大会連続6回目
3位  中国 2大会ぶり6回目
4位  韓国 3大会ぶり2回目
5位  タイ 初出場
CAF 3 アフリカ選手権 優勝  ナイジェリア 7大会連続7回目
準優勝  カメルーン 初出場
3位  コートジボワール 初出場
CONMEBOL 2.5 コパ・アメリカ 優勝  ブラジル 7大会連続7回目
準優勝  コロンビア 2大会連続2回目
3位  エクアドル 初出場
OFC 1 ネイションズカップ 優勝  ニュージーランド 3大会連続4回目
UEFA 8 ヨーロッパ予選 1組 1位  ドイツ 7大会連続7回目
2組 1位  スペイン 初出場
3組 1位  スイス 初出場
4組 1位  スウェーデン 7大会連続7回目
5組 1位  ノルウェー 7大会連続7回目
2位  オランダ 初出場
6組 1位  イングランド 3大会連続4回目
7組 1位  フランス 2大会連続3回目
  • 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。

大陸間プレーオフ

大陸間プレーオフの対戦順の組み合わせ抽選は2014年7月22日に行われた。結果、第1戦はCONMEBOLからの出場国のホームゲーム、第2戦はCONCACAFからの出場国のホームゲームとして行われる。[9]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
エクアドル 
(CONMEBOL第3代表)
1 - 0  トリニダード・トバゴ
(CONCACAF第4代表)
0 - 0 1 - 0




2戦合計0-1でエクアドルが本大会出場権を獲得



本大会

大会初のゴール機械判定導入

2015年3月31日、FIFAは、今大会でゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)の1つホークアイ(Hawk-Eye)システムを初導入すると発表した。女子の試合及び大会としても、女子W杯としても初のGLT導入となる。両ゴール裏や両ゴール付近に設置した7台のハイスピードカメラがそれぞれ違う角度からボールの正確な位置を撮影し、映像ソフトウェアが瞬時に解析、正確な位置を三次元で割り出す。ボールがゴールラインを通過すると審判の公式腕時計に暗号化された信号が送られる。公式腕時計が振動すると同時に「GOAL」と表示され審判にゴール認定を伝える。「試合の流れを妨げない」ようにとのFIFAの要求通り1秒以内に判定を下すことが出来る。その費用はホークアイは1会場につき20万ドルである[15]

ワールドカップ初の人工芝使用

BCプレイス・スタジアムは、今大会に備えて最新の人工芝に張り替えられた。男女を通じて、ワールドカップでは初めて人工芝のピッチが使用されることになった[16](通常は天然芝のモンクトン[17][18]も含めて全会場[19]が人工芝)。

テレビ中継

カナダ国内ではCTVTSNで全54試合を放送[20][21]。アメリカ国内ではNBCユニバーサル系のテレムンドFOX/FOXスポーツ1・2で放送される。

日本国内は地上波ではフジテレビ系列(生中継)とフジテレビNEXT(録画放送)で日本戦を中心に放送[22][23]NHK BS1サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)の試合を中心に25試合放送。他にラジオ(第1・FM)でも日本戦と決勝を生中継する[24]

会場一覧

2012年5月、FIFAは下記の6都市での開催を決定した[25][26]。なおトロントは同年に同市でパンアメリカン競技大会が開催されることから、当大会の開催地としては立候補しなかった[27]。グループリーグでは観客数を確保するために2試合同時開催となる最終戦を除き、同一グループの試合を2試合続けて同じ会場で行った。

開催都市 会場 収容人数 画像
バンクーバー BCプレイス・スタジアム
地図
54,500人[28] BC Place 2011 Whitecaps.jpg
エドモントン コモンウェルス・スタジアム
地図
56,302人[28] Commonwealth Stadium, Edmonton, August 2005.jpg
ウィニペグ ウィニペグ・スタジアム
地図
40,000人[28] Investors Group CANnwt vs USnwt.png
オタワ フランク・クレア・スタジアム
地図
24,000人[28] Lansdowne Park 3.jpg
モントリオール オリンピック・スタジアム
地図
60,860人[28] Olympic Stadium Soccer.JPG
モンクトン モンクトン・スタジアム英語版
地図
20,725人[28] New moncton stadium.JPG

結果

組み合わせ抽選

組み合わせ抽選は2014年12月6日に首都オタワにあるカナダ自然博物館で行われた[29]

方法は以下の通り[29]

  • 6チームがシードチームとして選ばれる。開催国のカナダはあらかじめグループAの1番に決定する。それ以外のチームは異なるグループに配されるとともに各グループの1番に配置される。
  • 他のチームの配置される番号は抽選で決定される。
  • 同一の大陸連盟のチームは同一のグループに配しない。ただしヨーロッパのチーム(8チーム出場)はこの限りではなく、6グループ中2グループにはヨーロッパのチームが2チーム配される。
  • ポット分けは以下の通り(各ポットから1チームずつを各グループに割り振る)。
ポット1
(シード)
ポット2
アフリカ北中米カリブ海オセアニア
ポット3
アジア南米
ポット4
ヨーロッパ