7エンジェルズ・7プレイグス
7 Angels 7 Plagues
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウィスコンシン州ミルウォーキー
ジャンル メタルコア
ハードコア・パンク
メロディック・ハードコア
プログレッシブ・メタル
活動期間 1999年 - 2002年
2005年 - 2006年
レーベル Uprising Records
共同作業者 ミザリー・シグナルズ, Adriel, Dead to Fall, xFor Death or Gloryx, Martyr A.D., Burning Empires
旧メンバー マット・マテラ
ジャレッド・ローガン
マット・ミクソン
カイル・ジョンソン
ライアン・モーガン
ティモ・リオス
ジェシー・ザラスカ

7エンジェルズ・7プレイグス(: 7 Angels 7 Plagues)はアメリカ合衆国ミルウォーキー出身のメタルコアバンドである。

解散から10年以上経った現在も、ミルウォーキーを中心に多くの若手ハードコアメタルバンドに影響を与え続けている[1]

来歴

1999年にCastahead、Intercedeの2バンド[1]を前身として結成[2]。当初のメンバーはジャレッド・ローガン(ドラム)、カイル・ジョンソン(ベース)、マット・マテラ(ギター)、ライアン・モーガン(ギター)、ティモ・リオス(ボーカル)の5人。2000年にリオスに代わりマット・ミクソンが加入[1][2]。同年、自主レーベルよりデモEP『Until the Day Breathes and the Shadows Flee』を発表しアメリカ中西部を周るツアーを行う[2]2001年Uprising Recordsより『Jhazmyne's Lullaby』をリリース[3]。この作品についてAllmusicは「グツグツした釜のような音」と称し[4]、カナダの音楽雑誌Exclaim!は「非常に攻撃的、かつメロディアス」だと述べ、また音やアートワークなどにジャズからの影響についても指摘した[5]

アルバムのリリース後にミクソンが脱退し、それに伴ってリオスが復帰[1]。その後のツアーでサポートを務めることになる。しかしツアー真っ最中の2002年、同行していたCompromiseのメンバーが交通事故に遭ってしまう[1]。その矢先にリオスが再び脱退[6]すると、Compromiseのボーカリストだったジェシー・ザラスカが加入[1]。数ヵ月後、中心メンバーだったローガンが脱退すると、間もなくバンドも解散となった[1]。解散後、Uprisingより『Until the Day Breathes and the Shadows Flee』のリマスター盤がリリースされた。

その後、メンバーはミザリー・シグナルズ[7]Dead to Fall[2]、Burning Empire[8]などのバンドに参加し、活動を続けている。2005年には再結成を果たし、3度に渡ってチャリティーライブを行った。同ライブにはミザリー・シグナルズのドラマー、ブレンダン・モーガンも参加した。マテラはAmerican Modern Studiosを立ち上げ、レコーディング、マスタリングといった録音業を行っている。

メンバー

最終メンバー
過去メンバー
  • ティモ・リオス - ボーカル
  • ジェシー・ザラスカ - ボーカル (ex-Misery Signals, Compromise)※最終ライブのみ

ディスコグラフィー