7人の偉人
ザ・クラッシュシングル
初出アルバム『サンディニスタ!
B面 マグニフィセント・ダンス
リリース
規格 7インチシングル
録音 1980年、エレクトリック・レディ・スタジオ
ジャンル ポストパンク
時間
レーベル CBS
作詞・作曲 ザ・クラッシュ
プロデュース ザ・クラッシュ
ザ・クラッシュ シングル 年表
ヒッツヴィルUK
(1981)
7人の偉人
(1981)
ディス・イズ・レディオ・クラッシュ
(1981)
ミュージックビデオ
「The Magnificent Seven」 - YouTube
テンプレートを表示

7人の偉人」(しちにんのいじん、The Magnificent Seven)は、イギリスのパンク・ロックバンド、ザ・クラッシュのシングル曲。アルバム『サンディニスタ!』からの3番目のシングルカットである。全英シングルチャートでは最高34位。

概要

シュガーヒル・ギャンググランドマスター・フラッシュといった、ニューヨークオールドスクール・ヒップホップのラップがヒントになっている[1]ラップという当時まだ生まれたばかりの新しいジャンルにバンド、とりわけミック・ジョーンズは非常に感銘を受け、リズムボックスをどこにでも持ち歩くようになる。そのため、ジョーンズは「ワック・アッタック (Whack Attack)」とあだ名された。ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオで1980年4月に録音された。ベース・ルーティンはザ・ブロックヘッズのノーマン・ワット=ロイによるものである。ジョー・ストラマーは録音現場で詞を書いた。これは『サンディニスタ!』のもう一つのラップ曲「ライトニング・ストライクス」も同様である。「7人の偉人」はロックバンドが作った最初のオリジナル・ラップ曲であり、政治的、社会的主張を込めた最初の一例であるとされている。白人による最初のラップレコードであり、ブロンディの「ラプチュアー」より6か月早かった。

アメリカに行った時、ミックがブルックリンでグランドマスター・フラッシュ&ザ・フュリアス・ファイヴとシュガーヒル・ギャングを揃えたレコード店に出くわしたんだ…
奴らは音楽を劇的に変えていた。そして俺たちもまったく変わってしまったんだ — ジョー・ストラマー

アメリカのチャートにランクインすることはなかったが、アンダーグラウンドではヒットし、アングラ局やカレッジラジオでは繰り返し流された。公式のB面曲「マグニフィセント・ダンス」や、特にWBLSの「ダーティ・ハリー」と名付けられたオリジナル・リミックスなど、様々なリミックスも有名で、『クラッシュ・イン・ブロードウェー』のような海賊版でも聴くことができる。

1981年にはB面に「ストップ・ザ・ワールド」を収録し、新たなジャケットで再発売された。


マグニフィセント・ダンス

「マグニフィセント・ダンス」は「7人の偉人」のダンス・リミックス曲。「ペペ・ウニドス」とクレジットされているが、これはストラマーシムノンとマネージャーのバーニー・ローズの共同ペンネームである。ウニドスは「ザ・コール・アップ」のリミックス「ザ・クール・アウト」もプロデュースしている。このダンス・ヴァージョンは原曲のグルーヴを確実に利用しつつ、クールなドラムを加えている[2]

順位

チャート 最高順位 日付
全英シングルチャート 34
ビルボード:クラブで流された曲 21 1982

出典

  1. ^ アントニオ・ダンブロジオ (2003年6月). “Monthly Review June 2003 Antonino D’Ambrosio”. ‘Let Fury Have the Hour’: The Passionate Politics of Joe Strummer. モントリー・レヴュー. 2007年11月24日閲覧。 “Strummer and Jones quickly recognized the power of rap music that was just emerging from New York City’s underground in the late seventies. “When we came to the U.S., Mick stumbled upon a music shop in Brooklyn that carried the music of Grand Master Flash and the Furious Five, the Sugar Hill Gang...these groups were radically changing music and they changed everything for us.”
    With typical Clash inventiveness, they became one of the first white groups to incorporate rap into their music. As a tribute to the path-breaking Sugar Hill Gang, the Clash recorded The Magnificent Seven, one of their best-known and most important singles.”
  2. ^ The Clash - Super Black Market Clash”. Punknews.org. 2007年11月27日閲覧。 “Nearing the end of the album now (finally?), we head to "The Magnificent Dance", which is a remix, of course, of the great song "The Magnificent Seven" (which also shares its name with a great Western flick). This remix is also credited to Pepe Unidos. They definitely capitalized on the funky groove of the original, adding in some very cool drumming.”

参考文献

  • パット・ギルバート (2005) [2004]. Passion Is a Fashion: The Real Story of The Clash (第4版 ed.). ロンドン: オーラム・プレス. ISBN 1845131134. 
  • マーカス・グレイ (2005) [1995]. The Clash: Return of the Last Gang in Town (改定第5版 ed.). ロンドン: ヘルター・スケルター. ISBN 1905139101. 
  • ジョニー・グリーン; ゲイリー・ベイカー (2003) [1997]. A Riot of Our Own: Night and Day with The Clash (第3版 ed.). ロンドン: オリオン. ISBN 0752858432. 
  • ボブ・グルーエン; クリス・セールウィクズ (2004) [2001]. ザ・クラッシュ (第3版 ed.). ロンドン: オムニバス. ISBN 1903399343. 
  • クリス・ニーズ (2005-01-25). Joe Strummer and the Legend of the Clash. ロンドン: プレクサス. ISBN 085965348X. 
  • キース・トッピング (2004) [2003]. ザ・コンプリート・クラッシュ (第2版 ed.). リッチモンド: レイノルズ&ハーン. ISBN 1903111706.