7人の女弁護士
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 塚本連平
今井和久
植田尚(MMJ)
麻生学
新村良二
二宮浩行
脚本 尾崎将也
田子明弘
旺季志ずか
樫田正剛
酒井直行
出演者 釈由美子
原沙知絵
野際陽子
永井大
第1シリーズ
放送時間 木曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2006年4月13日 - 6月8日(9回)
プロデューサー 横地郁英
布施等
遠田孝一
出演者 川島なお美
柴田理恵
南野陽子
井上和香
武田航平
エンディング AAAハリケーン・リリ、ボストン・マリ
第2シリーズ
放送時間 木曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2008年4月10日 - 6月19日(11回)
プロデューサー 横地郁英
藤本一彦
布施等
遠田孝一
出演者 滝沢沙織
東ちづる
中島知子
三浦理恵子
中村果生莉
エンディング BoAKissing you
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

7人の女弁護士』(しちにんのおんなべんごし)は、テレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠(毎週木曜日21:00 - 21:54)で放送された日本のテレビドラマシリーズ。主演は釈由美子

1990年代に制作された賀来千香子主演の「七人の女弁護士」のリメイク版として、2006年2008年春季(4月 - 6月)に放映されたドラマである。ファミリー劇場で2008年10月再放映開始。2011年3月にBS朝日で第1シリーズが再放送された。

概要・あらすじ

「7人の女弁護士事務所」に所属する弁護士・藤堂真紀が先輩弁護士たちと共に、様々な事情を抱えて事務所にやって来る女性たちと向き合いながら、依頼人の救済に奔走する。賀来千香子版の全体的にシリアスな雰囲気と比べると、やや明るめの雰囲気を伴ったライトタッチ調で描かれており、「7人の女弁護士事務所」に所属する7人の女性弁護士が活躍するコンセプト以外は全くの別作品となっている。

第2シリーズのエンディングで、毎週弁護士たちが事務所で食するスイーツは、番組公式サイトにも詳細情報が掲載されている。

賀来千香子版との主な相違点
  • 賀来千香子版は父親から引き継いだ事務所を基に、賀来演じる夏子が「七人の女弁護士事務所」を設立するが、釈由美子版では第1シリーズ第1話の段階で、美佐子が「7人の女弁護士事務所」を既に設立しており、釈演じる真紀はそこに所属する弁護士の一人という設定になっている。
  • 弁護を担当した事件の真相に迫る過程で、賀来千香子版の夏子は元弁護士の父・保国から、釈由美子版の真紀は検死官をしている恋人の一平から解決の糸口となるヒントやアドバイスを受けることが多い。
  • 賀来千香子版には決め台詞のようなものはなかったが、釈由美子版第1シリーズでは『

    主演

    藤堂真紀
    演 - 釈由美子
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。直感でものを言うために未熟な面もあるが、「依頼人をとことん信じる弁護士でいたい」と思っている。東都大学卒業。ジェットコースターが苦手。

    7人の女弁護事務所

    飯島妙子
    演 - 原沙知絵
    「7人の女弁護士事務所」所属の孤高の弁護士。普段は冷静で仕事振りなどから真紀から手本とされる人物であるが、気が強いため元恋人が依頼人だと熱くなる一面がある。真紀の自信に不思議がる事もあるが、彼女の仕事ぶりを認めている。本人のガードが固いところが依頼人の信頼を得ている一方で、人の悪いところを見過ぎている部分がある。
    第2シリーズ最終話では恋人の殺人容疑で逮捕されてしまう。その際、身体検査で服を脱がされる屈辱を受け、取調べで一方的に犯人と決めつけられしまい、プライベートが暴露されるなど精神的に追い詰められて嘘の自白をしてしまうが、最終的に真紀の活躍で無罪が証明され、釈放となる。
    杉本美佐子
    演 - 野際陽子
    「7人の女弁護士事務所」所長を務める弁護士。長年の弁護士経験から、「本来は救う立場の被害者を裁判で結果的に傷付けている」という現実への危機を打開するために、「女性の駆け込み寺」として事務所を自ら立ち上げている。真紀のやる気を見極めた上で重要事件の主任弁護人に抜擢する。未熟な真紀を、彼女自身に答えを見つけさせるというやり方で成長させていく。絵を描くことが苦手。家族は夫がいる。

    7人の女弁護士事務所(第1シリーズ)

    南条宏美
    演 - 川島なお美
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。離婚歴があり、息子と暮らしている。
    木下五月
    演 - 柴田理恵
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。マンション住まい。
    田代千春
    演 - 南野陽子
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。関西弁がよく言葉に出る。
    麻生恵理
    演 - 井上和香
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。弁護士3年目。

    7人の女弁護士事務所(第2シリーズ)

    中村早紀
    演 - 滝沢沙織
    「7人の女弁護士事務所」所属の新人弁護士。真紀同様、何かに熱中すると目的に向かって突き進むところがある。女弁護士事務所の一同で一番背が高い。
    宮田静香
    演 - 東ちづる
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。いつもパンツスーツにネクタイを着用し、先輩後輩関係なく、会話は敬語を使っている。
    前作の第1シリーズ第1話では、東西テレビの女子アナウンサー矢島律子役でゲスト出演した。
    吉沢加奈子
    演 - 中島知子
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。歯に衣を着せぬ物言いをするが、大らかな性格で面倒見がよい。
    川村綾子
    演 - 三浦理恵子
    「7人の女弁護士事務所」所属の弁護士。パソコンや最近のトレンドに関する知識が豊富。いつもメガネをかけている。

    その他

    北村一平
    演 - 永井大
    医科大学法医学教室の監察医で、真紀の恋人。真紀の担当する事件の司法解剖を担当していることが多い。「ちょっと軽いけど、基本的にいい人」ということが周囲の評価。結婚を意識し始めているが、彼女になかなか切り出せない。しかし、彼女の仕事を理解していて応援している。時には監察医としての目が、真紀にヒントを与える。仕事の際などはメガネをかける。第1シリーズで司法解剖の研究でアメリカへ5年間行く事になったが、第2シリーズでは既に帰国し、検死官に戻っている。

    その他(第1シリーズ)

    藤堂雅人
    演 - 武田航平
    真紀の弟。仕事が長続きせずに寮を追い出され、真紀の自宅に同居している。時々、真紀の助手としての仕事をこなす。

    その他(第2シリーズ)

    矢島里美
    演 - 中村果生莉
    一平の助手。一平も頭が上がらないほど気が強い。

    ゲスト

    第1シリーズ(2006年)

    第1話「人気女子アナ、空白の7分!? テレビ局殺人事件」
    第2話「銀座No.1ホステス殺人事件」
    第3話「ご近所トラブル殺人! 浮気妻と凶器のトリック」
    第4話「マラソンの女王が殺人犯!? 監督とロッカー室の秘密」
    第5話「女弁護士が愛した殺人犯!」
    第6話「新宿No.1ホストの罠! 殺されたナースの謎」
    第7話「日本舞踊・名門殺人家元夫人は二度殺される」
    第8話「“氷の女検事”が隠した密室殺人トリック!?」
    最終話「人気女医の完全犯罪!? 患者の遺産15億を相続」