パリ・7区の位置

パリ7区 (7く、7e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである[1]。第7区、パリ7区ともいう。市のほぼ中央、1区の南西に位置しており、セーヌ川の南岸に面している。

概要

パリの7区は、市のほぼ中央にある行政区。「パレ=ブルボン区 (Arrondissement du Palais-Bourbon)」と呼ばれることもある[2]。区域は、扇形に近い形をしている。セーヌ川の南岸に面しており、テュイルリー庭園グラン・パレシャイヨ宮の対岸にあたる。人口は、56,985人 (1999年。人口の推移等詳細については後述)。

La Maison de la Chimie, rue Saint-Dominique (サン=ドミニク通りにある化学会館。かつてはラ・トゥール・ドーヴェルニュ子爵家ラ・ロシュフーコー公爵家の館だった).

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその7番目にあたることから、「7区」と名づけられた。フランスの政治・行政の中心となる機関が集中しており、国民議会 (下院)外務省国防省などがあるほか、国際機関としては、ユネスコ (UNESCO) の本部がある。

また、エッフェル塔アンヴァリッド (廃兵院)オルセー美術館など、世界的に有名な施設が多く存在している。周辺のアンヴァリッド地区、フォーブール・サンジェルマン界隈は旧貴族の大邸宅が集まる"貴族街"ないし高級住宅街として知られている。

ブルボン宮殿など貴族の公邸、館が立ち並ぶのは、かつて幼君ルイ15世の摂政オルレアン公フィリップ2世ヴェルサイユからパリに宮廷を移す際、伝統的貴族街のマレ地区が既に過密だったため、セーヌ川右岸フォーブール・サントノレ界隈(現在のパリ8区)と共に[3]、当時は樹木が茂り広いスペースのとれたこのセーヌ川左岸一帯が選ばれたのが始まりとされている。

世界最初の百貨店とされるボン・マルシェ百貨店も7区に所在するが、サマリテーヌ百貨店はパリ右岸の1区に、ギャラリー・ラファイエットプランタン百貨店はそれぞれパリ右岸の9区に所在する。

なお、セーヌ川に沿った地域のうち、イエナ橋より上流は「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されている。

地理

パリ・7区の詳細地図

7区は、パリのほぼ中央部、1区の南西に位置している。セーヌ川の南岸に面しており[4]、市内では、川の湾曲部が最も北に突き出た区域である。面積は、4.09 平方キロメートル。

北東から北西にかけて、セーヌ川を挟んで、同じパリの行政区である1区、8区及び16区に接している。

東はセーヴル通りなどを境界として、6区に接している。サンジェルマン大通りが、サン・ルイ島から5区、6区、7区を通りコンコルド橋まで続く。

西から南にかけては、シュフラン大通りなどを境界として、15区に接している。

隣接する自治体(行政区)